ゴルフ、野鳥、時々グルメ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

松坂牛


 7月20日、水曜日。

 香川県からトコロテンが届きました。
   002_convert_20160727093451.jpg

 テン突きも付いています。
   012_convert_20160727093507.jpg

 国産の天草を使用していて、ツルッとしたのど越しと鼻に抜けるほのかな磯の香が心地よいコシのあるトコロテンです。
   016_convert_20160727093524.jpg

 昔の人はこれを食べて涼をとっていたんだなあ!

 北海道、虎杖浜(こじょうはま)から毛蟹の甲羅詰めをお取り寄せ。
   018_convert_20160727093541.jpg

 最近解禁になった虎杖浜の毛蟹、かなり評判が高いんです。
   020_convert_20160727093554.jpg

 新鮮なので身はプリプリ、蟹味噌もたっぷりでした。
   021_convert_20160727093606.jpg

 でも今度は活きたものを取り寄せたいです。


 7月21日、木曜日。

 梅雨が戻ってきました。
   024_convert_20160727094023.jpg

 いつものように江戸崎カントリーでのラウンドでしたが、小雨の中、全然暑くなく、少し濡れるくらいでちょうどいい涼しさでした。
   028_convert_20160727094037.jpg

 でもぼくの腰痛は悪化し、またコルセットを外せなくなってしまいました。

 夜はカラスミと三輪素麺、ニュウ麺で。
   034_convert_20160727094129.jpg

   030_convert_20160727094057.jpg


 少し体が冷えたから、これで温まりましょう。

 7月22日、金曜日。

 西武デパートの食品コーナーで舌平目を購入。
   032_convert_20160727094114.jpg

 これは小麦粉をつけてバターで炒めて、ムニエルにします。
   036_convert_20160727094152.jpg

   038_convert_20160727094206.jpg

 柔らかい食感とさっぱりとした味わい、最後にバターの香りが鼻を通り抜けます。

 シャブリ・プルミエ・クリュ、コート・ド・ルシェ、ダニエル・ダンプ。
   042_convert_20160727094228.jpg

 特徴的な白い花の華やかなアロマ。
 グレープフルーツやレモンなどのフレッシュな果実味とともに上質でしっかりとしたミネラルが感じられます。


 7月23日、土曜日。

 香川県から讃岐蛸をお取り寄せ。
   045_convert_20160727094247.jpg

 足が太くて短いほど良い蛸だそうです。

 今日はこれでタコ焼きにします。
   047_convert_20160727094303.jpg

 蛸を入れて、天かすを入れて、ねぎ、紅ショウガを入れて、ピックで回転させて・・・
 何とか出来上がりました。
   049_convert_20160727094321.jpg

   051_convert_20160727094337.jpg

 この蛸、弾力があり、旨みもあってまずまずの味。


 7月24日、日曜日。

 某コースにてラウンド。
   055_convert_20160727094353.jpg

まだ梅雨前線は関東から撤退していないようです。
 今日も曇り空で陽は顔を出さず、一日涼しくプレー出来ました。
   059_convert_20160727094412.jpg

 さてぼくの体調ですが、今度は右ひざを痛めてしまいました。
 腰痛に加えて、右ひざ痛。
 ぼくのゴルフ人生に暗雲が立ち込めてきているのでしょうか?

 北海道、積丹半島からエゾバフンウニが届きました。
   062_convert_20160727094430.jpg

  ここのウニは細目昆布を食べているため、利尻島のエゾバフンウニに比べて、クセが強くなく、クリーミーで甘みが強いと言われています。
 今回はこれを冷製パスタにして。
   066_convert_20160727094513.jpg

 う~ん、ウニ、甘い!

 それから三重県から松坂牛も届きました。
   065_convert_20160727094454.jpg

 A5等級ヒレ肉です。
   069_convert_20160727094532.jpg

 松坂牛、久しぶりですが、結構イケます。
   071_convert_20160727094553.jpg

 非常に肉が柔らかく、旨みが濃厚です。
 サシの入りは細かく、そのくせ脂のしつこさは感じさせません。
 う~ん、ヒレ、旨い!

