ゴルフ、野鳥、時々グルメ

ボンフィン柄


 10月19日、水曜日。

 横浜中華街から焼きビーフンの元をお取り寄せ。
   009_convert_20161026102810.jpg

 5分で出来る簡単ものですが、ケンミンではありません。
   012_convert_20161026102826.jpg

 ちゃんと真面目に作る方が当然美味いと思いますが、これはこれでそれなりに。


 10月20日、木曜日。

 腰痛の具合があまりよくなく、ゴルフのキャンセルを考えていたのにも関わらず、またもやめちゃくちゃいい天気です。
 これでは我慢出来ません!
   004_convert_20161026102719.jpg
   
 湿布を貼り付け、コルセットをしっかり装着してかろうじてワンラウンドプレー出来ました。
 何故か、天気がよくてストレスが少ないと腰の痛みも軽く感じます。
   
008_convert_20161026102744.jpg
 ウエアは大好きなボンフィン柄で。

 千葉の水郷のとりやさんより、焼き鳥のセットとお取り寄せしてみました。
   035_convert_20161026103106.jpg

 まずイカダを焼いてみましょう。
   050_convert_20161026103233.jpg

 手羽先のことです。
   052_convert_20161026103250.jpg

 それからレバー。
   047_convert_20161026103212.jpg

 そしてツクネ。
   041_convert_20161026103130.jpg

 最後にネギマ。
   044_convert_20161026103154.jpg

 一つ一つにボリュームがあるのでこれでかなり満足です。
 新鮮で旨みのあるいい鶏肉だと思います。


 10月21日、金曜日。

 北海道から活き毛蟹をお取り寄せしてみました。
 まだ全然元気です。
   017_convert_20161026102857.jpg

 これで約900グラム。
 ずっしりと重みがあります。
 いつものように蒸し焼きにしましょう。
   020_convert_20161026102911.jpg

   024_convert_20161026102953.jpg

 蟹肉はジューシーで身がぎっしりと詰まっています。
   029_convert_20161026103029.jpg

 そして蟹味噌は甘くクリーミー。
   027_convert_20161026103008.jpg

 やっぱり活きた蟹は蒸し焼きが一番です。


 10月22日、土曜日。

 蟹肉が残ってしまったので、これを使ってカニチャーハンにしてみました。
 レタスと合わせるので、水っぽくならないように気を付けて。
   088_convert_20161026103622.jpg

 う~ん、割とイケます。
 ただ、ぼくには甲殻類のアレルギーがあるのでそろそろ身体が痒くなってきました。
 誰か、背中を掻いてー!


 10月23日、日曜日。

とても気持ちいい快晴の休日。
   056_convert_20161026103309.jpg

もう腰が痛いなんて言ってられません。
   060_convert_20161026103327.jpg

 それに大事な友達との試合があるし。
 ウエアは今年最後のボンフィン柄。
   075_convert_20161026103425.jpg

 これが一番のお気に入りです。

 綺麗で可愛い子がキャディーについてくれました。
 才色兼備の女子学生、不思議の国のアリサちゃんです。
   068_convert_20161026103349.jpg

 鼻の下を伸ばしまくっている変態の親爺どもに囲まれても頑張ってくれてありがとうございました。
   072_convert_20161026103412.jpg

 気のせいか、いつもよりドライバーの飛距離が20ヤードほど伸びた気がします。

 スキンズマッチのほうは2位で終了。
 少しだけリベンジできたかも。

 近所で行列が出来ているラーメン店が気になっていたので、今夜訪れてみました。
   078_convert_20161026103453.jpg

 麻婆つけ麺と担々麺がお勧めだとか。
 ぼくは担々麵と水餃子をオーダーしてみました。
   080_convert_20161026103512.jpg

   081_convert_20161026103528.jpg

 担々麵、まあ美味しいけどとにかく辛い!


