ゴルフ、野鳥、時々グルメ

シャトー・マルゴー


 12月17日、木曜日。

 だいぶ陽が低くなってきました。
 朝一、東向きのホールはもうまぶしくてショット後のボールの行方が終えません。
   001_convert_20151222105103.jpg

 それから霜のせいでコースのフェアウェイが緑色から白色になってしまいました。
 いよいよ真冬です。
   006_convert_20151222105115.jpg

 ゴルフをしていても、何だかもの悲しい季節です。

 この前食べた但馬牛があまりにも美味しかったので、ヒレ肉を再注文してみました。
 008_convert_20151222161818.jpg
  
 今回もかなりイケています。
011_convert_20151222105137.jpg

 本当に和牛の中でも別格だと思います。
015_convert_20151222105240.jpg

 シャトー・マルゴー、2005年。
014_convert_20151222105217.jpg

 言わずと知れたボルドー五大シャトーの一つ。
 フランスワインの女王とも呼ばれています。
 その中でも2005年のヴィンテージは出来が良く、パーカーポイントはなんと98+点。
  
素晴らしい仕上がりの濃い色調。
フローラルで豊かな果実の美しいアロマ。
シルキーなタンニン。
 パワフルなフルボディで極めてピュアな味わい。

 このお肉とこのワイン。
 究極のマリアージュです。


 12月18日、金曜日。

 残ったお肉を使って、お約束のステーキチャーハン。
023_convert_20151222105310.jpg

 お肉がいいからこれもめちゃ美味しい!


 12月19日、土曜日。

 待ちに待ったスターウォーズがついに封切です。
 で早速近くのシアターで見てきました。
024_convert_20151222162255.jpg

 観賞後の感想はと言うと、「こんなものかなあ」です。
 あと2,3回見ないと結論は出ないかも。

 フランス産のキャビアをお取り寄せしてみました。
033_convert_20151222105405.jpg

 これは低温殺菌していないフレッシュタイプなので、キャビア独特の何とも言えないまったりとした香りを感じます。
036_convert_20151222105425.jpg


 12月20日、日曜日。

 スタートホール、第三打目ナイスショットでバーディーチャンスに付けたと思った瞬間です。
 「コーン!」
026_convert_20151222105326.jpg

 ボールはグリーン上で大きく跳ねて奥のOBゾーンまで行ってしまいました。
 なんとグリーン周りの地面が凍結していたのです。
 もはやこうなるとスコアうんぬんの問題ではなくなります。
030_convert_20151222105341.jpg

 冬が終わるまでは結果を気にしないで、ゴルフを続けるしかないでしょう。

 青森県下北半島からあんこう鍋のセットをお取り寄せしてみました。
    039_convert_20151222105446.jpg

 割と鮮度が良く、あんこう独特の変な生臭さは感じずに楽しむことが出来ました。
   041_convert_20151222105510.jpg

 ただ歯ごたえが今一つで、もしかしたら一度冷凍処理を行ったのかも分かりません。
   043_convert_20151222105527.jpg

 もともとあんまり好きではないのですが、本当に美味しいあんこうを未だに食べたことがありません。
   045_convert_20151222105541.jpg


 12月21日、月曜日。

 鶏もも、ショートパスタ、ホワイトソースなどを使って、グラタンを。
   048_convert_20151222105559.jpg

 鶏のだしが効いてて、マカロニパスタもモッチリ。
   051_convert_20151222105616.jpg

 これ、ぼくの好きなメニュー、ベスト10には入るかも。

スポンサーサイト

PageTop

沖縄タコス


 12月10日、木曜日。

 矢部プロとのラウンドレッスンの2回目です。
   007_convert_20151216094759.jpg

 いろいろなことを指摘されましたが、特に注意されたのが、上体がボールを迎えに行っているということ。
 両手を右側インサイド寄りに引き下ろせば自然にインパクトの位置に戻って来るということらしいです。
 なるほど・・・
   009_convert_20151216094829.jpg