  
 7月25日、月曜日。

 名古屋から台湾まぜそばのセットが届きました。
    072_convert_20160727165617.jpg
  
 いかにもB級の匂いプンプンですが、名古屋メシの中では今評判らしいです。
   077_convert_20160727094625.jpg

 極太麺、ミンチダレ、魚粉、山椒、ニンニク、海苔、ニラ、ねぎ、卵黄。
 これらを一気にかき混ぜます。
   079_convert_20160727094644.jpg
 
 お~!
 辛くて、臭くて、ピリッとしてて、魚臭い!
 癖になる人もいるかも知れませんが、ぼくはもう勘弁です。

 やっぱりウニ丼の方がずっといいです。
   074_convert_20160727094608.jpg


 7月26日、火曜日。

 青森県から鴨ロース肉をお取り寄せ。
   081_convert_20160727094659.jpg

 この鴨は新鮮で未冷凍、なかなか貴重です。
 今夜はこれで鴨ロース肉のソテー、オレンジソース、ジャガイモのグラタン添えをいただきます。
   086_convert_20160727094729.jpg

 鴨は血の匂いが旨みの根本だと思います。
 血なまぐさい鴨、オレンジソース、オレンジピールの甘みと相性ピッタリ。
 
 シャルム・シャンベルタン・グラン・クリュ、ニコラ・ポテル。
   084_convert_20160727094713.jpg

 枯葉、紅茶などのニュアンスとともに、ストロベリー、フランボワーズの穏やかで柔らかい果実味が感じられます。
 そして腐葉土、トリュフなどの大地の香り。
 酸は柔らかく、熟成によりこなれたタンニンが感じられるエレガントで、クリーミーな印象の一本です。



スポンサーサイト

PageTop

カリュアド・ド・ラフィット


 7月14日、木曜日。

 いつものように江戸崎にてラウンド。
   002_convert_20160720111243.jpg

 ゴルファーにはいつも自分の自慢話ばかりする人がたまにいます。
 何とか話をそらそうとするのですが、こういう人はほかに話題を持っていないので、結局一日中その人の自慢話に付き合わされる羽目になります。
   006_convert_20160720111301.jpg

 「よく分かりました。あなたはすごいんですね!」
 でもぼくは出来れば自虐ネタで勝負したいですね。

 岡山県から岡山白桃をお取り寄せ。
   008_convert_20160720111316.jpg

   015_convert_20160720111353.jpg

 白いお肌が綺麗なこの桃、みずみずしくてとても甘くて、香りが素敵です。


 7月15日、金曜日。

 今日の夕食は福寿苑のお弁当。
   012_convert_20160720111340.jpg

 上カルビ弁当に上タン塩を付けて。
 ここのはお肉はもちろんですが、キムチもご飯も美味しいんです。
 ちょっとタレのついたご飯はそれだけで充分旨いです。


 7月16日、土曜日。

 新潟県から黒舞茸をお取り寄せ。
   019_convert_20160720111421.jpg

 黒い舞茸は「クロフ」と呼ばれ、別格扱いされているそうです。

 さっそく今夜の夕食の付け合わせとしてソテーにしてみましたが、大きくて厚みがあり、香り、旨みが濃厚です。

 徳島県から阿波牛のシャトーブリアンをお取り寄せしてみました。
   017_convert_20160720111408.jpg

 シャトーブリアンにしては比較的お値打ちなので購入してみたのですが、食べてみると肉が硬め。
   041_convert_20160720111537.jpg

   043_convert_20160720111558.jpg

 お口の中でとろけることもなく、残念な結果に。
 キノコの方が美味いぞ!

 カリュアド・ド・ラフィット、2012
   021_convert_20160720111437.jpg

 シャトー・ラフィットのセカンド。
 クレームド・カシス、クランベリーなどの熟した黒系果実のアロマ。
 フルボディできめ細かい丸いタンニンが特徴的。
 エレガントさはまさにラフィット譲りです。


 7月17日、日曜日。

 土曜日は小雨だったそうで、お客さんのキャンセルも多かったそうです。
   049_convert_20160720111616.jpg

 打って変わって、今日は晴天。
 またまた猛暑です。
   053_convert_20160720111631.jpg

 こんな暑さだったら、昨日みたいに雨に降られてお湿りを入れた時にプレーをした方がずっといいと思うんだけど。

 伊豆の新島から天然のシマアジをお取り寄せ。
   024_convert_20160720111500.jpg

 シマアジと言っても市場に出回っているのはほとんどが養殖もので、天然のものはなかなかお目にかかれない貴重なものです。
   039_convert_20160720111517.jpg

