ゴルフ、野鳥、時々グルメ

メリー・クリスマス!


 12月21日、水曜日。

 職場の忘年会、近所の福寿苑にて開催しました。
   002_convert_20161227102354.jpg

   004_convert_20161227102412.jpg


 一見ひなびた店に見えますが、これが全然中身は違っていてすごい実力なんです。

 上タン塩。
   006_convert_20161227102433.jpg

 冷凍でもなく薄くもなく厚くもなく。
   008_convert_20161227102446.jpg

   011_convert_20161227102503.jpg

 塩コショウ、レモンの風味が効いていて、歯ごたえもしっかりあります。

 それからお肉三種。
  上から順に上カルビ、上ハラミ、上ロース。

   012_convert_20161227102520.jpg

   015_convert_20161227102543.jpg

 炭火焼きの場合、お肉の脂が落ちて炎が舞い、お肉が焦げてしまうことがよくあります。
   017_convert_20161227102556.jpg

 そうならないようにする並べ方を大将から教わりました。
   021_convert_20161227102613.jpg


 後はじっくりしっかり根気強く焼くことだけです。

 締めはぼくの好きなカルビクッパ。
   023_convert_20161227102716.jpg

 そして石焼ビビンバ。
   025_convert_20161227102731.jpg

 どれも最高の美味しさでした。
 ありがとう、大将。
 また来ます!


 12月22日、木曜日。

 江戸崎カントリーにて矢部プロとのレッスンラウンド。
   027_convert_20161227102745.jpg

 天気は最高、12月の真冬とは思えないほどの暖かさです。

 今回はいろいろとプロから矯正を受けました。
   030_convert_20161227102803.jpg

 今までの悪い癖を直してまた一からやり直しです。
 明日の競技がちょっと心配!

 西武デパートで常陸牛ヒレ肉を購入。
 そしてお約束のステーキです。
   038_convert_20161227102837.jpg

  041_convert_20161227104026.jpg

 うまくミディアムレアには焼けたと思いますが、旨さはお値段それなり。

 バローロ、ブリッコ・ペルニーチェ。
   035_convert_20161227102822.jpg

 柔らかなチェリーやブラックベリーの果実味、それに続く薫香、スパイス感が特徴的。
 バローロらしいスケール感をそのままに驚くほどの優しい味わいと円熟感を堪能できます。


 12月23日、金曜日。

 とても偉い人のお蔭で今日は祭日。
   045_convert_20161227104040.jpg

 木曜日と重ならなくて良かったです。
 江戸崎では忘年杯、いよいよ今年もあとわずかですね。
   048_convert_20161227104054.jpg

 今日も気温が高めではありましたが冷たい風が少し強く、いくらか肌寒い一日でした。

 夕食はステーキの残りでステーキチャーハン。
   051_convert_20161227104112.jpg

 本チャンよりもこっちのほうが美味しかったりして。


 12月24日、土曜日。クリスマス・イブ。

 ぼくはキリスト教徒でもないので何の義理もないのですが、親戚も集まってきたので仕方なくパーティーでも開きましょう!

 まずはマルゲンミートのローストビーフ。
   057_convert_20161227104218.jpg

 やはり美味い。

 次はパスタで、アンチョビとエリンギ、キャベツのペペロンチーネ。
   061_convert_20161227104300.jpg

 このレシピはシンプルですが意外といけます。

 そしていよいよメインディッシュ、千葉の水郷地鶏をお取り寄せしてのローストチキン。
   062_convert_20161227104321.jpg

 一応言っておきますが、これも誰の力も借りずにぼく一人だけで作りました。
 ソースも自家製です。
 お腹にはレバーライスが詰まっています。
   067_convert_20161227104343.jpg

 う~ん、美味しい!

 差し入れのクリスマスケーキで締め。
   069_convert_20161227104402.jpg

 テタンジュ、シャンパーニュ。
   055_convert_20161227104153.jpg

 繊細な白い花、グレープフルーツ、白桃のどの新鮮な果実やイースト、ブリオッシュのようなコクのある香り。
 新鮮な果実味やハチミツの風味があり、活き活きとしてフレッシュな印象です。

 ウェンディ「今年のクリスマス・イブも楽しかったワンね!」
   075_convert_20161227104428.jpg

 ススム「ウェンディが元気なのが一番だよ!」


 12月25日、日曜日。クリスマス。

 今日は一応イエスの誕生日ということになっていますが、本当はいつ生まれたかはよく分からないそうです。
 9月か10月頃と言う説もあるそうです。
   081_convert_20161227104448.jpg

