ゴルフ、野鳥、時々グルメ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ダ ダダ

 5月26日、月曜日。
 庭のバラ、盛りは過ぎましたが、まだこれから咲き始めるものも。
   45-27-16.jpg
   45-27-17.jpg

 どちらも小輪のタイプで可憐で綺麗です。

 お取り寄せしていた、沖縄の島バナナの一房が食べ頃に熟してきました。
   45-27-26.jpg

 いつも食べるバナナと比べると、甘みが強く変なバナナ臭さがありません。
   45-27-27.jpg

 なかなか美味。



5月27日、火曜日。

 夕食は寿司処、俢で。
   45-27-1.jpg

 最初に出たのが車海老と茄子のゴマ味噌和え。
   45-27-2.jpg

 涼しげで美味い。

 次は常陸牛の網焼き。
   45-27-3.jpg

 ぼくには少ししつこく感じます。

 そして牡蠣フライ。
   45-27-4.jpg

 旬でない割にはなかなか。

 蟹クリームコロッケ。
   45-27-5.jpg

 ここの定番メニュー。

 最後に大将おまかせ握り。
   45-27-6.jpg
   45-27-7.jpg

 ウニイクラも付いて、かなり満足。

 また来たいね。



 5月28日、水曜日。

 ネットで注文していた、活き車海老、琵琶湖の稚鮎、江戸前の穴子が届きました。
   45-27-8.jpg
   45-27-9.jpg
   45-27-10.jpg

 車海老の数匹は踊り食いで。
   45-27-11.jpg

 身がコリコリしてて美味しい!

 残りとほかの食材は天ぷらにしますが、今回はぼくは調理せず妻に任せます。
 何故って、一番美味しい揚げたての天ぷらを、揚げる人は食べられないからです。
   
 海老と稚鮎。
   45-27-13.jpg

 穴子。
   45-27-14.jpg


 出来栄えと味はノーコメントです。
 でも今度天ぷらを作るときはぼくが揚げようと思います。

 天ぷらとシャンパーニュを合わせて。
   45-27-15.jpg

 ヴォレロー・ロゼ、ピノ・ノワール100%。
 存在感のあるしっかりとした果実味と酸味。
 グレープフルーツのような心地よい苦み。



 5月29日、木曜日。

 朝に野暮用があって、遅い時間、江戸崎カントリーで久々のラウンド。
 キャディもなしのたった一人のプレーも久しぶり。

 それでも一人で楽しくプレーしていたのですが、今日はトラブルに巻き込まれてしまいました。
 前のおっさん4人組、非常にスロープレー。
   45-27-19.jpg

 それにはもう慣れているぼくですが、途中で戻ってきたりもします。
 この意味不明な行動にはぼくもお手上げ、一度打ち込み気味のボールを打ってしまいました。
 すかさず謝りに行きましたが、許してくれません。
 最後は胸倉をつかまれ、殴られかけました。
 あわや傷害事件です。

 ぼくの長いゴルフ歴の中で、こんな体験、初めてです。
   45-27-18.jpg

 トラウマになりそう!

 結局その後はゴルフを続ける気にならず、6番で終了。

 一旦自宅に帰って、ダ ダダと言うイタリアワインの店でランチを。
   45-27-23.jpg

 まず、お勧めの白ワイン。
   45-27-22.jpg

 前菜は石岡産のモッツァレラと生ハム。
   45-27-20.jpg

 これは日本人が作ったパルマハム。
   45-27-21.jpg

 最後にカルボナーラを。
   45-27-25.jpg

 まずまずのお味で。

スポンサーサイト

PageTop

カルミア

 5月23日、金曜日。

 鉢植えのレモンの花が咲き始めました。
   45-24-1.jpg

 純潔の白い花です。

 今夜の夕食。

 まず前菜にモッツァレラとスモークサーモンのサラダ。
   45-24-2.jpg

 主食はカラスミのパスタ。
   45-24-3.jpg

 このカラスミは以前にイシイ先生からいただいたもの。
 先生、ありがとうございます。
 とても美味しくいただきました。

 シャンパーニュ、テオフィルを合わせて。
   45-24-4.jpg

 輝きのある淡いゴールド色。
 清涼感のある優雅な香り。



 5月24日、土曜日。

今、京都で人気のあるという旨辛そばをお取り寄せしてみました。
   45-24-5.jpg

 お昼はこれを試食してみましょう。
   45-24-6.jpg

 さて、どうでしょう?

