ゴルフ、野鳥、時々グルメ

カンビオ


 6月21日、火曜日。

 マルゲンミートで自家製ベーコンとペコリーノ・ロマーノを購入しました。
   004_convert_20160628150859.jpg

 夕食、まず前菜はカプレーゼ。
   008_convert_20160628150930.jpg

 バジルの爽やかな香りが素敵です。

 そしてメインはカルボナーラ。
   005_convert_20160628150915.jpg

 チーズはペコリーノ・ロマーノとパルメジャーノ・レジャーノの2種を使いました。
 卵のトロトロ感、ベーコンの燻製臭さとチーズの臭み、そして黒コショウの辛味がマッチして、得も言われぬ旨さに。


 6月22日、水曜日。

 特大活きロブスターをお取り寄せしてみました。
   009_convert_20160628150949.jpg

 そしてこれを蒸し焼きに。
   013_convert_20160628151002.jpg

 久々に食べますが、身がしっかりとしてて、甘くて美味しいです。
   016_convert_20160628151026.jpg

 活きの蟹、海老は蒸し焼きが一番だとつくづく思います。
   026_convert_20160628151056.jpg


 6月23日、木曜日。

 細かく弱い雨が降ったり止んだりを繰り返す、典型的な梅雨の空模様となりました。
   029_convert_20160628151130.jpg

 レインウエアだと蒸し暑いので、雨に濡れながらほとんど傘もささずにラウンド。
   030_convert_20160628151158.jpg

 意外と気持ちよかったです。


 6月24日、金曜日。

 今夜は外食、研究学園にあるスペイン料理店、カンビオに行ってみました。
   033_convert_20160628151557.jpg

 ワインはスペインのスパークリング、カヴァです。
  043_convert_20160628151648.jpg

 まずタパス。
   037_convert_20160628151615.jpg

 前菜みたいなものですね。

 それからピンチョス。
   039_convert_20160628151630.jpg

 パンに具をのせて、ピンでとめたもの。
 マッシュルームや蟹肉など、あまりしつこくないのが日本人に合っているかも知れないですね。

 最後はお約束のパエリア。
   045_convert_20160628151702.jpg

 これは普通に美味しいです。

 アイスで締めてまずまず納得でしょうか?
   047_convert_20160628151717.jpg


 6月25日、土曜日。

 岡山県からシャイン・マスカットをお取り寄せ。
   049_convert_20160628151730.jpg

 とても甘くて種がなくて、皮ごと食べられます。
 これこそ、究極のブドウでしょう!

 夜はサグチさんのお迎えでグリル・ささがわでステーキ。
   053_convert_20160628151803.jpg

 常陸牛ですが、美味しそうです。

 ワインは持ち込みでル・プティ・シュヴァル。
   051_convert_20160628151745.jpg

 ボルドー、サン・テミリオンの頂点に君臨するシュヴァル・ブランのセカンドワインです。
 メルロー主体のセカンドはファーストより少し熟成が早いため、若いうちから楽しめます。
 この2012年はすでに飲み頃を迎えているため、シュヴァル・ブランを彷彿させるエレガントさと繊細さが感じられます。

 締めのガーリックライスをいただいて、マスター、サグチさん、楽しいひと時をありがとうございました。
   055_convert_20160628151819.jpg


 6月26日、日曜日。

 何だか、頭がガンガンします。
 昨日ワインを3本空けたところまでは憶えているのですが・・・
   057_convert_20160628151836.jpg

 江戸崎でラウンドですが、二日酔いが結構辛いです。
 おまけに梅雨の晴れ間の蒸し暑さが拍車をかけます。
   061_convert_20160628151851.jpg

 何とか18ホール回り切りましたが、取りあえず、生きて帰れてよかった。

 九州から今が旬の目板カレイが届きました。
 これを今回は中華風の刺身でいただきます。
   064_convert_20160628151918.jpg

 ピーナッツや餃子の皮を揚げて砕いたもの、そして香菜が味のポイントです。
   066_convert_20160628151937.jpg

 主菜は豚ひき肉とインゲンの炒め物、レタス包み。
   070_convert_20160628151954.jpg

 春雨を揚げたものと混ぜて、レタスで包んで食べます。
   072_convert_20160628152007.jpg

 何だか、タコスみたいで楽しくて美味しいです。


 6月27日、月曜日。

 今が旬の水ナスを使って麻婆ナスを。
   074_convert_20160628152024.jpg

 こういう中華風の甘辛い食事は食欲が沸くから、夏バテの時期には助かります。


 

