ゴルフ、野鳥、時々グルメ

春の予感


 2月22日、水曜日。

 北海道からキンキをお取り寄せ。
 これは冬の魚の煮付けの王様ですね。
   002_convert_20170301095517.jpg

 寒さが増すごとに脂が乗り、気品のある旨みが濃厚に。

 ムルソー、マニュエル・オリヴィエ。
   025_convert_20170301095718.jpg

 洋梨、白い花、そして香ばしい樽香が心地よい。
 ふくよかでリッチな味わい。
 エッジがあるミネラル感もあり、長い余韻をもたらしてます。


 2月23日、木曜日。

 またもや祟られた木曜日。
 サグチさん、ホシさんと三人のラウンドですが、雨、風とも強く冬の嵐の中でのプレー。
   004_convert_20170301095532.jpg

   木曜日ってどうしてこんな日が多いのでしょうか?
 ぼくの普段の行いは全然悪くないので、おそらくサグチさんか、ホシさんが蔭で悪いことでもしているのでしょう!
   017_convert_20170301095614.jpg

 でもその天気のせいでお客さんが減って、楽勝でワンハンプレーが出来ました。 
 ある意味ではラッキーでもあります。

 16番グリーン近くの紅白の梅が満開。
   008_convert_20170301095600.jpg

 香りも素敵です。
 いよいよ春が近づいて来ました。

 神戸牛のレトルトカレーをお取り寄せ。
   019_convert_20170301095628.jpg

 さて、どんなお味でしょう?
   021_convert_20170301095648.jpg

 割とたっぷりめにお肉は入っています。
 きっと美味いんでしょうが、カレーの辛味と香りが強すぎてお肉の味がよく分かりません。

 カレーライスって難しいです。

 ペンフォールド、BIN407
 071_convert_20170222101435.jpg
  
 ほとんど黒に近い深紅色。
 樽に由来するプラムやチョコレートのような香り。
 果実味が豊かで、タンニンの渋みにも丸みがあります。


 2月24日、金曜日。

 手羽元のフライドチキン。
023_convert_20170301095702.jpg

 パプリカの軽い辛味と片栗粉、上新粉のサクサク感がなかなかイケる。
 骨の周りの軟骨の所がまた美味しいんだよね!


 2月25日、土曜日。 

対馬から新鮮なノドグロをお取り寄せ。
 今夜もまたこれを煮付けにしてみます。
027_convert_20170301095732.jpg

 正式名は赤ムツです。
 対馬のノドグロは今が旬。
 脂の乗りが半端ありません。
030_convert_20170301095749.jpg

 白身魚の特徴である上品さは損なわれず、ふっくらとした味わい深い身にきめの細かい脂。
 さすが、超高級魚です。


 2月26日、日曜日。

 江戸崎カントリーにてラウンド。
 今日は穏やかで、風も弱くまずまずのゴルフ日和。
033_convert_20170301095804.jpg

 ご一緒するのは中年の大変仲の良いカップル。
 もう新婚のようにラブラブでしたが、苗字は違っていました。
 どういう関係なのでしょうか?
   036_convert_20170301095818.jpg

 ぼくにはよく分かりません。
 誰か、教えてください。

 夕食は親子丼。
   039_convert_20170301095833.jpg

 ぼくはかつ丼、親子丼専用の鍋を使っています。
   041_convert_20170301095845.jpg

 卵の微妙な半熟具合を出すのが難しいです。


 2月27日、月曜日。

 島根県宍道湖から新鮮な白魚をお取り寄せ。
   050_convert_20170301101545.jpg

 春を知らせる小さな魚です。
 今回はこれを三つ葉と合わせてかき揚げにしてみました。
   056_convert_20170301101631.jpg

 う~ん、プリプリした食感。
 甘みと苦味が入り混じった独特の旨みが口の中に広がります。


 2月28日、火曜日。

 下関から磨きトラフグをお取り寄せ。
   043_convert_20170301095902.jpg

 新鮮ですが養殖もののトラフグ、皮と内臓は抜いてあります。
 これをさばいて、生まれて初めてですが、フグ刺しに挑戦してみました。
 でも結果は散々、かなりいびつなフグの薄造りを完成させてしまいました。
   046_convert_20170301095919.jpg

 こればっかりは何度も練習を積まなきゃ無理そうです。
   053_convert_20170301101612.jpg

 包丁はいいんだけど!