 10月24日、月曜日。

 10月からいよいよ牡蠣のシーズンに入りました。
 三陸、米崎から加熱用の牡蠣を取り寄せました。
   015_convert_20161026102841.jpg

 生で食べないのであれば生食用より加熱用がずっと美味しいです。
   032_convert_20161026103047.jpg

   牡蠣フライ、大好き。

 牡蠣に合わせるのはやはりシャブリでしょうか?

 シャブリ・グラン・クリュ、ヴァルミュール。
  
021_convert_20161026155412.jpg
 爽やかな柑橘系果実の香りにローズやライチを思わせるアロマが漂います。
 口に含むとドライフルーツや蜂蜜のニュアンスが広がり、凛としたミネラルを感じる骨格のしっかりした仕上がりです。


 10月25日、火曜日。

 クックバーンのお弁当を頂きました。
   083_convert_20161026103545.jpg

 ステーキにハンバーグ、コロッケまで入っていて随分とボリュームがあります。
 ぼく一人ではとても食べ切れません。
 誰か応援してください!

 チェッパレッロ。
   085_convert_20161026103601.jpg

 濃く凝縮したフィネスが熟したブラックフルーツのピュアな味を引き立てています。
 生き生きとした色、フレッシュなアロマ、繊細な個性を持ったワインです。
 長い余韻ときめ細かいタンニン。
 このワインはとても気に入りました。
 

 
 
 

スポンサーサイト

PageTop

丹波の松茸


 10月13日、木曜日。
 江戸崎。
 あの方に誘われて23会と言うコンペに出場してみたのですが、腰痛があまりにも酷くてハーフで棄権。
   002_convert_20161019093401.jpg

 歩くことも困難なんだから最初から止めてりゃ良かったんだよ!
 お着替えもなし!

 夕食はマルゲンミートのお惣菜、いくつか揚げてもらいました。
   004_convert_20161019093427.jpg

 ぼくが食べたのは海老フライ、コロッケ、ヒレカツ。
  006_convert_20161019093439.jpg

 どれも美味しかった!


 10月14日、金曜日。

 山口県からノドグロをお取り寄せ。
   012_convert_20161019093454.jpg
 もともとは赤むつと呼んでいたそうですが、喉が本当に黒いんです。
   017_convert_20161019093509.jpg

 今夜はこれを煮付けで。
   019_convert_20161019093525.jpg

 う~ん、さすが高級魚です。
 脂の乗りは抜群なのですが、白身魚の特徴である上品さも損なわれていません。
   021_convert_20161019093542.jpg

 ニシコリ選手にも食べさせてあげたいです。


 10月15日、土曜日。

 マルゲンミートで近江牛ヒレ肉を購入。
   026_convert_20161019093622.jpg

 いつものステーキです。
   028_convert_20161019093637.jpg

 ここのお肉ははずれがないので、絶対的な信頼感があります。

 グアド・アル・タッソ。
   023_convert_20161019093559.jpg

 モカやシナモン、ハーブなどのニュアンスと熟したブラックチェリーの果実が幾層にも重なり合います。
 ベルベットな舌触りでソフトなタンニンがありとても力強いフィネスを感じさせてくれます。
 パーカーポイント95点。
 さすが、アンティノリ!


 10月16日、日曜日。

 腰痛がまだ癒えないので今日はゴルフを休んで、自宅で絶対安静の予定でした。
 しかしそういう日に限ってむちゃくちゃ天気がいい!
 どうしても我慢が出来なくなって某コースでラウンドしてしまいました。

 午前中、キャップがブドウ、ポロシャツがブドウ、ベストがキーウイ、パンツがバナナ、ポケットのマーカーがキーウイ、ソックスがバナナ。
   036_convert_20161019093658.jpg

 午後、キャップがキーウイ、ポロシャツがキーウイ、ベストがバナナ、パンツがブドウ、ポケットのマーカーがブドウ、ソックスがブドウ。
   038_convert_20161019093714.jpg