 要するにクリスマスってかなり適当で曖昧なんですね。

 それはともかく今日も江戸崎でラウンド。
   083_convert_20161227104502.jpg

 おとといと比べると気温がぐっと下がって若干冬らしくなってきました。
 でも地面の凍結がないのでゴルフはかなり楽です。

 イシイ先生から的矢かきを送っていただきました。
   053_convert_20161227104130.jpg

 今夜はこれを牡蠣フライに。
   090_convert_20161227104524.jpg

 う~ん、牡蠣特有の臭みがなく、上品なお味で。


 12月26日、月曜日。

 冷凍のサーロイン肉を使って、チンジャオロースーに。
   092_convert_20161227104539.jpg

 この調理法もお肉に合っていて食欲が出ます。
 やっぱり中華料理はすごい!
 


 

スポンサーサイト

PageTop

活きタラバ蟹


 12月15日、木曜日。

 江戸崎カントリーにて矢部プロとのレッスンラウンド。
   021_convert_20161220164453.jpg

 木曜日にしては天気が良く風もなく穏やかな一日でした。
 トップスタートなので最初のハーフは1時間少しで回ってきます。
   025_convert_20161220165335.jpg

 しかしこんな年末の平日と言うのに皆さん忙しくないのか、後半は大混雑。
 結局2時間半を越えてしまいました。

 宮崎県から天然の活きた伊勢海老を取り寄せてみました。
   028_convert_20161220165352.jpg

 伊勢海老、実は今が旬なのです。
 新鮮で活きているので元気がいい。
   031_convert_20161220165421.jpg

 蒸し焼きにしたのですが、落ち着くまで暴れて大変でした。
   033_convert_20161220165437.jpg

 でもその分だけ身はプリップリッ。
   036_convert_20161220165457.jpg

 甘みもあり、旨みもたっぷりでした。


 12月16日、金曜日。

 千葉の富津からカワハギ、北海道の網走からキンキをお取り寄せ。
 カワハギは薄切りにしてお刺身でいただきますが、肝も美味しいのですりおろして肝醤油にし、これを付けて食べます。
   039_convert_20161220165513.jpg

 鮮度がいいので肝も臭みがなく、身も締まり贅沢な美味しさです。
 冬のヒラメにも負けないほどです。

 キンキはお約束の煮付けで。
   041_convert_20161220165528.jpg

 釣り物のキンキは新鮮で似ても煮崩れしません。
   044_convert_20161220165546.jpg

 口の中に入れた瞬間、身から脂身、旨みが滲み出てきました。

 
 12月17日、土曜日。

 フランスからビゴール豚ロース肉塊りをお取り寄せ。
   051_convert_20161220165617.jpg

 フランスでも貴重な豚で甘みのある脂身が格別だそうです。

 それからクスクスをお取り寄せ。
   053_convert_20161220165634.jpg

 小麦を加工したもので北アフリカ発祥ですが、フランス料理にも度々使われます。

 これらを使って今夜は。
   055_convert_20161220165658.jpg

 ビゴール豚の煮込み、クスクス添え。
 豚肉はそれほど美味しくは感じませんでしたが、クスクスのプチプチした食感は何とも新鮮でした。

 トルブルック。
   048_convert_20161220165602.jpg

 オーストラリア、品種はシラーズ。
 深いガーネット色。
 カシス、ブラックベリーのアロマに豊富なミネラルの風味が加わります。
 釣り合いのとれた味わいと中程度のまろやかなタンニンが締まった骨格をなし、最適な量の酸が限りなくエレガントです。


 12月18日、日曜日。

 アワヤさんに誘われて23会と言うコンペに参加。
   058_convert_20161220165714.jpg

 前回初参加したのはいいものの腰痛で途中棄権しました。
 今回も具合はあまり良くはありませんでしたが、何とか最後までホールアウト。
   062_convert_20161220165728.jpg

 ぼくは心の病気のため、表彰式など人が大勢集まるところは非常に苦手です。
 しかし今回は何とか表彰式の最後まで出席することが出来ました。
 この心の病気もいつかは直さなければと思っているのですが、なかなかよくなりません。