 お口に入れた瞬間、「オエ~!」
 ぼくはたったの一口も食べることが出来ませんでした。
 秒殺でした。

 新しいものに挑戦するときに失敗はつきもの、ですがあまりにまずすぎてショックです。


 夕食はやはりこれもお取り寄せした、北海道のバフンウニ、いまが旬のヒラマサ、本わさびなどでどんぶり。
   45-24-7.jpg
   45-24-8.jpg
   45-24-9.jpg

 ウニも美味いけど、ヒラマサ、コリコリしていて臭みもなくて美味しかったです。
   45-24-10.jpg

 ワインはスペインの白を。
   45-24-11.jpg

 エストラテゴ・レアル・ブランコ。
 輝きと透明感のある黄緑色。
 フレッシュな4りんご、ピーチのアロマ。



 5月25日、日曜日。

 今日はAクラスの競技会。
   45-24-12.jpg

 最近、試合のたびに腰痛が悪化して、リタイアが続いているので、ホールアウト出来ることが今日の目標です。
   45-24-13.jpg

 かなりしょぼい目標ですけどね。

 中コース9番ティグラウンド近くのカルミアが咲いてきました。
   45-24-14.jpg

 つぼみは金平糖のよう。
 花は開いた洋傘のよう。

 ゴルフはおかげさまで無事、ホールアウトできました。
   45-24-18.jpg

 ただし、スコアは忘れました。

 夕食。
 前菜はヒラマサのカルパッチョ。
   45-24-15.jpg

 主菜がオムレツ風パスタ。
   45-24-16.jpg

 お好み焼きみたいでもありますが、一応パスタです。
   45-24-17.jpg

 ただし、あまり美味くなく。
 

PageTop

ロシア産天然キャビア

 5月19日、月曜日。

 自宅のバラ、ますます花が増えてきました。
   45-22-4.jpg

 ほとんど満開に近い状態。
   45-22-5.jpg

 美し過ぎる!
   45-22-6.jpg

 ミニバラも可愛く咲いています。
   45-22-3.jpg

 ネットで注文していた、ロシア産天然フレッシュキャビアが届きました。
   45-22-1.jpg

 これもとても高価なものですが、たまにどうしても食べたくなってしまいます。

 薄く切ってトーストしたバケットに乗せて食べると、もう最高の気分。
   45-22-2.jpg

 この独特のまったりとしたコクと旨み、プチプチとした食感は格別です。

 これにポル・ロジェというシャンパーニュを合わせて。
   45-22-11.jpg

 英国王室御用達の伝統のシャンパーニュです。
 それにしてもこの組み合わせ、最高です。



 5月20日、火曜日。

 マルゲンミートで牛挽き肉を購入。
   45-22-7.jpg

 と言うことは今夜はハンバーグ!

 ハンバーグを両面炒めたあと、ぼくは仕上げにオーブンで焼きます。
   45-22-8.jpg

 そのほうが焼き目がこんがりになるからです。

 ソースは赤ワイン、ケチャップ、ウスターソースを使って。
   45-22-9.jpg

 トリュフも乗せてみました。

 まずまずのお味で。

 ワインはイタリア、トスカーナ地方を代表する偉大なるワイン、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ。
   45-22-10.jpg