スポンサーサイト

PageTop

国産天然ウナギ


 6月14日、火曜日。

 某コースでアンズの実をいっぱい拾ってきました。
   007_convert_20160621151057.jpg

 これから種だけを取り出し、皮ごとお砂糖と煮込みます。
   009_convert_20160621151109.jpg

 アンズジャムが出来ました。
 バケットに付けて食べると。
   034_convert_20160621151334.jpg

 甘酸っぱくて美味しいです。


 6月15日、水曜日。

常陸牛すね肉を購入してみました。
   011_convert_20160621151120.jpg

これを玉ねぎと炒めてからビールを足してしばらく煮込みます。
   015_convert_20160621151135.jpg

牛すね肉のビール煮込み。
   025_convert_20160621151237.jpg

 硬いすね肉もビールのおかげで柔らかく仕上がりました。

  シャトー・ド・サル。
   019_convert_20160621151149.jpg

チェリーやプラムなどの赤・黒系果実のアロマにハーブや甘草などのニュアンスが折り重なり複雑な香りを演出しています。
熟成により繊細で複雑な味わいにも変化しています。


 6月16日、木曜日。

 江戸崎でラウンド。
 スモーキングゴルファーがたまにいます。
   038_convert_20160621151351.jpg

 その中でもヘビーな人はフェアウエイでも平気で吸っていたりします。
 これはもう重大なマナー違反です。
   040_convert_20160621151404.jpg

 そう言う方は時々ぼくの風上で吸うのですが、これは非常に困ってしまいます。
 受動喫煙でぼくの喘息が悪化するからです。

 静岡県浜名湖産の天然のウナギをお取り寄せ。
   021_convert_20160621151220.jpg

 天然のウナギは6月から漁が解禁になりましたが、非常に数が少なく、とても貴重です。

 白焼きの状態のものをタレに付けながら何度か焼き直して蒲焼の完成です。
   043_convert_20160621151421.jpg

 やはり天然ものは断然美味いです。
   046_convert_20160621151435.jpg

 脂が乗ってて、さらりとして、味がいいです。


 6月17日、金曜日。

 近所で美味しそうな鶏もも肉を見つけました。
 まずこれを炒めてからパイ生地を巻いてオーブンで焼いてみました。
   051_convert_20160621151512.jpg

 鶏もも肉のパイ包みロール焼き。
   052_convert_20160621151533.jpg

 サクサクしたパイ生地に鶏の旨みが滲み込んで、何となく楽しい味わいです。

 秋田県から佐藤錦が届きました。
   030_convert_20160621151259.jpg
   032_convert_20160621151311.jpg

 とても甘くてパリッとした食感が素敵です。

 ブラミート、シャルドネ。
   005_convert_20160621151043.jpg

 桃やメロン、ハチミツのたっぷりでフレッシュなアロマと味わいにほのかなアーモンドペーストのニュアンスが加わります。
 フルーツのみずみずしさとクリーミーさの見事なバランスが特徴的。


 6月18日、土曜日。

 沖縄県から生の黄肌マグロを取り寄せてみました。
このマグロは脂がさっぱりとしていて、身もしっとりと涼しげな味が特徴的です。
 これを今回はユッケ丼に。
   060_convert_20160621151553.jpg

 ニンニク、ミョウガ、ゴマの香りが食欲をどこまでも刺激します。

 タルラン。
   083_convert_20160621152329.jpg

 ミラベル、アーモンドグリルや焼きリンゴの雰囲気を漂わせ、良質の力強いアロマが感じられます。
 活発さ、余韻の長さが特徴的な高級感あふれるしっかりとした骨格のあるシャンパーニュです。


 6月19日、日曜日。

 某コースでラウンド。
   067_convert_20160621151613.jpg

 岡本綾子さんのコンペではある標語をスタート前にみんなで唱和するそうです。
 「素振りは一回ホイサッサ。ライン読むなら空気読め!」
 なかなか笑えますが、その通りだと思います。
   071_convert_20160621152116.jpg