 オホーツク海から活きタラバ蟹をお取り寄せしてみました。
   065_convert_20161220165748.jpg

 この蟹、取り敢えずでかいです。
 何とか脚を折りたたんで蒸し焼きに。
   066_convert_20161220165806.jpg

 殻は固いのですが、身はたっぷり。
   070_convert_20161220165820.jpg

 味にくせもないので他の蟹に比べると食べやすいです。
 ただ量が多くてとても全部は無理そう。


 12月19日、月曜日。

 タラバ蟹の身をたっぷり残してしまったので今夜はその残りを使って。
 タラバ蟹のパスタ、トマトソース。
   072_convert_20161220165838.jpg

 タラバ蟹、くせがないぶん、ソースにあまりいい出汁は出ませんでした。
   074_convert_20161220165849.jpg

 ただ甘みがあるので、まあそれなりの美味しさです。

PageTop

下関の天然トラフグ


 12月7日、水曜日。

 今夜は外食。
 久々の桃花林、中華料理です。
   002_convert_20161214102956.jpg

 中華でもクリスマスメニューがあるみたいです。
   004_convert_20161214103010.jpg

 中華料理ですが、なぜかお酒はシャンパーニュ。
   007_convert_20161214103025.jpg

 モントードン、手軽なシャンパンで心地よい酸が食欲をそそる名脇役で結構合うんです。

 メニューはだいたいいつも通り。
 ショーロンポー。
   009_convert_20161214103041.jpg

 北京ダック。
   010_convert_20161214103137.jpg
   013_convert_20161214103228.jpg


 鶏のカシューナッツ炒め。
   015_convert_20161214103255.jpg

 黒酢酢豚。
   017_convert_20161214103308.jpg

 五目焼きそば。
   019_convert_20161214103335.jpg

 それにしても美味しかった。
 中華料理として桃花林、茨城無双です。

 帰り際に撮った年の瀬のつくば駅近くの夜景。
   020_convert_20161214104654.jpg

 イルミネーションが切なくも素敵です。


 12月8日、木曜日。

 小春日和の温和な木曜日。
 江戸崎カントリー、今日はアワヤさんとオヤジ二人でのプレーです。
   024_convert_20161214104707.jpg

 もうアワヤさんとは何度もご一緒させて頂いています。
   027_convert_20161214104724.jpg

 プレーがすごく早いのには感心します。

 キャディーは若くてちっちゃ可愛い、サヤカちゃん。
   029_convert_20161214104738.jpg

 後半は待ち時間が長かったのですが、この子のお蔭でストレスを溜めずに済むことが事が出来ました。
 若い子の力って凄いですね!

 福井県若狭湾からセイコ蟹、岩手県から牡蠣をお取り寄せ。

 まず牡蠣はほうれん草とのグラタンにしてみました。
   033_convert_20161214104809.jpg

   036_convert_20161214104828.jpg

 牡蠣、プリップリッで美味しいです。

 セイコ蟹というのはれっきとしたズワイ蟹なのですが、メスで身体がオスに比べてすごく小さいのです。
 価値も下がりますのでお値段がお手頃です。
   031_convert_20161214104752.jpg

 いったん蒸してからトマトクリームパスタに。
   038_convert_20161214104847.jpg

 いい出汁は出てますが身が少なくて食べづらい!


 12月9日、金曜日。

 お知り合いからお歳暮を頂きました。
 人形町今半の黒毛和牛リブロースです。
   045_convert_20161214104904.jpg

 リブロースはいわゆるカルビの部分です。

これをステーキに。
   047_convert_20161214105224.jpg

このお肉は平たくて薄いので、うまく焼くのが難しいです。
 今回は何とかミディアムレアで焼けたかな!
   049_convert_20161214105244.jpg

 やっぱりカルビの味がします。

 バディア・ア・パッシニャーノ・キャンティ・クラシコ。
   052_convert_20161214105305.jpg

 完熟したベリー系果実やチェリー、リコリスの豊かなアロマの中にミントを思わせるハーブの清涼感。
 ビロードのようにしなやかなタンニンとミネラル、そして果実味のバランスが極めて秀逸。


 12月10日、土曜日。

 沖縄から南ぬ(バイヌ)豚というラードを、北海道からは毛蟹をお取り寄せ。
   074_convert_20161214105458.jpg

 これらを使って毛蟹の炒飯に。
   076_convert_20161214105517.jpg

 ラードを使うと炒飯がパラパラと焼けるそうです。
 よく分かりませんでしたが。

 古くからのお友達が奥州リンゴを送ってくれました。
   054_convert_20161214105322.jpg

 そのまま皮ごと食べるのが一番美味しいのですが、今日はアップルパイにしてみましょう。

 リンゴを炒めて香りづけにカルバトスを加えます。
   056_convert_20161214105342.jpg

 それからパイ生地を伸ばしてオーブンで焼きます。
   072_convert_20161214105443.jpg

 焼き上がりました。
   081_convert_20161214105539.jpg

 ハーゲンダッツを乗せていただきます。
   083_convert_20161214105559.jpg

 熱々のアップルパイって生地がパリパリしててとても美味しいんです。
   086_convert_20161214105614.jpg

 そしてカルバトスとシナモンの香りが堪りません!