 このペルティマリはパーカーポイント、94点を獲得しています。
 パーカー氏曰く、活気があり、新鮮で驚くほど大量の果実味とのこと。



 5月21日、水曜日。

 今夜もマルゲンミートの食材。
   45-22-12.jpg

 近江牛ヒレ肉でステーキ。
   45-22-13.jpg

 黄色い付け合せは黄色のズッキーニのソテー。
 今回もトリュフを乗せています。
   45-22-14.jpg

  中のお肉には微妙に火が通ってる程度で、このくらいの火加減が一番好きです。

 ワインはアメリカ、セントラルコーストのスミス&フック。
   45-22-20.jpg

 黒系フルーツとスパイスの混じった複雑な香り。
 緻密でなめらかなタンニン。
 お値段3000円台にして、パーカーポイント94点。
 コスパも素晴らしい。



 5月22日、木曜日。

 今日の東筑波、昨日の嵐とは打って変わってとても爽やかな天気です。
   45-22-17.jpg

 残念ながら今日も混雑していますが、この陽気でゴルフやれるんだから、多少の渋滞は目を瞑るしかないようです。
   45-22-18.jpg

 て言うか、ぼくの同伴者がプレーが遅くて、最初のハーフはうちの組が渋滞の先頭になっていました。 
   45-22-17.jpg

 「遅くてウザいよー!」
   45-22-15.jpg
 「ホアー!」

 帰宅したらバラの手入れ。
   45-22-21.jpg

 昨日の大雨のダメージはあまりひどくはなかったみたい。
 アイスバーグはついに満開。
   45-22-22.jpg

 アンジェラも大量の綺麗なピンクの花を付けています。
   45-22-23.jpg

 夕食はステーキチャーハンで地味に。

   45-22-19.jpg

PageTop

怖い顔コンテスト

 5月16日、金曜日。

 九州フェアをやってるとのうわさを聞き、久しぶりに桃花林にお邪魔を。
   45-18-1.jpg

 メニューには美味しそうな九州産の食材を使った料理が並んでいたので、その中からいくつかオーダーしてみました。

 とりあえず15年もの紹興酒。
   45-18-2.jpg

 そして最初の料理は熊本産車海老の塩炒め。
   45-18-3.jpg

 これは活き車海老を使っているので、海老が甘くてプリプリです。

 玄界灘産スルメイカのフリッター。
   45-18-4.jpg

 衣はカリカリ、イカは柔らか。

 佐賀牛ロースの黒コショウ炒め。
   45-18-5.jpg

 しつこいロース肉も野菜と食べるとさっぱりします。

 活きた渡り蟹が運び込まれてきました。
   45-18-6.jpg

 これを今から調理してもらいます。

 九州産渡り蟹と春雨の土鍋煮込み。
   45-18-7.jpg

 当然蟹は身がしっかりとしてて甘みがあります。
   45-18-8.jpg

 そして春雨もスープの旨みをたっぷりと吸っていて極上の味わいに。

 博多一番どりの細切りつゆそば。
   45-18-9.jpg

 阿蘇の高菜漬けと帆立のチャーハン。
   45-18-10.jpg

 デザートとして九州産デコポン果肉のせ杏仁豆腐と中国風蒸しカステラ。
   45-18-11.jpg

 全てが立派なお味でした。
 中華料理、最強!



 5月17日、土曜日。

ネットで注文していた、浜名湖産天然ウナギの白焼きが届きました。
   45-18-12.jpg

 これは今時、かなり貴重であり高価でもあります。

 これをまず蒸して、タレを付けながら焼いて蒲焼きにし、うな重でいただきます。
   45-18-13.jpg

 う~ん、これは美味しい!
   45-18-14.jpg

 身がしっかりしていて、生臭さはまったくありません。
 ウナギがこんなにも美味しいものだと初めて実感しました。

 イタリアのタウラージを合わせてみましょう。
   45-18-15.jpg

 ヴェゼーヴォ。
 カンパーニャ地方、品種はアリアニコ。
 上品なカカオ、レーズンの香り、洗練されてなめらかなタンニン。
 以外とウナギとマッチしたかも。



 5月18日、日曜日。

 今朝は早くに起きてバラのために一時間をかけて農薬散布。
   45-18-16.jpg

 今までの苦労がようやく報われる時が来ました。
   45-18-17.jpg

 もうすぐ満開です。

 バラの手入れが終わって、それからいそいそと東筑波へ。
   45-18-18.jpg

 風はあまり強くなく、日差しのまぶしい典型的な五月晴れの一日。
   45-18-19.jpg

 もちろん、ゴルフするには絶好の陽気です。

 南5番ティグラウンド近くの白くて綺麗な花。
   45-18-20.jpg

 これは支配人に教えていただきました。
 ニセアカシア。

 昼食タイム。
 同伴のメンバー4人で怖い顔コンテストをやってみました。
   45-18-21.jpg

 さて、優勝は誰でしょう?
 やっぱりこの人!