 なんとか1ラウンドはプレー出来ましたが、腰痛を長引かせたかも。

 京都の丹波から松茸が届きました。
   041_convert_20161019093735.jpg

 この丹波地方は日本でも最高の松茸の名産地です。
 半分は松茸ご飯に。
   047_convert_20161019093825.jpg

 もう半分は近江牛ロース肉とともにすき焼きにしましょう。
   043_convert_20161019093809.jpg
   050_convert_20161019093853.jpg

   056_convert_20161019093908.jpg


 どちらも言いつくせないほどの美味でしたが、丹波の松茸と近江牛の組み合わせは究極の出会いという感じです。


 10月17日、月曜日。

 大分県では10月15日に天然のフグが解禁になったとか。
 そこで早速大分豊後水道の天然トラフグをお取り寄せしてみました。
 まずはてっさ。
   059_convert_20161019093950.jpg

 さすが天然もの、とても旨みがあって美味しいのですが、あまり薄く切ってくれてないので硬くてうまく噛み切れません。
   061_convert_20161019094007.jpg

 ちょっと残念。

 てっちりはなかなか。
   064_convert_20161019094028.jpg

 とにかく旨みが半端ない!

 そして雑炊も言うことなし。
   066_convert_20161019094041.jpg

 トカイ・アスー・エッセンシア。
   074_convert_20161019094128.jpg

 ハンガリーが誇る極甘白ワインで世界三大貴腐ワインの一つです。
 出来の良い年の貴腐葡萄のみ使用した最上級のワインで、濃厚な香りと味わいがあります。
 そして数十年を経て熟成する長命なワインでもあります。


 10月18日、火曜日。

 夕食、まずゴーヤーチャンプル。
   068_convert_20161019094058.jpg

 ゴーヤーの苦味がたまりません。
 それから首里そば。
   071_convert_20161019094115.jpg

 ぼくは沖縄が恋しくなった時はタコスか、この首里そばを食べるようにしています。
 この先沖縄に行くことはないでしょうけど・・・
 

PageTop

生ポルチーニ茸


 10月5日、水曜日。

 岩手県花巻から白金豚(はっきんとん)ロース肉をお取り寄せしてみました。
   003_convert_20161012094129.jpg

 いつも豚カツでは芸がないのでかつ丼にしてみました。
   005_convert_20161012094206.jpg

 お肉自体はそれほどではなさそう、でもかつ丼そのものがイケます。
   007_convert_20161012094222.jpg

 だし汁の旨みと卵のマイルドさが豚カツとうまく混ざり合い、味の滲みたご飯はもう箸が止まりません!


 10月6日、木曜日。

 ロストボールについて。
 ボールが見つからなくて、本人がボールを探し始めて5分が経過するとロストボール、紛失球になります。
   012_convert_20161012094239.jpg

 しかしアマチャーゴルファー、ちゃんとその時間を守っているのでしょうか?
 10分、15分もしつこく探す人がいます。
 なんと見つけるまで延々と探し続ける人もいます。
   014_convert_20161012094252.jpg

 ちゃんとルールを守ってもらいたいものです。
 ちなみにぼくは3分で諦めるようにしています。

 夕食は近所のチープなステーキハウス。
   025_convert_20161012094358.jpg

 一応常陸牛を注文しました。
   016_convert_20161012094308.jpg

 だいたい味と値段は比例しますから、その程度の旨さで。
   019_convert_20161012094343.jpg



 10月7日、金曜日。

 イタリアから生ポルチーニ茸が届きました。
   027_convert_20161012094414.jpg

 一応季節ものです。
 今回はナス、ピーマン、ベーコンなどとあえて、生ポルチーニ茸のペペロンチーネ。
   034_convert_20161012094453.jpg