 このコンペ、みんながてきぱきとプレーしていて楽しそうですね。

 マルゲンミートから但馬牛のヒレ肉を購入。
   075_convert_20160621152224.jpg

 夕食はお約束のステーキです。
   077_convert_20160621152253.jpg

  080_convert_20160621152310.jpg

 肉の柔らかさ、旨み、香り、どれをとっても素晴らしいと思います。

 トルチコーダ。
   072_convert_20160621152202.jpg

 完熟したチェリーやストロベリーなどの果実味を、緻密ながら活き活きとしたタンニンがしっかりと支えています。
 果実の凝縮感が余韻までしっかりと続く、力強くて濃厚な味わいの一本です。


 6月20日、月曜日。

 「水郷のとりやさん」のサイトから手羽先餃子とクリームシチューコロッケをお取り寄せ。
 冷凍ものですが、かなり人気があるので試してみました。
   085_convert_20160621152350.jpg

  087_convert_20160621152405.jpg

   092_convert_20160621152433.jpg

 どちらもただ揚げるだけ。
でも意外に美味しかったです。

 安くて、簡単で、美味いんですから売れる訳ですね!

 ロエロ・アルネイス。
   090_convert_20160621152419.jpg

 イタリアを代表する白ワイン。
 白い花や溌溂としたビターオレンジやグレープフルーツの香り。
 レモンやリンゴのようなフレッシュな味わいの中に、酸味、ミネラル分がしっかりと感じられます。

PageTop

エゾバフンウニ


 6月8日、水曜日。

 山陰地方からクエとトビウオをお取り寄せ。
   002_convert_20160614102707.jpg

 クエは身がゼラチン質なため、煮込むほどに美味と言われています。
 今回は煮付けに。
   007_convert_20160614102738.jpg

 身はプルプルとしてて、旨みは濃厚です。

 そしてトビウオは塩焼きに。
   009_convert_20160614102750.jpg

 100メートルも滑空するお魚ですので、脂肪が少なく身が筋肉質、ヘルシーで淡白な旨みです。


 6月9日、木曜日。

 梅雨時期に入り、ついに雨に祟られてしまいました。
   012_convert_20160614102805.jpg

 しかし雨は激しくもなく、前半終了後には止んでくれました。
 後半は曇り空ながら、爽やかな天気。
   015_convert_20160614102818.jpg

 まるで高原でゴルフをしているかのようでした。

 夕食はスペアリブ。
   021_convert_20160614102848.jpg

 カリッカリッに揚げたフレンチフライを添えて。
 アメリカ人が喜びそうなメニューですね。

 バローロ・ラヴェーラ。
   019_convert_20160614102831.jpg

 バラやミント、トリュフなどの力強い香り。
 しっかりとした骨格にブラックベリーやカシス、ラズベリーの凝縮した果実味。
 上品さと力強さが備わった、長熟型のバローロです。


6月10日、金曜日。

 予約していた礼文島、利尻島のエゾバフンウニがついに届きました。
   023_convert_20160614102903.jpg

 この地方のバフンウニは6月から漁が解禁になりましたが、8月末までの限定です。
 ぼくはこのウニを何ヶ月も前から楽しみにしていたのです。

 さっそくウニイクラ丼でいただきます。
   024_convert_20160614102922.jpg

 イクラは普通に美味しい。
   031_convert_20160614102947.jpg

 ウニ、オレンジ色に輝いています。
   035_convert_20160614103002.jpg

 う~ん、甘くてねっとり。
 磯の香りにコクのある濃厚な味わいです。


 6月11日、土曜日。

 ウェンディ「梅雨入りしたはずなのに、暑い日ばっかりだワン。」
   044_convert_20160614103046.jpg

 「このままだと利根川ン水系のダムの水が干上がってしまうワン!」

 夕食は久々に福寿苑にお邪魔しました。
 まずは上タン塩。
   046_convert_20160614103106.jpg

 そして大きなお皿に乗っているのは左から上ロース、特上ハラミ、上カルビです。
   047_convert_20160614103121.jpg
   050_convert_20160614103139.jpg
   052_convert_20160614103156.jpg

 どちらもそれなりの美味しさがあります。
 最後は大将のサービスで特上カルビ。
   054_convert_20160614103239.jpg

 いわゆるリブロースの部分ですが、これがまた美味しい!

 締めは石焼ビビンバで。
   056_convert_20160614103257.jpg
   058_convert_20160614103312.jpg

 とても満足、そしてかなり満腹。
 ご馳走様でした、大将!