 ゴルフを終えて帰宅すると、ネットで注文していた、アオリイカが届いていました。
   45-18-22.jpg

 イカの中でも最も美味だと言われる、アオリイカ、今が旬です。

 調理法はワンパターンながら、イカ墨パスタで。
   45-18-23.jpg

 墨の量があまり多くなかったので、それほど黒くできませんでしたが、結構美味しかったです。
 イカ墨の香りが最高、身も甘く柔らかく。

 ワインはイタリア、ロンバルディア地方のロゼ、モルメンティ・コスタリパ。
   45-18-24.jpg

 ローズ、イチゴの香り、奥行きのある完璧なロゼ。

PageTop

カキツバタ

 5月12日、月曜日。

 お庭のバラ、あちらこちらで一気に咲き始めてきました。

 赤くて大輪のバラ。
   45-13-2.jpg

 白くて中輪のバラ。
   45-13-9.jpg

 カクテルは今が満開の時期。
   45-13-3.jpg

 クレマティス・フジムスメはバラと対照的に青く綺麗に咲いています。
   45-13-8.jpg

 黒い妖艶なバラはテーブルで飾ります。
   45-13-18.jpg

 うちのお庭、きっと一週間後には大変なことになってると思います。

 夕食は昨日の寿司ネタの残りを使って、ウニイクラ丼。
   45-13-1.jpg

 たいして旨くもなく。



 5月13日、火曜日。

 霧島鶏の丸一羽をお取り寄せしました。
 これをオーブンでじっくり焼いて、ローストチキンです。
   45-13-4.jpg

 調理するのはもちろん、切り分けるのもぼくの役目です。
   45-13-5.jpg

 この鶏は2回目ですが、やはり身がしっかりしていて、旨味がたっぷりあります。
 ただ、丸一羽はかなりでかい!

 腹の中に込めたのは、レバーライス。
   45-13-6.jpg

 これが鶏の旨みを吸ってまた美味しいんだ。

 ドゥラモッテ。
   45-13-7.jpg

 幻のシャンパーニュと言われたサロン。
 その姉妹分にあたるのがこのドゥラモッテです。
 グラン・クリュのシャルドネだけを使用した生粋のブラン・ド・ブランです。




 5月13日、水曜日。

 ローストチキンの翌日はその残り物を使って、我が家のお約束のクラブハウスサンド。
   45-13-10.jpg

 サンタ・クリスティーナ。
   45-13-11.jpg

 イタリア、シチリア産ピノ・グリージョをフレッシュに仕上げた白ワイン。
 風味が豊かで柔らかい口当たり。



 5月14日、木曜日。

 昨日の真夏の陽気が一変、今日は雨まじりの肌寒い天気です。
   45-13-14.jpg

 なかなか半袖、ショーツでのゴルフの機会がありません。
   45-13-12.jpg

 でもレインウェアを着るほどでもなかったのが救い。
   45-13-16.jpg

 中8番グリーン奥でヤマボウシを見つけました。
   45-13-13.jpg

 この実は食べれるらしいですよ。

 南9番では紫のカキツバタが満開。
   45-13-15.jpg

 今の時期に水辺に咲いているのがカキツバタです。

 帰り道で今度は黄色いアヤメを見つけました。
   45-13-17.jpg

 乾燥地にあるからアヤメです。

 夕食はまだまだローストチキンの残りを使います。
 鶏ガラからスープをとります。
   45-13-19.jpg

 その前に前菜のゴルゴンゾーラチーズ。
   45-13-20.jpg

 ナッツ、はちみつの組み合わせはたまりません。

 イタリアの卵入りパスタ、カポーニがありました。
   45-13-21.jpg

 これと鶏ガラスープで濃厚なスープパスタが出来上がりました。
   45-13-22.jpg

 とにかく、スープが美味い!
 