 残りはフグちりにして。
   058_convert_20170301101655.jpg

 養殖のフグにしてはまあまあ。

 そして雑炊。
   061_convert_20170301102209.jpg

 この季節、最後のフグかな。
 寂しくなります。

 シャトーヌフ・デュ・パプ、クリスティア。
   047_convert_20170301095934.jpg

 バターやナッツの香ばしさに続き、南国系果実、洋梨、白桃のアロマが現れます。
 豊満だが生き生きとしたキャラクターとしなやかさを備えており、柑橘系のほろ苦さが光る余韻は限りなく長く続きます。
 
 
 


 

 

スポンサーサイト

PageTop

くにさき


 2月15日、水曜日。

 青森県よりアンコウをお取り寄せ。
 今季二度目ですが、前回のアンコウが意外に良かったので再挑戦です。
   002_convert_20170222095946.jpg

 見た目に鮮度が良さそうで、アン肝もしっかり入っています。
   004_convert_20170222100000.jpg

 でも残念ながら少し生臭さが気になり、前回ほどの感動は味わえませんでした。
   009_convert_20170222100028.jpg

 雑炊もちょっと臭い。

 シャサーニュ・モンラッシェ、プルミエ・クリュ、カイユレ。
   008_convert_20170222100015.jpg

 グレープフルーツ、白桃などのアロマが口いっぱいに広がり、優しいフルーティーな印象の中にスパイスやウォールナッツ、ミネラルなどのニュアンスが感じられ、絶妙なアクセントになっています。


 2月16日、木曜日。

 江戸崎カントリーにて矢部プロとのレッスンラウンド。
   012_convert_20170222100040.jpg

 プロと二人のプレーだとハーフ1時間10分ほどで上がってしまいます。
 マスター室からは早すぎと怒られるほどです。
   016_convert_20170222100052.jpg

 二人とも急いでるつもりはないのに、このスピードです。
 はっきり言って4人でも2時間を超えてプレーしている人たちの精神構造がぼくには理解出来ません。

 近くのスーパーで骨付きの鶏モモ肉を購入しました。
 これを炒めて、煮て、最後にオーブンで焼いてみました。
   025_convert_20170222100108.jpg

 鶏モモ肉の小悪魔風です。
   027_convert_20170222100124.jpg

 ソースはやや酸味の効いたマスターズ味です。

 シャンパーニュ、ジャン・ヴェッセル。
   029_convert_20170222100140.jpg

 洋梨、蜜リンゴを思わせるフルーティーなアロマ。
 品の良い酸味を伴う味わいはバランスが取れており、柔らかで重さはなく蜜のようなタッチの余韻が長く続きます。


 2月17日、金曜日。

 急に天ぷらが食べたくなって、土浦の天ぷらの名店、くにさきに久々にお邪魔してみました。
   048_convert_20170222101158.jpg

 まずは才巻。
   031_convert_20170222100227.jpg

 プリプリしてて甘くて美味しいです。

 キス。
   032_convert_20170222100242.jpg

 小茄子。
   035_convert_20170222100307.jpg
 小さいからこそ旨みが凝縮しているみたい。

 帆立。
   037_convert_20170222101022.jpg

 穴子。
   039_convert_20170222101034.jpg

 衣はサクサク、身はホクホクで楽しい。

 椎茸。
   041_convert_20170222101047.jpg

 海老のすり身が詰まっているところがお仕事です。

 白魚を海苔で巻いて。
   043_convert_20170222101104.jpg
  磯の風味が素晴らしい。

 アスパラガス。
   044_convert_20170222101123.jpg

 最後はかき揚げのどんぶりで締め。
   046_convert_20170222101144.jpg

 大変おいしゅうございました。
 もうそれしか言えません。


 2月18日、土曜日。

 マルゲンミートで購入した牛挽き肉を使って、スパゲッティーニ、ボローニャ風。
   060_convert_20170222101243.jpg

 ぼくの18番、ミートソースです。
 当然、レシピなど見ないで作りますが、何度食べても飽きません。
 よっぽど好きなんですね。

 アルド・コンテルノ、バローロ・ブッシア。
   055_convert_20170222101212.jpg

 はっきりとした美しい骨格が感じられます。
 素晴らしい拡がりを見せるアロマには花、果実、伝統的なバローロの香りが感じられます。
 エレガントな口当たりとフルボディで完熟感のあるタンニンが長い余韻として続きます。