 6月12日、日曜日。

 茨城県内某コースでラウンド。
 今日も梅雨の晴れ間と言うことで結構蒸し暑い一日でした。
   060_convert_20160614103326.jpg

 今年は空梅雨になるのでしょうか?
 それから気象庁の予測どおり、梅雨明け後は猛暑が続くのでしょうか?
   062_convert_20160614103340.jpg

 暑いのにからきし苦手なぼくとしてはとても心配です。

 高知県から天然の鮎をお取り寄せしました。
   065_convert_20160614103405.jpg

 水の透明度全国一の仁淀川で、友釣りのプロが釣った鮎です。
 新鮮でまだ生きてるかのよう。

 今回はこれを贅沢にもムニエルにしてみました。
   073_convert_20160614103455.jpg

 6月から漁解禁の鮎、まだまだ小ぶり。 
 でも少し小さめが好きです。
 スイカの風味がたまりません!

 イエルマン、リースリング。
   038_convert_20160614103018.jpg

 色合いは薄く緑がかった鮮やかな麦わら色。
 甘いフローラルな香りや、若干のハチミツやスパイス、パッションフルーツのようなニュアンスも感じられます。
 程よい酸味、爽やかで生き生きとした果実味が素敵です。


 6月13日、月曜日。

 長崎県から天然のカンパチをお取り寄せ。
   069_convert_20160614103423.jpg

 このお魚は夏が旬、今が食べごろでさっぱりした味わいが特徴です。

 今日はこれにスイカやマンゴスチンを足してカルパッチョにしてみました。
   071_convert_20160614103440.jpg

 見た目が下品な感じになってしまいましたが、爽やかな風味です。

 昨日の鮎の残りは塩焼きに。
   077_convert_20160614103516.jpg

 この鮎、きっと美味しい苔を食べていたんだなあ!


 
 

PageTop

天然活き黒あわび


 5月31日、火曜日。

 イタリアからサマートリュフを取り寄せてみました。
   085_convert_20160531102526.jpg

 いつものようにお米と一緒に詰められています。
 香りと湿気が逃げないようにするためだと思います。

 今回はサマートリュフとキノコのクリームパスタ。
   004_convert_20160601091541.jpg
   043_convert_20160608100207.jpg

 冬のトリュフよりも香りは控えめですが、あの強烈な臭みよりはましかも。

 デザートは静岡のクラウンメロン。
   006_convert_20160601091603.jpg

 これ実は日本最高峰のメロンで、甘さ、香り、姿の3拍子揃えたメロンの王様と呼ばれています。
   008_convert_20160601091615.jpg
 甘くて冷たくて美味しい!

 6月1日、水曜日。

 淡路島から大型の天然活き黒あわびを取り寄せてみました。
   001_convert_20160608095801.jpg

 海の黒いダイヤと呼ばれ、珍重されています。
   004_convert_20160608095823.jpg

 これは薄切りにして、マルゲンの近江牛ロース肉とともにしゃぶしゃぶにしましょう。
   006_convert_20160608095837.jpg

 お刺身の方がお勧めらしいので、軽くお湯にさっと通すくらい。
   010_convert_20160608095908.jpg
   
 歯ごたえがしっかりしてて美味しい!

 ついでに牛肉もしゃぶしゃぶ。
   011_convert_20160608095922.jpg

 お口の中で蕩けていくようで美味しい!


 6月2日、木曜日。

 庭のバラたちは満開を過ぎて、一休み。
 その代わり、このクレマティスが青く見事に咲いています。
   017_convert_20160608095949.jpg

 赤と青のコンビネーションがいいんです。

 日曜日のクラブ選手権に向けての練習ラウンド。
   025_convert_20160608100004.jpg

 でも何か今一つ。
 すべてで冴えません。
   028_convert_20160608100024.jpg

 ビリにだけはなりたくないなあ。

 山梨県からゴールドラッシュと言う名のトウモロコシをお取り寄せ。
   033_convert_20160608100058.jpg

 これを焼いて食べてみると。
   036_convert_20160608100123.jpg

 しゃきしゃきしてて強烈な甘みです。
 野菜や果物って毎年どんどん進化しているようです。

 夕食は塩漬けにしていた「時知らず」を焼いて塩鮭に。
   040_convert_20160608100139.jpg

 旨くてしょっぱくてご飯がすすむ。

 6月3日、金曜日。

 福岡県から今が旬のシロイカをお取り寄せ。
   042_convert_20160608100154.jpg

 ケンサキイカとも言います。
 今回はニンニクとパン粉を詰めて焼いた、カラマリピエニでいただきます。
   049_convert_20160608100233.jpg
   