  

PageTop

スパニッシュ・ビューティー

 5月8日、木曜日。

 自宅の庭のモッコウバラが散り始めてきたら、今度はスパニッシュ・ビューティーが花を増やしてきました。
   45-11-6.jpg

 大柄の綺麗なピンク色の花がたくさん咲くとなかなか壮観なものです。

 おとといの腰痛ショックから早くも立ち直り、今日も東筑波に参りました。

 楽しくゴルフをやっていると「ケーン、ケーン。」
 キジの鳴き声。
   45-11-5.jpg

 あっ、いました。
 のんびりのんきに歩いています。
 キジも鳴かずば撃たれまい。
 猟師に撃たれないよう、気を付けてね。

 今日のぼくのウェア、黒地に白のドットポイントですが、地味だねと言われてしまいました。
   45-11-3.jpg

 午後はその反転の柄で。
   45-11-4.jpg
 地味ですいません。
 ご同伴は歯医者さんのヨコタさん。
 またご一緒させてください。





 5月9日、金曜日。

 夕食はお取り寄せした、淡路島産の天然真鯛、天然活き伊勢海老、天然ウマズラを使って中華料理を。
   45-11-7.jpg
   45-11-8.jpg

 まずウマズラは肝が美味いので、これをソースにした炒め物。
   45-11-9.jpg

 これ、頭も炒めているの、わかりますか?

 真鯛は蒸し物で。
   45-11-10.jpg

 このトッピングがピリ辛で、淡白な鯛の身のアクセントになっています。

 伊勢海老は豆板醤炒めで。
   45-11-11.jpg

 これはめちゃくちゃ美味しかった。
 活きのものはどう料理しても美味い!

 これに何故か、イタリアのスプマンテを合わせてみました。
   45-11-12.jpg

 今、イタリアで注目を浴びている、紫の泡、コンチェルト。
 しっかりと感じる果実味と程よく舌を刺激する心地よい泡。





5月10日、土曜日。

 マルゲンミートでまたまた近江牛ヒレ肉を購入、あとフランスの青かびタイプのチーズ、ブルー・ド・ジェックスも買ってみました。
   45-11-13.jpg
   45-11-14.jpg


 これで今夜もステーキ、チーズソース、トリュフ乗せです。
   45-11-16.jpg

 見た目、ばっちいですね。
 すでにかなり酔っぱらっていたせいかも。
   45-11-17.jpg

 味はまあまあ、トリュフの香りも素敵です。

 ベンジガー。
   45-11-15.jpg

 アメリカ、ソノマ地区、カベルネ・ソーヴィニヨン。
 深い赤紫色でブラックチェリーやカシスなどの果実の香り、そしてなめらかなタンニン。



 
 5月11日、日曜日。

 今日も東筑波で1,5ラウンド。
 もう真夏のような日差し、ぼくもだいぶ日焼けしてきました。

 きょうのゴルフウェア、一見地味です。
   45-11-18.jpg

 ただ、同柄のタータンチェックがシャツ、パンツの一部分に入っています。
   45-11-19.jpg

 さりげなくオシャレでしょ。

 午後も色違いで、上下にタータンチェックが。
   45-11-20.jpg
   45-11-21.jpg

 ただ、一緒にプレーしていた人には誰にも気づかれませんでした。
 ちょっと虚しい。

 南コースの茶店、今日は若い可愛い女の子です。
   45-11-22.jpg

 その若さをぼくに少しください!

 しばらくして同じ場所に来たら、今度はモトちゃんがいました。
   45-11-23.jpg

 やっぱり若くて綺麗ですね。


 帰宅したら、ネットで注文していた、手巻き寿司セットが届いていました。
 サヨリの小笹漬けも。
   45-11-24.jpg

 楽しく美味しく食べたと思うのですが、すでに泥酔していたらしく、記憶にも記録にもこの先のことは残っていません でした。
   45-11-26.jpg


 かなりダサい!
 