 でもすぐにはなかなか実行に移せません。
 素人ですから、消化にはしばらく時間がかかりそうです。

 矢部プロ、また今度お願いします。
   019_convert_20151216094849.jpg

 カシワギ先生も今日はご一緒で楽しくラウンドさせていただきました。

 お歳暮で黒毛和牛すき焼き肉をいただきました。
   024_convert_20151216094925.jpg

これをすき焼き風に調理して。
   026_convert_20151216094946.jpg

 卵を絡めていただきます。
   028_convert_20151216095005.jpg

 やっぱ、人からもらうと随分と旨く感じるな。

 シャトーヌフ・デュ・パプ・ピエロン。
   021_convert_20151216094906.jpg

 グルナッシュのしなやかな旨みが溢れるピュアな味わいで、一般のシャトーヌフ・パプとは一線を画した、シルキーかつエレガントな一本。


 12月12日、金曜日。

 沖縄県から沖縄タコスをお取り寄せしてみました。
   031_convert_20151216095026.jpg

 戦後米兵相手に始めてから、沖縄独自のタコスに発展したようです。
 トルティーヤを揚げることが特徴ですが、さっそくいただいてみましょう。
   035_convert_20151216095103.jpg

 う~ん、皮がサクサクして美味しい!
   039_convert_20151216095604.jpg

 何だか、随分と懐かしい味です。

 マンソ・デ・ヴェラスコ。
   033_convert_20151216095042.jpg

 このワインは平均100年以上の樹齢のブドウを使用しているそうです。
 黒系ベリー種の豊かな果実味に、スパイシーなアクセントのある味わいで、滑らかなタンニンが非常にエレガントな仕上がりを演出しています。


 12月13日、日曜日。

 小雨がときどき降るようなはっきりしない一日。
   041_convert_20151216095622.jpg

 でもこの時期にしては、比較的暖かくてゴルフをやる分にはあまり問題のない天気でしょう。
   043_convert_20151216095640.jpg

 冬が暖かいのはぼくにとってはいいとこですが、また温暖化とか言って騒がれるのでしょうか?

 沖縄県宮古島から宮古そばをお取り寄せ。
   046_convert_20151216095655.jpg
 業者の名前はハワイ製麺所。
 このB級感がたまりませんね。
 普通の沖縄そばに比べて、麺が細くて丸いのが特徴です。
   049_convert_20151216095711.jpg

 でもこの麺、ちょっとパサパサで、いまいち。
 最近、美味しい沖縄そばに出会ってないなあ!


 12月14日、月曜日。

 我が家の定番であり、鉄板のメニューである手羽元のフライドチキン。
   051_convert_20151216095730.jpg

 皮のパリパリと骨の周りのスジが美味しい!


12月15日、火曜日。

 マルゲンミートで牛挽き肉を購入。
   054_convert_20151216095748.jpg

 今夜はハンバーグです。
   056_convert_20151216095806.jpg

 オーブンで仕上げるのが、ぼくのレシピです。
   059_convert_20151216095826.jpg

 蒸し焼きよりもこんがり焼き上がりますよ。
   060_convert_20151216095848.jpg

 つなぎは少なめにして肉本来の味を味わうようにします。
   062_convert_20151216095902.jpg

 黒毛和牛のステーキを食べているような錯覚にとらわれます。

 モンティアーノ・ラツィオ・ロッソ・ファレスコ。
   066_convert_20151216095917.jpg

 イタリア、ラツィオ産メルロー100パーセント。
 深みのあるルビー色の色調。
 赤いベリー系果実味のジャムの香り。
 洗練されたまろやかさとエレガントな味わいが広がる、余韻の長い赤ワイン。

PageTop

ふぐ問屋さかい


 12月3日、木曜日。

 水曜日までは晴れが続いていたのに、朝になったら激しい雨。
   006_convert_20151209111218.jpg

  メンバーも揃わず、たった一人の寂しいラウンド。
   009_convert_20151209111237.jpg

 おまけにこの前の組、超スロー。
   012_convert_20151209111249.jpg

 早くあったかいお風呂に入りたいよう!

 マルゲンミートで黒毛和牛の挽き肉を購入。
   021_convert_20151209111338.jpg

 フンギ・ポルチーニも使って、今夜はボローニャ風パスタ(ミートソース)にします。
   018_convert_20151209111319.jpg

 まず、野菜をじっくり炒めてソフリットを作ります。
   023_convert_20151209112300.jpg

 それから挽き肉を足して、今度は強火でしっかり炒めます。
   025_convert_20151209112316.jpg

 赤ワイン、ホールトマト、お湯で戻したフンギ・ポルチーニなどを足して、しばらく煮込んだら出来上がり。
   030_convert_20151209112355.jpg