   036_convert_20161012094508.jpg


 それほど美味い物ではないと思いますが、季節ものなので。

 イタリアのメニューにはやはりイタリアのワインで。
 ヴェルメンティーノ。
   030_convert_20161012094430.jpg

 上品で印象的な花やシトラス、柑橘系のほのかなアロマ。
 新鮮でフルーティー、豊かなミネラルも感じられ、長く心地よい余韻が楽しめます。


 10月9日、日曜日。

 いつもの仲間とのスキンズマッチ。
 お互いにプライドがぶつかり合う絶対に負けられない試合です。
 大雨の中、ずぶ濡れになりながら、ガチの戦いです。
   039_convert_20161012094528.jpg

 しかしぼくは体調が最悪。
 2日前に引いた風邪がまだ治っていず、3日前から腰痛にもなってしまいました。
   041_convert_20161012094547.jpg

 そんな状態で勝てるほど、皆さん甘くはありません。
 結果はボロ負け。
   045_convert_20161012094606.jpg

 ちくしょう、持ってけ泥棒!

 夕食は同じメンバーで寿司処修へ。
 そのメンバーの名前はホシエとスーコ。
   049_convert_20161012094650.jpg

 テラヨとサグミです。
   051_convert_20161012094715.jpg

 お刺身盛り合わせとか、
   052_convert_20161012094733.jpg

 毛ガニのコロッケとか、
   054_convert_20161012094750.jpg

 握りとか。
   056_convert_20161012094811.jpg

 とても美味しかったなあ!
 でもちょっと飲み過ぎたみたいで、途中から記憶がありません。
 オレ握り食べたっけかなあ?


 10月10日、月曜日、体育の日。

 連休で今日もお休み、昨日とほぼ同じメンバーで江戸崎です。
 今日も同様にスキンズマッチ、頑張らなきゃいけないのですが・・・
   068_convert_20161012094909.jpg

 腰痛と風邪に加えて、二日酔いもかなりひどい。
 朝、クラブハウスに到着するなり吐きまくり、口から噴水状態に。
   059_convert_20161012094829.jpg

 あまりにも辛い3重苦ではとても勝ち目はありません。
   073_convert_20161012095147.jpg

 試合にただ参加するだけの存在になってしまいました。

 途中、小雨が降ったので、キャディと相合傘を。
   062_convert_20161012094847.jpg

 サヤカちゃん、可愛いね!

 九州から活き車海老が届きました。
   079_convert_20161012095204.jpg

 これは大きめのサイズなので海老フライがよさそうです。
   080_convert_20161012095219.jpg

 う~ん、甘くてコリコリしてて美味しいです。


 10月11日、火曜日。

 プリンセス・ドゥ・モナコが咲きました。
   083_convert_20161012095234.jpg

 エレガント、そして妖艶。

 佐賀県から黒イチジクをお取り寄せ。
 生ハムを乗せていただきます。
   087_convert_20161012095257.jpg

 イチジク、濃厚な甘みとねっとりとした食感がたまりません。
    090_convert_20161012153344.jpg
  
 生ハムとの相性もぴったし!

 それから富山県からはブラックラーメンをお取り寄せ。
   092_convert_20161012095315.jpg

 これ、鱒ずしと並ぶ富山名物だそうで。
 真っ黒い不気味なスープとたっぷりの胡椒がとても辛くて、もう勘弁してください!
 

PageTop

キンモクセイ


 9月28日、水曜日。

 三河産のウナギを刻んで串にうった、クリカラをお取り寄せしてみました。
   002_convert_20161005094814.jpg

 焼き鳥のようですが、その感覚で焼いて調理しました。
   004_convert_20161005094858.jpg

 クリカラのかば焼き、丼ぶりで。
   006_convert_20161005094933.jpg

 食べてみると確かにウナギです。
   008_convert_20161005094957.jpg

 甘いタレをご飯にたっぷりとしみ込ませると、食が進みます。


 9月29日、木曜日。

 江戸崎カントリーにて矢部プロとのレッスンラウンド。
   010_convert_20161005095012.jpg

 今日は右肘の位置が高いとのご指摘。
 うん、なるほど!
   022_convert_20161005095114.jpg

 でもなかなか治せないのが素人の悲しさ・・・

 それにしても今日はコース中にとても甘い香りが漂います。
 よく見るとキンモクセイが満開に。
   017_convert_20161005095040.jpg

 割と小さな花なのに香りは強烈です。
   019_convert_20161005095056.jpg

 今回は嗅覚で秋を堪能しました。

スルメイカと日本海から黒舌平目を取り寄せしてみました。
 スルメイカは玉ねぎと一緒にフライにします。
   026_convert_20161005095130.jpg