 

PageTop

腰痛

 5月2日、金曜日。

 今夜の夕食はマルゲンミートで購入した近江牛特選ロースを使って、すき焼き。
   IMG_9195.jpg

 お肉を焼いて卵にからめて口に頬張ると、とても柔らかくてすぐにとろけます。
   IMG_9198.jpg




 5月3日、土曜日。

 今日からぼくは4連休。
 当然4日連続で東筑波でゴルフですが何か?
   IMG_9207.jpg


 さて、その初日の今日は天気に恵まれ、まずまず。
 ゴルフも気さくなメンバーと楽しく回ることが出来ました。
   IMG_9202.jpg

 帰宅すると、イタリア産サマートリュフが届いていました。
   IMG_9216.jpg

 これはあとでパスタにします。

 前菜はモッツァレラと生ハム。
   IMG_9230.jpg

 パスタはトリュフのクリームソース。
   IMG_9228.jpg

 仕上げに専用のスライサーでトリュフを降りかけます。
   IMG_9226.jpg

 強烈な独特の匂いです。
 でも癖になりそうでちょっとやばい。

 
 これに合わせるのはやはりイタリアの白。
   IMG_9221.jpg

 ウンブリアの宝石と呼ばれている、チェルヴェロ・デラ・サラ。
 ヴァニラ、樽、ナッツ、ハチミツなどの芳醇で豊かなアロマ。




 5月4日、日曜日。

 今日もゴルフには最適の五月晴れ。
 むしろ真夏のような暑さとなりました。
   IMG_9240.jpg

 しかし、ラウンド目のティーショットの瞬間に不幸が待っていました。
 イテテ!
 久方の腰痛再発です。
   IMG_9242.jpg

 セカンド地点まで歩くこともままならず、結局今日はここでリタイア。
 まだ午前中だというのに、ゴルフ場を後にしました。


 帰宅して、ひまになったのでお庭の散策を。

 モッコウバラはそろそろおしまいのようです。
   IMG_9212.jpg

 大変楽しませていただきました。

  スパニッシュ・ビューティー。
   IMG_9273.jpg
   
 好きなバラの一つです。
 ピンクの大きめの花がうつむき気味に咲いています。

 カクテル。
   IMG_9279.jpg

 一重咲きの可憐なバラ。

 グラハム・トーマス。
   IMG_9274.jpg

 花数が増えてきました。

 クレマティス。
   IMG_9231.jpg

 朝顔ではありません。

  
 名の知らない青くて綺麗な花。
   IMG_9277.jpg

 スターマインみたい。
 ドーン、パラパラって感じで。

 夜の夕食は海老、アサリ、豚肉のバーモンドカレー。
   IMG_9256.jpg

 魚介、豚のだしをしっかり取りましたから、なかなかのお味でしたよ。
 バーモンドカレーにしては。




 5月5日、月曜日、こどもの日。

 腰に湿布を張り、コルセットをしっかり巻きつけ、準備万端。
   IMG_9260.jpg

 かなり無理をしながらも、オジマッチと二人で1,5ラウンド回り切りました。
   IMG_9266.jpg

 キャディはオニワさん。
   IMG_9264.jpg

 男に庭と書いてオニワと呼ぶらしいです。
 彼女の庭には男がいっぱい転がっているらしい。

 駐車場から見えるツツジ。
   IMG_9269.jpg

 ピンクで綺麗。
 



 5月6日、火曜日、振り替え休日。

 今日は理事長杯。

 メンバーシップのゴルフ場では大事な試合。
 これに優勝すると、その名前は優勝ボードに永遠に刻まれます。
   IMG_9272.jpg

 それなのにぼくは昨日の無理がたたり、腰痛が悪化し、ハーフでギブアップ。
 情けなさすぎ。
 ぼくの名前なんか、どこにも残らなくてもいいのさ。

 また午前中に帰宅。
 昼食は近所のラーメン屋さんに寄ってみました。
 炙り味噌ラーメンとか、書いています。
   IMG_9285.jpg

 そこで特製味噌ラーメンと餃子を注文してみました。
   IMG_9284.jpg
   IMG_9281.jpg

 この店はつくばスタイルという本に載っていたので期待していたのですが、ぼくにとってはいまいち。

 新しい店を開拓することは大事なのですが、結果的に大抵は期待外れに終わります。

 夕食はゴーヤチャンプルーと麻婆春雨。
   IMG_9294.jpg
   IMG_9296.jpg

 これでぼくのゴールデンウィークもおわり。
 なんだか、冴えないバカンスでした。

 