 おろしたてのパルメザンチーズはたっぷりと。

 もう一品はヒラメとイチゴのカルパッチョ。
   026_convert_20151209112337.jpg

 砕いたアーモンドがアクセントです。


 12月4日、金曜日。

 前菜はカプレーゼ。
   032_convert_20151209112412.jpg

 クリスマスの模様のようです。

 そして主菜は昨日のミートソースの残りを使ってドリアにしてみました。
   038_convert_20151209112512.jpg

 昨日マルゲンでマリボー、グリュイエル、ゴーダなどのグラタン用のチーズを購入していたので、これらを使ってみました。
   036_convert_20151209112447.jpg

 このチーズの焼けた香りがたまらない!
   040_convert_20151209112529.jpg


 シャンパーニュ、ラミアブル・ブリュット・グラン・クリュ。
   034_convert_20151209112427.jpg

 柔らかな酸味のみずみずしい果実の芳香が広がり、魅力的な密度の口当たり。


 12月5日、土曜日。

 愛知県三河湾から天然特大活き車海老をお取り寄せしてみました。
   049_convert_20151209112630.jpg

 車海老はサイズが大きくなるほど、貴重で値段も跳ね上がってきます。
 これは一匹100グラムサイズで3000円ほど。
 6匹でいくらだ?
 これをいつものように海老フライに。
   053_convert_20151209112712.jpg

 甘くて、プリプリしてて美味しいです!
   060_convert_20151209112739.jpg

 シャンパーニュ、ランソン。
   111_convert_20151209113254.jpg

 最も古いシャンパーニュハウスの一つの老舗です。
 熟したリンゴや桃のフルーティーな香りと複雑な甘草、黒コショウのアロマ。
 そして豊かでドライで充実感のある味わいが見事。


 12月6日、日曜日。

 東コースでAクラスの競技。
 天気はもうこれ以上にないくらいの晴天。
   104_convert_20151209112759.jpg

 そこそこのスコアで上がれると思っていたのですが、これがとんでもない思い上がりでした。
 ドライバーショットが思いっきり曲がったり、3パット、4パットをやらかしたり。
   106_convert_20151209112819.jpg

 もうどうしていいのか、分からなくなってしまいました。
 矢部プロ、今度またよろしくお願いします。

 マルゲンミートで黒毛和牛すね肉を購入しました。
   043_convert_20151209112548.jpg

 これを切り分け、しっかり炒めてからたっぷりのブルゴーニュ産赤ワインを投入します。
   045_convert_20151209112611.jpg
   051_convert_20151209112650.jpg

 2,3時間ほど煮込んで野菜も追加したら、出来上がり。
   109_convert_20151209113235.jpg

 ブフ・ブルギニヨン、ブルゴーニュ風ビーフシチューですが、とてもシンプルな調理法でまさしくフランス田舎料理なのでしょう。
 牛肉とワインの旨みがたっぷり、そしてすね肉はとろけるほどに柔らかです。

 これに合わせるのは当然ながらブルゴーニュの赤ワインで。
   113_convert_20151209113311.jpg

 シャンボール・ミュジニー、プルミエ・クリュ、レ・クラ。
 フルーティーな果実味と滑らかなタンニンのとても繊細でエレガントなワインです。


 12月8日、火曜日。

 下関のふぐ問屋さかいから天然とら河豚のセットをお取り寄せしてみました。
   119_convert_20151209113346.jpg

 最近河豚の取り寄せには失敗を繰り返していましたから、万全を期して評判がよいが、値段も張る店を選んでみました。

 まず、お刺身。
   122_convert_20151209113409.jpg

 盛り付けが大変きれい。
   127_convert_20151209113428.jpg

 そして、味もいいです。
 ほんのりとした甘みとコリコリとした食感が素晴らしいです。

 そして鍋。
   129_convert_20151209113446.jpg

 この河豚の身、見た目もつやつやしてて美味しそうです。
   131_convert_20151209113503.jpg

 実際に食べてみると、弾力の強さ、香りの良さ、身の甘みがどれも半端ない!
 正直に言って、ぼくが今までに試した中で最高の美味しさでした。

 当然ながら、雑炊もめちゃくちゃに美味い。
   136_convert_20151209113543.jpg
   138_convert_20151209113557.jpg

 気品のある旨みです。

 シャンパーニュ、ヴァンドヴィル。
   133_convert_20151209113523.jpg

 完全無農薬で今注目を浴びている若手作り手のメゾンです。
 黄金色の輝き。
 バニラの香り。
 コクのある味わい。
 ピンク色のハートのラベルが可愛い。

PageTop