 ギトギトとした脂っぽさがなくすっきりとした味わいが秀逸です。

 それからステーキの残りを使ってオムライスに。
   056_convert_20160720111652.jpg

   058_convert_20160720111705.jpg

 ステーキに比べたらまだこっちの方が食べられるかも。

 土浦のホテルに江戸崎カントリーのメンバー、数人が部屋飲みしているとの情報を得て、さっそくそこへ闖入してみました。
 なんだよ、男ばかりじゃないですか!
   059_convert_20160720111723.jpg

 でもとても楽しくおかしく時間を過ごせました。
 みなさん、ありがとうございます。
 ところでホシさん、どこ触っているんですか?
   060_convert_20160720111735.jpg

 アアン♡


 7月18日、月曜日。

 今日は海の日と言う祭日なんですね。
   062_convert_20160720111817.jpg

 でも海に行かないで、江戸崎でゴルフやってていいんだろうか?
 残念ながら今日も猛暑。
 しかもめちゃくちゃに混んでてハーフ3時間超え。
   063_convert_20160720111836.jpg

 なかなか辛くしんどい一日でした。
 ところで梅雨はどこに行ったの?

 奈良県の玉井製麺所から三輪素麺「芳醇」をお取り寄せ。
   073_convert_20160720111932.jpg

 この麺はかなり製法にこだわっていて、国産小麦粉100パーセント使用しているそうです。
   074_convert_20160720112000.jpg

 しこしこモチモチして美味しいです。
   077_convert_20160720112020.jpg

 いくらでもお代わり出来そう!

 この前の黒舞茸は天ぷらに。
   071_convert_20160720111916.jpg

 これはサクサクして美味しいです。

 シャンパーニュ、ヴァンドヴィル。
   068_convert_20160720111857.jpg

 ハートのラベルは「家族愛が何よりも大切」と言うメッセージを込めて、当主がデザインしたものです。
 そして商品名の「ヴァンドヴィル」は彼の大好きだった祖母の名前です。
 泣かせる話です。


 7月19日、火曜日。

 沖縄県から沖縄マンゴーが届きました。
   085_convert_20160720112113.jpg

   087_convert_20160720112126.jpg

 甘くて、トロピカルな香りが最高です。

 夕食は餃子。
   083_convert_20160720112047.jpg

 皮はパリパリに、餡はジューシーに。
   081_convert_20160720112100.jpg

 これで精をつけて真夏の猛暑を乗り切ろう!

PageTop

ベロニカ


 7月6日、水曜日。

 庭の一角でベロニカと言うユリの一種が咲き始めました。
   030_convert_20160713095755.jpg

 ユリにしては珍しい八重咲きです。
 とても綺麗で香りも素敵です。

 お中元で黒毛和牛サーロインをいただいたので、これをステーキに。
   003_convert_20160713095344.jpg

 美味です。
   008_convert_20160713095541.jpg

 ただちょっと脂っこいのであまり多くは食べられません。


 7月7日、木曜日。

 矢部プロとのレッスンラウンド。
   010_convert_20160713095557.jpg

 今日も梅雨の晴れ間と言うことでめちゃくちゃ蒸し暑くなってしまいました。
 ぼくの暑さ対策としてビニール袋に氷をたっぷり入れ、これをうなじなどにあてながらラウンドします。
   013_convert_20160713095610.jpg

 しかしそれでも途中からは追いつかず、フラフラの状態でようやくホールアウトです。

 夕食、前菜は青イチジクの生ハム乗せ。
   020_convert_20160713095644.jpg

 佐賀県から取り寄せた緑色のイチジク、さっぱりとしていて上品な甘みがあります。
   022_convert_20160713095659.jpg


 メインはマルゲンミートで購入したハンバーグ。
   025_convert_20160713095717.jpg

   028_convert_20160713095738.jpg
   
仕上げにオーブンで焼くと、こんがりと焼けて水っぽくならなくてすみます。

 エボ・ペトラ。
   018_convert_20160713095626.jpg

 トスカーナのボルドーブレンド、いわゆるスーパータスカンです。
 エボとは古代に残るエトルリア人の開拓地のこと。
 チェリーやブルーベリーの濃厚な香りにほのかな木のニュアンスが素敵。


 7月8日、金曜日。

 水郷のとりやさんから名古屋コーチンをお取り寄せ。
   033_convert_20160713095811.jpg

 ニンニク、タイム、ローズマリーなどでマリネしてからソテーに。
   035_convert_20160713095832.jpg

 名古屋コーチンは長期間飼育されているため、コクのある旨みとしまった歯ごたえで奥深い味わいがあります。
   039_convert_20160713095850.jpg

 パリパリの皮もまた美味しい!