PageTop

オオルリ

 4月28日、月曜日。

 今夜は家族三人でシュクルアンローズへ。
最上級のデグスタシオンコースをオーダーしましたが、ぼくのスマホがエラーを起こしてしまい、画像に残ったのはメインディッシュ、常陸牛のグリルから。
   IMG_9107.jpg

 フルコースのメニュー、ほとんど消してしまい、ホントに残念です。

  持参のワインはシャトー・ラフィット・ロートシルト、2007年。
   IMG_9108.jpg

 五大シャトーの一つ、美味しい料理には最高のワインで合わせてみました。

 リエさんお得意のデザートはミルフィーユ。
   IMG_9110.jpg

 パイ生地がサクサクしてて美味しい!

 シルバン、リエさん、今夜はお世話になりなした。
   IMG_9115.jpg

 うちの息子も大満足です。



 
 4月29日、火曜日、昭和の日。

 ゴールデンウィーク初日は肌寒い一日。
   IMG_9117.jpg

 また長袖に逆戻りです。

 満開の八重桜、今日が見頃みたい。
   IMG_9122.jpg

 落ちた花びらで、下のフェアウェイにピンクの絨毯を敷き詰めたみたいで、これも綺麗。
   IMG_9120.jpg
 

 今日の東筑波は朝から渋滞気味。
   IMG_9126.jpg

 それぞれのハーフが2時間30分、2時間30分、3時間。
 このプレー速度に少し慣れてきたのか、2時間30分は普通に感じます。

 今日の同伴はサカキバラ先生、イシイ先生、オジマッチ。
   IMG_9133.jpg

 ジジイが四人も集まってしまいました。





 4月30日、水曜日。

 ネットで注文していた、淡路島産のメバル、舌平目、アシアカ海老が届きました。
   IMG_9150.jpg

 今夜は家庭料理風にメバルは塩焼き、舌平目はフライ、海老は素揚げにしてみます。
   IMG_9156.jpg
   IMG_9159.jpg
   IMG_9160.jpg

 この時期、特にメバルが美味しいです。

 アスティ。
   IMG_9163.jpg

 イタリアのスプマンテ。
 マスカットのソーダのように甘くて飲みやすいです。

 ドメーヌ・ヴァインバック、ピノ・グリ。
   IMG_9154.jpg

 フランス、アルザス地方。
 辛口ながらも蜂蜜のような甘い香り。





 5月1日、木曜日。

 天気予報をろくに確認もせずに半袖で出かけたら、最初のハーフは土砂降りの雨。
   IMG_9169.jpg

 ずぶ濡れになりながらのプレー、寒くて辛かったなー。

 9時過ぎからは天気は持ち直し、やがて日が出てくるようになると、今度はむしろ暑いくらいに。
   IMG_9180.jpg

 
 今はツツジが見頃。
 ピンクのツツジ。
   IMG_9177.jpg

 オレンジ色のツツジ。
   IMG_9132.jpg

 どれも見事です。

 そして今日はなんと、オオルリの鳴き声を聞くことが出来ました。
 渡る途中でしょうか、とても貴重でめずらしい体験でした。
   IMG_9182.jpg

 ハルちゃん、オオルリの声、綺麗だったね!

 今夜のディナーはマルゲンミートで購入した近江牛のヒレ肉を使って、ステーキ。
   IMG_9185.jpg

 いつものようにフランベして。
   IMG_9189.jpg

 いただきます。
   IMG_9192.jpg


 お供のワインは南アフリカ産で。
   IMG_9164.jpg

 アレクサンダー・フォンティン、シラーズ。
 ブラックペッパーやハーブなどのスパイシーな香り。
 タンニンはよくまとまっていてスムーズな口当たり。 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。