 2月19日、日曜日。

 夜中に雪が降っていたようです。
 某コースへ出かけたところ、何とか一時間遅れでスタート出来ました。
   062_convert_20170222101257.jpg

 所々の雪が残っています。
   067_convert_20170222101331.jpg

 白い雪の塊がゴルフボールによく似ていて何度か間違えました。
 打ってみないとわからないくらい。
   064_convert_20170222101312.jpg

 でもこういうゴルフもたまには楽しいです。

 マルゲンミートで牛すね肉を購入しました。
   069_convert_20170222101346.jpg

 これで今夜はビーフシチュー。
   075_convert_20170222101454.jpg

 平たいパスタ、ヌイユを添えて。

 この料理にも固形スープみたいなものは使いません。
 見栄とかじゃなくてそのほうが本当に美味しく感じるからです。

  ペルナン・ヴェルジュレス。
   083_convert_20170222101535.jpg

 上品な赤い果実とかすかなスパイスの香り。
 しっかりとした骨格とタンニンが素敵です。

 2月21日、火曜日。

 午後5時30分ごろ、荒川沖から見た富士山。
   080_convert_20170222101518.jpg

 夕日で綺麗に赤く染まっています。
 この季節のこの富士が一番素敵かな。

PageTop

梅の花


 2月8日、水曜日。

 群馬県みなかみ町から育風堂の生ハムとウインナーの詰め合わせをお取り寄せ。
   005_convert_20170215153834.jpg

 まず生ハムはメロンと合わせて。
   038_convert_20170215154521.jpg

 そしてウインナーはシュークルートに。
   017_convert_20170215154012.jpg

 どちらも無難なお味ですが、またどうしても食べたいというほどでは・・・


 2月9日、木曜日。

 せっかくのお休みの木曜日、また雪が降ってしまいゴルフ場はクローズです。
 去年の11月の雪も木曜日、やはりまだまだこの曜日はたたられているようです。
 結局自宅で一日中外出のせず、まったりと過ごしてしまいました。

 下関から天然トラフグの刺身ちり鍋セットをお取り寄せ。
   003_convert_20170215153810.jpg

 今季このお店からは二度目です。

 まずお刺身。
   007_convert_20170215153851.jpg

 フグ独特の歯ごたえと噛めば噛むほど口いっぱいに広がる旨みが感動的です。

 そしてフグちり。
   010_convert_20170215153930.jpg

 身はプリプリ。
   013_convert_20170215153944.jpg

 魚臭さは全く感じさせず、上品で淡白ながらも濃厚な旨みがやはり感動。

 締めの雑炊はその旨みを思いっきり吸い込んでいるのだから・・・
   016_convert_20170215153958.jpg

 つくづく思うに、やはりここのこの商品がこの世の中で一番美味しい!


 2月10日、金曜日。

 神戸牛、すき焼き用特選ロースをお取り寄せ。
   020_convert_20170215154028.jpg

 これも二度目ですが、とても美味しかったから。
   022_convert_20170215154044.jpg
   027_convert_20170215154059.jpg

  
 香ばしい醤油の香りと蕩けるような上品なお肉の甘み。
   034_convert_20170215154117.jpg

 心も体も温まるご馳走です。

 ポムロール、レゼルヴ。
   067_convert_20170215154955.jpg

 まず感じるのはまっすぐなスミレの香り。
 続いてラズベリー、チェリーなどの赤系果実、さらにほんのりバニラのような優しい樽香が広がります。
 タンニンは丸く、舌を包むようなしっとりと上品な口当たり。
 
 
 2月11日、土曜日。

 梅の花がほころんできました。
   052_convert_20170215154817.jpg

 東風吹かば、匂い起こせよ、梅の花、主なしとて、春な忘れそ。
 今のところ、まだ暖かい東風は吹いていません。

 今日は建国記念日、普段の土曜日はお仕事のぼくもお休みです。
 江戸崎では建国記念杯なる競技があるのでこれに参加しました。
   044_convert_20170215154614.jpg

 天気予報ではそれほど寒くならないみたいなので、油断したかもしれません。
 最初のホール、第3打、グリーンの中央にヒットしたボールが思い切り弾んで奥のOBゾーンを越えていってしまいました。
 グリーンの地面が凍結しているせいです。
   048_convert_20170215154646.jpg

 これでいきなりブチ切れ、ダボペースで惨めなスコアとなってしまいました。
 あ~、冬のゴルフはモチベーション、思いっきり下がります。

 サグチさん、ホシさん、テラヌマさん、トサキさんたちが土浦に集合して部屋飲みするらしいです。
 お肉でも焼いて、また乱入してみましょう。

 まず、三種類の前菜。
   055_convert_20170215154836.jpg

 そしてマルゲンミートで購入したサーロインをレア気味に焼いて。
   057_convert_20170215154854.jpg

 最後はヒレをやはりレア気味に焼いて。
   059_convert_20170215154910.jpg

 皆さん、お味はいかがでしょうか。

 それにしてもオヤジ5人はむさ過ぎです!