 イカリングとオニオンリングです。
 同じ形をしていて見分けがつきませんね。
 食べてみて、玉ねぎだとはずれみたいな。

 黒舌平目はいつものように、ムニエルに。
   031_convert_20161005095201.jpg

   033_convert_20161005095216.jpg

 バターの焦げた香りがとても香ばしい。

 ヴィンテージ・トゥニータ、イエルマン。
   028_convert_20161005095146.jpg

 ソーヴィニヨンブランとシャルドネ、土着品種、合わせて5種類のブドウを混醸して生まれる、エキゾチックなアロマとしなやかな質感が素敵です。
 そして女性をイメージした神秘的な味わい。


 9月30日、金曜日。

 知り合いの方から国産松茸を頂きました。
   035_convert_20161005095231.jpg

 おそらく岩手県産でしょう。
 今回は王道、松茸ご飯にしてみましょう。
 ご飯が炊きあがる前から松茸の香りがすでに家中に広がります。
 さて、出来上がりました。
   038_convert_20161005095248.jpg

 う~ん、やっぱり美味しいです!
   042_convert_20161005095308.jpg

 国産松茸はご飯に限るかも!

 焼き松茸も美味しいですけど。
   064_convert_20161005095507.jpg



 10月1日、土曜日。

 九州から黒毛和牛のほほ肉を取り寄せてみました。
   045_convert_20161005095324.jpg

 別名ツラミとも呼ばれ、未冷凍のものは入手困難です。

 これを赤ワイン煮にしてみました。
 ブフ・ブルギニヨンです。
   047_convert_20161005095338.jpg

 お肉、若干の臭みはありますが、とても柔らかく、それでいてしつこさはありません。
   049_convert_20161005095351.jpg

 また作ってみたいメニューですが、ほほ肉、今度はいつ手に入ることやら。


 10月2日、日曜日。

 江戸崎カントリーでワンハンのラウンド。
 同伴メンバーに恵まれて、ストレスフリーでプレー出来ました。
   056_convert_20161005095422.jpg

 いつもこうだといいのですが、スロー、うざい、暗い、SUKな人といつ遭遇するかも分かりません。
 今度遭遇した場合はトラブルを恐れず、直接本人に指摘して注意するつもりです。
   058_convert_20161005095436.jpg

 まっ、そういう人は言ってもわからないと思いますが・・・

 夕食は昨日の残りにヌイユを添えて。
   063_convert_20161005095450.jpg

 フランス料理のパスタみたいなものですね。


 10月4日、火曜日。

 茨城県鹿島灘で獲れた、活き伊勢海老をお取り寄せしてみました。
   067_convert_20161005095521.jpg

 茨城の沖ですが、放射能の汚染は大丈夫みたいです。
 元気に暴れています。

 軽く蒸した後でバターでソテーしてみました。
   073_convert_20161005095551.jpg

 肉厚の身がプリプリで甘みが強く、味が濃厚。
   074_convert_20161005095604.jpg

 伊勢海老も今が旬らしいです。

 シャルロパン、ブルゴーニュ・ブラン。
   069_convert_20161005095536.jpg

 白い花の香りとミネラルが際立つ造り。
 パイナップルや洋梨のアロマにヘーゼルナッツや蜂蜜のニュアンス。
 口いっぱいに豊かな果実味が広がり、ふくよかで厚みのあるボディです。

 

PageTop