 12月11日、日曜日。

 江戸崎カントリーでのラウンド。
 朝の早い時間は地面が凍結したままです。
   088_convert_20161214105811.jpg

 そうなると、ドライバーのランが出て飛距離が上がった気がしますが、その代わりグリーン上ではボールがはねてしまい、スコアがままならなくなってしまいます。
   094_convert_20161214105836.jpg

 しばらくの間は我慢ですね。

 今日のシューズ。
   096_convert_20161214105856.jpg

 コンバース、オールスター。
 バスケットシューズのようですが、ちゃんとしたゴルフシューズです。

 後半はまた腰痛が悪化してしまいました。
 やはり腰の痛みとストレスは関係ありそうです。

 築地市場からつくごんのおでんをお取り寄せ。
   098_convert_20161214105913.jpg

 はんぺん、魚すじ、東京揚げ、ねぎ串、海老団子串など。
   102_convert_20161214105947.jpg

 でもぼくはおでんなどの練り物はあまり好きにはなれません。
 魚臭いし。

 今夜は珍しく日本酒で。
   100_convert_20161214105931.jpg

 石岡酒造の純米酒、筑波。
 ふくよかで濃厚、そして絶妙な味わいの辛口。


 12月12日、月曜日。

 夕食はフライドチキン。
   104_convert_20161214110006.jpg

 こういう庶民的な料理にほっとしたりします。
 意外に美味いし。

 
 12月13日、火曜日。

 山口県下関から天然トラフグの刺身ちり鍋セットをお取り寄せ。
   107_convert_20161214110029.jpg

 ここのものはもうすでに何度か取引していて、商品には絶対の信頼感があります。

 フグ刺し。
   111_convert_20161214110053.jpg

 う~ん、旨い。
   113_convert_20161214110110.jpg

 コリコリとした食感と高貴で崇高な旨みが口いっぱいに広がります。

 フグちり。
   122_convert_20161214110221.jpg

 う~ん、これも旨い。
   125_convert_20161214110237.jpg

 モチモチとした食感と凝縮された旨みに圧倒されてしまいます。

 ヒレ酒。
   120_convert_20161214110201.jpg

 う~ん、これはあまり好きではありません。
 焦げ臭いし。

 雑炊。
   129_convert_20161214110256.jpg

 フグの旨みと甘みが濃縮されたスープをお米に吸わせて味わう極上の雑炊です。

 個人的な意見として、この店のこの天然トラフグこそ、世界で一番じゃないかと思います。
 どんなキャビア、ステーキ、トリュフなどでも及ばないと思います。

 ピュリニー・モンラッシェ、ルイ・ボワイヨ。
   118_convert_20161214110139.jpg

 柑橘系果実やスパイスなどを感じさせる複雑なアロマ。
 緊張感のある酸と豊富なミネラルが美しい果実味を支えています。
 

 



 

PageTop

キャビアのカルボナーラ


 11月29日、火曜日。

 土浦市の洋食屋、大かわのお弁当。
   002_convert_20161207095805.jpg

 タンシチューが有名でなるほど美味い。
 でも海老フライ、カニクリームコロッケも出来立てでまずまずのお味。


 11月30日、水曜日。

 マルゲンミートでベーコンとパルメジャーノ・レジャーノを購入。
   005_convert_20161207095841.jpg

 これらでカルボナーラにしますが、フィンランド産キャビアがたっぷり残っていたので乗せてみました。
   008_convert_20161207095858.jpg
   
 キャビアは卵と相性がいいそうで、確かにまったりとしたコクと味わいが素敵。
   011_convert_20161207095914.jpg

 後を引く旨みで食べ始めたら止まらなくなりました。

 シャンパーニュ、テタンジュ。
   004_convert_20161207095822.jpg

 グレープフルーツ、白桃などの新鮮な果物やイースト、ブリオッシュのようなコクのある香り。
 そしてエレガントで複雑な味わいが素晴らしい!