 2月12日、日曜日。

 二日連続で江戸崎でラウンド。
 冬場にしては割といい天気、春を思い出すほどの温暖な陽気です。
   062_convert_20170215154924.jpg

 しかし何だか変です。
 震度6くらいの揺れがず~っと続いています。
 気持ち悪くて吐きそうになってきました。
   064_convert_20170215154940.jpg

 あっ、そうか。
 昨日のお酒の飲み過ぎか!

 今夜はハンバーグ。
   069_convert_20170215155014.jpg

 夜になると揺れの度合いは軽くなり、震度3くらいに落ち着いてきました。
 でもまだまだ食欲は全然・・・
 う~、気持ち悪い!


 2月13日、月曜日。

 九州から天然の寒ビラメをお取り寄せ。   
 冬になり寒さが厳しくなるとヒラメは身が厚くなって脂がしっとりと乗り、いよいよ旬を迎えます。
 今回はこれをカルパッチョに。
   040_convert_20170215154536.jpg

 魚の質がいいためか、モッチリ感があり、旨みが舌に絡みついてきます。



 2月14日、火曜日。

 バレンタインデーでチョコレートをいくつか頂きました。
   071_convert_20170215155032.jpg

 義理とはいえ、うれしいです。

 一か月後はしっかりお返しをしないと後で恨まれますね。

 夕食は地味に回鍋肉。
   073_convert_20170215155049.jpg

 豆板醬の辛味と甜麺醤の甘みと香り、キャベツも甘くて食欲は増幅されます。
 

PageTop

源泉正


 1月26日、木曜日。

 ホシさん、サグチさんと江戸崎カントリーにてワンハン。
   002_convert_20170207101340.jpg

 いつものようにスキンズマッチで楽しいラウンド。
 握りの金額は百円単位、でも痺れるほどの緊張感が堪りません。
   008_convert_20170207102226.jpg

 寒くもなく空いてもいたのでストレスフリー。
 最高の一日でした。

夕食は平凡なイワシのフライ。
   015_convert_20170207102334.jpg

 健康にはわりと良さそうですが。

 ティニャネロ。
   013_convert_20170207102308.jpg
 
 甘草、スミレ、チェリーの香りと共に感じるバニラ、チョコレート、そして甘く香ばしいオークの香りはとても力強く、一方でエレガントです。
 さすが、イタリアが誇る伝説のスーパータスカン!


 1月27日、金曜日。

 堺市から柳刃包丁、源泉正(いずみまさ)をお取り寄せしました。
   033_convert_20170207102542.jpg

 これは受注生産だったので注文してから発送されるまで三か月もかかってしまいました。
 お値段も半端ありません。
 でもさすがプロ仕様です。
 切れ味は抜群です。

 いろいろと試し切りをしているうちに自分の指を薄く切り落としてしまいました。
 見事な薄造りです。
 ちょっとまずそうですけど。
 なんてふざけている場合ではありません。
   016_convert_20170207102351.jpg

 痛みと出血が止まりません。
 今年もまた受難が続きそう!


 1月29日、日曜日。

 今回の例のメンバーでのスキンズマッチ。
   018_convert_20170207102403.jpg

 ぼくは指の傷があってクラブを振れるか、心配でしたがグリップをいつものオーバーラップからインターロックに変えてみたら、何とかゴルフをすることは可能となりました。
   022_convert_20170207102434.jpg

 しかしゴルフはそんな付け焼き刃でうまくいくほど甘くはありません。
 出だしいきなりチョロ2発連発。
   025_convert_20170207102450.jpg

 誰かハンディキャップくださーい!