 7月9日、土曜日。

 午後はウェンディとお散歩。
   042_convert_20160713095911.jpg

 「都知事選はどうなるのかしら?
 でも変な人ばかり当選させている、都民にも責任があるワンよね!」

 夕食は近所のスーパーで買った食材で。

 スルメイカのワタ炒め。
   044_convert_20160713095927.jpg

 ぼくはイカ好きなので。

 養殖ものの鮎。
   046_convert_20160713095941.jpg

 ぼくは鮎も好きなので。


 7月10日、日曜日。

 梅雨の晴れ間の江戸崎カントリー。
   048_convert_20160713095954.jpg

 地獄のような猛暑です。

 今日は約半年ぶりにコルセットを付けないでプレーしてみました。
 恐る恐るのプレー、ド引っ掛けのボールばかり連発していましたが、腰の痛みはほとんど感じませんでした。
   050_convert_20160713100009.jpg

 これで自信がつきました。
 ゴルフの引退はまだしばらくはなさそうです。

 ご同伴していただいたオクヤマさん、ナイトウさん。
   053_convert_20160713100033.jpg

 このくそ暑い日にワン半ってマジですか!

 夕食は海老ドリア。
   055_convert_20160713100053.jpg

 オーブンを使っていたら、部屋が温まってしまい、夜になっても汗をびっしょりかいてしまいました。


 7月11日、月曜日。

 佐賀県から本カラスミが届きました。
   062_convert_20160713100155.jpg

 このカラスミは国産のボラ、地元の塩、地元のお酒を使用した本格的でかなり高級のものです。

 これを薄く刻んでシンプルにパスタに乗せます。
 カラスミのペペロンチーネ。
   067_convert_20160713100227.jpg

 カラスミのねっちりとした食感と熟成された旨みがじわっと口の中に広がってきます。
   069_convert_20160713100239.jpg

 一度体験すると、はまる料理です。

 ソアーヴェ・クラシコ、ラ・フロスカ。
   064_convert_20160713100211.jpg

 ガルガーネ種を使い、辛口ながらも蜂蜜のようなフレーヴァーを感じさせる芳醇はフルーツの味わい。
 塩味とミネラルが造る強くて優しいワインです。


 7月12日、火曜日。

 函館から活きスルメイカをお取り寄せ。
   071_convert_20160713100256.jpg

 イカは活きたまま輸送するのがとても難しいため、専用の容器に海水と酸素を入れています。
   074_convert_20160713100319.jpg

 この二人はまだ元気に生きていて、体の色が透明になったり黒くなったり変化しています。

 スルメイカの黒炒飯。
   076_convert_20160713100336.jpg

 ライスはワタとスミで和えてみて、イカの身はさっと炒めただけ。
 このイカの美味しさときたら・・・
 もう何も言うことがありません。

PageTop

生ウニのクリームパスタ


 6月28日、火曜日。

 夏バテ気味の時はゴーヤーチャンプルーを食べます。
   006_convert_20160706095444.jpg

 ゴーヤーの苦味が食欲を増進してくれます。

 そして、豚肉の冷シャブ。
   008_convert_20160706101144.jpg

 これも暑いときにはいいよね。


 6月29日、水曜日。

 今夜は外食、土浦市にあるお蕎麦屋さん、夫婦庵に来てみました。
   011_convert_20160706101158.jpg

 卵焼き。
   015_convert_20160706101211.jpg

 出汁が割と効いています。

 鴨焼き。
   017_convert_20160706101224.jpg

 ねぎとの相性は抜群。

 天ぷら。
   019_convert_20160706101235.jpg

 揚げ方が上手。

 そしてセイロ。
   021_convert_20160706101248.jpg

 麺にコシがあってのど越しツルツルです。
 お蕎麦は3分以内で食べ切ってしまいました。


 6月30日、木曜日。

 江戸崎カントリーにて矢部プロとのレッスンラウンド。
   024_convert_20160706101301.jpg

 昨日の夜にひらめいたことがあったので、それを実践してみるとプロに簡単に見破られ、あっさりと否定されてしまいました。
 さすがにプロです。
   028_convert_20160706101315.jpg