 12月1日、木曜日。

 メンバーのアワヤさんに誘われて、友遊会というコンペに初参加。
   015_convert_20161207095932.jpg

腰痛の具合があまり良くなく、何度もくじけそうになりましたが、アワヤさんに励まされ最終ホールまで何とかホールアウト。
 この体調でも何とか70台で回れたのもアワヤさんのお蔭です。
   019_convert_20161207095946.jpg

 アワヤさん、ありがとうございました。

 青森県風間浦よりあんこうをお取り寄せ。
 今夜はあんこう鍋です。
   024_convert_20161207100019.jpg

 元々ぼくは生臭みの強いあんこうはあまり好きではありませんでした。
 ところがこれは全く臭みがありません。
   029_convert_20161207100039.jpg

 とても新鮮で上手にさばいたからでしょう。
 身は透き通り、肝も色白。
 今夜であんこうに対する偏見が消えそうです。
   031_convert_20161207100055.jpg

 雑炊もなかなか美味。


 12月2日、金曜日。

 ぼくの職場、土浦荒川沖の建物の屋上から見た朝の富士山。
   034_convert_20161207100134.jpg

 白い雪を7合くらいまでかぶってます。
 こんな遠いところからでも見えるんです。

 ちなみに筑波山はこんな感じ。
   038_convert_20161207100152.jpg

 夕方は紫色になりますよ。

 神戸牛A等級ヒレ肉を凝りもせずお取り寄せ。
   039_convert_20161207100213.jpg

 フランベして。
   045_convert_20161207100307.jpg

 お約束のステーキ。
   051_convert_20161207100338.jpg

 ミディアムレアで。
   054_convert_20161207101450.jpg

 細かく入ったサシが上質で柔らかい肉質と絡み合い、コクのある神戸牛独特の旨さを出しています。
 これほど美味い物はほかになかなかないでしょう!

 タウラージ、ラディーチェ。
   043_convert_20161207100231.jpg

 深いルビーの色合い。
 腐葉土、コーヒーなどのアロマにチェリーの果実味。
 チャーミングな酸と果実味のバランスに優れ、凝縮した赤い果実の味わいが何とも魅力的。


 12月3日、土曜日。

 マルゲンミートで牛挽き肉とポテトサラダを購入してみました。
   056_convert_20161207100527.jpg
   
 牛挽き肉はロールキャベツに使ってみましょう。
 ロールキャベツは元々フランスの伝統的な郷土料理です。
   063_convert_20161207100619.jpg

 今日はそのフランス流に仕上げにオーブンで焼き上げるレシピで作ってみました。
   065_convert_20161207100638.jpg

 牛肉の素朴な旨みを感じます。
   068_convert_20161207100657.jpg

 当然固形スープは使っていません。
 ベーコンが出汁の代わりです。

 ニュイ・サン・ジョルジョ、フォレ・ペレ・エ・フィス。
   060_convert_20161207100552.jpg

 黒系果実の濃密なアロマ。
 エレガントで力強いタンニンが特徴的で甘みがあり、柔和でそれでいて長い余韻を持っています。


 12月4日、日曜日。

 小春日和の温和な初冬。
 今日も江戸崎でのゴルフ。
   070_convert_20161207100715.jpg

 こういう日は腰痛も和らぎます。
 しかし、南コース。
 キャディーはいなくて距離感はノー感、グリーンのラインも全然読めず。
   074_convert_20161207100730.jpg

 天気が良くてもモチベーションは下がりっぱなし。
 ロストボールありの池ポチャありの3パット多発。
 冴えないスコアで撃沈。
 やっぱり南コースはあんまり好きになれないよ!

 神戸牛入りのコロッケをお取り寄せ。
   080_convert_20161207100750.jpg

 冷凍ものなので、味はそこそこ。
   081_convert_20161207100810.jpg


 12月5日、月曜日。

長崎県よりヒゲダラをお取り寄せ。
   085_convert_20161207100847.jpg

 これ、普通のタラとは違って実は高級魚なんです。
   088_convert_20161207100905.jpg

 ちり鍋にしますが、ハマグリとの相性がいいそうでこれも一緒に。

 身は柔らかく甘みがあります。
   090_convert_20161207100921.jpg

 そして雑炊はフグにも負けないくらい!
 そう言ったらまたフグが食べたくなってきたな。

 セルジュ・マテュー、シャンパーニュ。
   083_convert_20161207100825.jpg

 きめ細かく美しい泡。
 トロピカルフルーツのような香り。
 味わいは深みとコクがあり、切れのあるミネラル感がボディ全体を引き締めています。


 

PageTop