 青森県から子持ちヤリイカをお取り寄せ。
 これは今の時期しか食べられない季節ものです。

 子持ちヤリイカとほうれん草のペペロンチーネ。
   027_convert_20170207102506.jpg

 イカの身は甘く柔らかく、卵はホロリとした食感。


 1月30日、月曜日。

 イタリアから黒トリュフを空輸にてお取り寄せ。
   031_convert_20170207102522.jpg

 黒トリュフのクリームパスタ。
   034_convert_20170207102602.jpg

 スライスしたトリュフはその独特の強烈な香りが部屋中に広がるほどです。


 1月31日、火曜日。

 久々にイタリア料理、アミーチに伺ってみました。
 海藻のフリッター。
   039_convert_20170207102616.jpg

 日本の天ぷらとは違ってモチモチ感が素敵。

 ナポリ風モツ煮。
   041_convert_20170207102632.jpg

 トマト味でなかなかイケます。

 マルゲリータ、クラシカ。
   046_convert_20170207102702.jpg

 この店に入ったらこれを注文しない手はないでしょう。

 トルテロールのオーブン焼き。
   048_convert_20170207102719.jpg

 中に生ハム、チーズ、ほうれん草が詰めてあります。
 イタリアのクレープみたいです。
 
 ボルガッタ。
   043_convert_20170207102648.jpg

 イタリア、ピエモンテ地方の赤ワイン。
 伸びやかな酸としなやかな質感を持ち、落ち着きのある味わいが楽しい。

 三日連続のイタリア料理でちょっとさすがにちょっと飽きてきました。


 2月1日、水曜日。

 自宅で地味に中華。   
 まずは春巻き。
   052_convert_20170207102754.jpg

 これは割とカリカリに揚がりました。

 麻婆豆腐。
   054_convert_20170207102809.jpg

 ニンニクと豆板醤のお蔭でご飯が進みます。


 2月2日、木曜日。

 江戸崎カントリーにて矢部プロとのレッスンラウンド。
 今回のレッスンのポイントはなるべく腕の力に頼らず、下半身リードでクラブを振ること。
   055_convert_20170207102823.jpg

 特に右の腕はみぞおちから生えているいるくらいの気持ちが必要らしいです。
 うーん、なるほどいいことを教わりました。
   058_convert_20170207102844.jpg

 でも残念ながら指の傷で実践するどころではなく、ハーフで退散です。

 この近所にお気に入りのお好み焼き屋さんがないので、自宅で焼きます。
   061_convert_20170207102953.jpg

   065_convert_20170207103028.jpg


 豚玉と海鮮の二種、焼いてみましたが、どちらもまず具材を炒めてからその後で合わせて焼きます。
   060_convert_20170207102912.jpg

   064_convert_20170207103014.jpg

 そのほうが生臭みがないような気がします。

 最後はソース焼きそばで締め。
  068_convert_20170207103045.jpg



 2月3日、金曜日。

 節分に恵方巻を食べる習慣はいつから出来たのでしょうか?
   070_convert_20170207103105.jpg

 ぼくが子供の頃は豆を撒くくらいでしたけど。


 2月4日、土曜日。

 北海道からワカサギ、日本海からクエをお取り寄せ。
   078_convert_20170207103216.jpg

 まずワカサギは素揚げに。
   081_convert_20170207103234.jpg

 天ぷらにするとちょっと水っぽくなるので。

 クエはちり鍋に。
   083_convert_20170207103250.jpg

 クエは鍋の横綱と呼ばれているほどの高級魚であり、また鍋との相性も抜群です。
 特に今回のクエは新鮮で素晴らしいものでした。
   085_convert_20170207103308.jpg

 モチッとした粘りつくような食感から口の中に旨みが広がっていきます。

 締めの雑炊も言うことなし。
   087_convert_20170207103324.jpg


 2月5日、日曜日。

 今日も江戸崎でラウンド。
 またいつもの仲間とスキンズマッチ。
   090_convert_20170207103339.jpg

 怪我の功名と言うか、追い込まれて採用したインターロックのグリップが少しづつなじんできました。
 指の傷が治ったあともグリップは元に戻せなくなるかも。
   092_convert_20170207103352.jpg

 今日は雨の予報もあってか、ガラガラの状態。
 楽勝でワンハン回ることが出来ました。
 でも最後は指の痛みがマックスに。
   096_convert_20170207103405.jpg

 家に帰る頃には包帯は血まみれに。
 ゴルフもしばらくは自粛した方が良さそうです。

 沖縄県の石垣島から活き車海老をお取り寄せ。
   072_convert_20170207103128.jpg

 これは活きたまま殻だけ剥いて踊り食いに。
   075_convert_20170207103152.jpg

 コリコリしてて甘くて美味しいです。

 

PageTop