 ぼくが非行に走る直前に矯正してくれます。

 三陸岩手産の生ウニが瓶詰で届きました。
   030_convert_20160706101333.jpg

 ムラサキウニ、バフンウニに比べると旨みは淡白ですが、鮮度はよさそうです。

 今夜はこれでクリームパスタにしてみました。
   033_convert_20160706101622.jpg

 いままではどんぶりにすることが多く、あまりパスタにすることはなかったのですが、意外にイケてます。
   036_convert_20160706101634.jpg

 ウニと生クリームは相性がかなり良さそうです。



 7月1日、金曜日。

夏至の日から数えて11日目。
今日は72候の一つ、半夏生です。
この日関西ではタコを食べる習慣があるそうなので、それに倣ってみました。

 瀬戸内産真ダコのカルパッチョ。
   083_convert_20160706102137.jpg

 半茹で状態のタコ、コリコリした歯ごたえがいいです。

 タコとジャガイモとブロッコリーの炒め物。
   085_convert_20160706102151.jpg

 これを食べたらこの夏を乗り切ることが出来るのでしょうか?


 7月2日、土曜日。

フィンランド産キャビア、バエリ・インペリアルをお取り寄せ。
   053_convert_20160706101826.jpg

 これをバケットに乗せて食べてみます。
   073_convert_20160706102008.jpg

 深みのある濃厚かつマイルドな味わい。
 お値段の方も良心的なのがよろしい。

 夕食はマルゲンミートで購入した但馬牛のヒレ肉。
   051_convert_20160706101811.jpg

 今回はキャビア乗せで。
   055_convert_20160706101841.jpg

   057_convert_20160706101907.jpg

 しつこさを感じさず、口の中でとろけるほどの柔らかいヒレ肉、さすがです。

 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、サン・ポーロ、2010年。
   049_convert_20160706101755.jpg

 カシスなどの紫がかった果実やラズベリーなどの赤いベリー系果実、バニラ、ハーブ、フルーツジャムのような甘やかなアロマが立ち上がり、時間がたつと徐々にコーヒーの繊細なニュアンスがほのかに混ざる、上品な香り。
 口当たりは滑らかで、まろやかなタンニンが溶け合います。
 2010年のヴィンテージはパーカーポイント94+点!
 ブラヴォー!

 7月3日、日曜日。

 江戸崎カントリーでのラウンド。
   064_convert_20160706101928.jpg

 梅雨の晴れ間のとても蒸し暑い一日。
 先週同様今日もぼくは体調不良。
   067_convert_20160706101944.jpg

 頭がボーっとして、呼吸が荒くなってしまいました。
 ぼくは本当に暑さにはからきし弱く、今回も熱中症気味になってしまいました。

 夕食、前菜はモッツァレラチーズのはさみ揚げ。
   077_convert_20160706102041.jpg

 これはモッツァレラチーズとアンチョビを食パンで挟んで揚げたもの。
 れっきとしたイタリア料理の一つです。

 そして主菜はタリアテッレ、ボローニャ風。
   078_convert_20160706102057.jpg

 久しぶりのミートソースです。
 麺がいつもと違い、平たいので味わいも変わってきます。


 7月4日、月曜日。

 まず、生牡蠣を3種、全国から。
   080_convert_20160706102114.jpg

 ぼくは小さいほうがツルンと食べれるから好きです。

 それから瀬戸内の釣りアジはカルパッチョに。
   041_convert_20160706101707.jpg

 身に張りがあり、すっきりした味わい。
 これ、結構美味しかったです。

 そして北海道から大羽イワシ。
   038_convert_20160706101649.jpg

 かなり大きめのイワシですが、一尾はカルパッチョにして残りは香草ガーリックソテーに。
   043_convert_20160706101722.jpg

   045_convert_20160706101739.jpg

 身が新鮮でしっかりしているので脂が浮き出ず、さっぱりと食べられました。

 ヴーヴ・クリコ。
   004_convert_20160706095428.jpg

 キャップに描かれている肖像画はクリコ未亡人。
 彼女は若くして亡くなった夫の経営を引き継ぎ、「品質はただひとつ、最高級だけ」という信念に基づいてヴーヴ・クリコを偉大なシャンパーニュメゾンへと成長させたのです。


 7月5日、火曜日。

 貰い物として石垣島から石垣牛の薄切り肉が届きました。
   091_convert_20160706102207.jpg

 肩ロースでしょうか、冷凍です。
 暑いので鍋にはせず、すき焼き風炒め物に。
   093_convert_20160706102222.jpg

 味の方はノーコメントと言うことで。

 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。