 う~ん、甘みが強く、ねっとりとした食感が何とも言えません。

 ピエール・ジモネ。
   030_convert_20160608100041.jpg

 シャルドネ100パーセントから作られるブラン・ド・ブラン。
 クリーミーで滑らかな泡立ち。
 キリッとドライな味わいの中に力強さがあり、エレガントなバランスが素晴らしいシャンパーニュです。


 6月4日、土曜日。

 マスカット オブ アレキサンドリアが岡山県から届きました。
   052_convert_20160608100251.jpg

 これはブドウの女王と呼ばれていて、爽やかな酸味と甘みのバランスが絶妙です。
 でも種が入っているので、ちょっと食べづらい。

 夕食はピッツェリア・アミーチからいくつかピザを持ち帰りで。
 前菜の海藻のフリッター。
   053_convert_20160608100316.jpg

 イスキア。
   055_convert_20160608100337.jpg

 オーロ。
   058_convert_20160608100354.jpg

 マルゲリータ・クラシカ。
   060_convert_20160608100410.jpg

 チーズの香りとトマトの酸味と薄い生地の食感が素晴らしい!


 6月5日、日曜日。

 いよいよクラブ選手権、予選です。
 東コースを36ホール、フルバックで回ります。
   063_convert_20160608100424.jpg

 どうなることやら・・・

 結果的には通過することはかないませんでした。
 そしていろんなミスや不運に見舞われました。
 ロストボール、あごの下のバンカーに突き刺さったり、スコアを過大申告してしまったり。
   067_convert_20160608100437.jpg

 でも一番辛かったのはぼくらの組がチョースロープレーだったことです。
 ぼくらは先頭の組で朝7時ちょうどにスタートして、35分の休憩をとってホールアウトはなんと夕方5時15分。
 9時間40分も素でプレーしていたことになります。
 ぼくらの前は誰もいず、後ろはず~っと繋がっていました。
 なんとぼくらが渋滞の先頭になっていたのです。
 途中から胃が痛くてたまらなくなってきました。
 腕自慢の方々、技を磨く前にマナーを学んだらいかがでしょうか?

 北海道から新鮮な生本マグロが届きました。
 トロと赤身が2対1の量。
   069_convert_20160608100453.jpg

 これを酢飯に乗せてマグロ丼を。
   073_convert_20160608100508.jpg

 マグロ独特の酸味とほのかな甘みが疲れた体を癒してくれます。


 6月6日、月曜日。

 西武デパートで常陸牛ヒレ肉を購入。
   077_convert_20160608100524.jpg

 今夜は常陸牛ヒレ肉のステーキトリュフ乗せです。
   081_convert_20160608100545.jpg
   083_convert_20160608100601.jpg

 茨城が誇る常陸牛ですが、若干肉が硬め、香りと甘みも神戸牛に比べると弱く感じます。
 もう少し垢抜けたいねえ!

 タイから果物の女王、マンゴスチンを取り寄せてみました。
   085_convert_20160608100623.jpg

 やや厚めの皮を剥くと中から白い果肉が出てきました。
   087_convert_20160608100643.jpg

 オリエンタルな香り、甘酸っぱい味にマシュマロのような歯ごたえ。


 6月7日、火曜日。

 沖縄県から島バナナをお取り寄せ。
   090_convert_20160608100702.jpg

 ちっちゃいバナナですね。
   092_convert_20160608100717.jpg

 普通のバナナより酸味が強く、歯ごたえもしっかりしています。

 夕食はイワシのロールグラタン。
   098_convert_20160608100752.jpg

 ほうれん草にイワシを巻いてオーブンで焼いています。
   100_convert_20160608100806.jpg

 イワシもこれから旬。
 ヘルシーでいいよね。

 シャトーヌフ・デュ・パプ、クロ・デ・パプ。
   094_convert_20160608100734.jpg

 生産量の少ない貴重な白ワインです。
 凝縮感があり、フレッシュでフルーティー。
 白桃や柑橘系の香りが漂い、やや甘めで丸い印象のワインです。



 

PageTop