ゴルフ、野鳥、時々グルメ

マルゲンミート


 8月27日、火曜日。

 今夜は久しぶりにマルゲンミートの近江牛を購入、ヒレとサーロインで食べ比べをしてみました。
 ぼくは肉を焼く前に、バターでニンニクを弱火でじっくり炒めます。
   38-30-2.jpg

 ニンニクが焦げる寸前に取り出し、残りのバターで肉を焼きます。
 バターとニンニクのいい香りを肉にうつすことで、肉が美味しくなるんじゃないかと思っています。

 さあ、焼き上がりました。
   38-30-3.jpg


 まずはサーロインから食べてみましょう。
   38-30-4.jpg

 ちょっと脂っこいので、普段はあまり食べないのですが、これは比較的あっさりしていたので、美味しくいただくことが出来ました。
 たまにはサーロインも悪くはないかも。

 それからヒレ。
   38-30-5.jpg

 脂身が少なく、肉の旨みもたっぷり。
 さすがマルゲンミート、いい肉を扱っています。

 
 パラダックス ナパ・ヴァレー。
   38-30-1.jpg

 力強く且つ優美なナパヴァレーの赤ワイン。
 荒々しいカリフォルニア土着のジンファンデルと偉大なカベルネ・ソーヴィニヨンの融合です。

 美味すぎてやばいよ!


 8月28日、水曜日。

 今日の夕食は寿司 花風のお弁当です。
   38-30-6.jpg

 一応特上を注文したのですがどうでしょう。
   38-30-8.jpg

 左上から順番に大トロ、マグロのヅケ、イサキ、サヨリ。
 ウニ、トロ、カニの海苔巻。
 タコ、卵焼き、湯葉、穴子。
 旬のネタが勢ぞろいした感じです。

 これに群馬、藤岡の純米吟醸、厳(いわお)を合わせてみました。
   38-30-7.jpg

 柑橘系の香りが強烈、そして切れ味抜群の酸味がグッド!

 今夜も飲み過ぎちまう!



 8月29日、木曜日。

 今日は東筑波カントリーで1,5ラウンド。
   38-30-9.jpg

 ここ、コースも良くて食事も美味しいのでメンバーになっちゃいました。
 江戸崎、ごめん!

スポンサーサイト

PageTop

うにのむらかみ

 8月23日、金曜日。

 仕事から帰宅すると、ネットで注文していた、ウニとイクラが着いていました。
   38-25-1.jpg
   
 今回お取り寄せしたサイトは「うにのむらかみ」と言う函館のウニ専門店です。
 利尻、礼文のバフンウニをいい粒だけを厳選し、ミョウバンも使わずに出荷しています。

 現地お取り寄せよりは多少値は高めですが、絶対にはずすことはありません。

 今回もウニイクラ丼にして食べてみましょう。
 ご飯は酢飯で。
   38-25-2.jpg


 やっぱりこのウニ、美味い!
 ミョウバン使ってないのに、粒がしっかりしてる。
   38-25-3.jpg

 そして甘い!

 今まで色々なサイトで多くのウニを取り寄せましたが、ここが最高で決まりです。



 8月24日、土曜日。

 暦の上ではとっくに秋を迎えていますが、ぼくはまだまだ夏バテがひどく食欲もだいぶ落ちています。

 そこで今夜はさっぱりしたものと食欲の出るものを作ってみました。
 まずはトマトとモッツァレラチーズのサラダ。
   38-25-5.jpg

 と言ってもただ薄く切って重ねただけなんですけど。
 塩コショウして、オリーブオイルをたっぷりかけて、バジルの葉をのせるとちょっとおしゃれに見えるでしょ。
 
 それから、ベーコン、茄子、ズッキーニのパスタ、オクラのせ。
   38-25-6.jpg

 ニンニク、唐辛子味のパスタ(ペペロンチーネ)に夏の旬の野菜を合わせてみました。
 これは美味そう!
 とくに油を吸った茄子は最高!
 おかげさまで完食しました。

  ベンフォールド・クヌンガ、シャルドネ。
   38-25-4.jpg

 オーストラリアの白ワイン。
 よく熟した果実の香りと樽の風味。
 またこのシャルドネがパスタによく合うこと!




 8月25日、日曜日。


 今日は江戸崎でゴルフ。
   38-25-7.jpg

 なんと競技ゴルフに紛れ込んでしまいました。

 ぼくは普段、まったくスコアを付けないので、こういう時はかなりプレッシャーがかかります。
 でも気の知れた方たちと一緒だったのでいくらか楽でした。
   38-25-8.jpg

 みなさん、場違いの男が大変迷惑をかけました。
 もう誘わないなんて言わないでね。

 
 夕食は地味に冷凍の海老を使った海老フライ。
   38-25-9.jpg

 たいして美味くはないけど、ワインがあればぼくは幸せ。
 モンテス・アルファとバルディエソ。
 どちらもチリのワインです。

 チープなもの同士の組み合わせもたまには悪くないか。

PageTop

カラスミのパスタ

 8月19日、月曜日。

 ネットで注文していた、台湾産のカラスミが着きました。
   38-22-1.jpg

 長崎産のほうが味、香りともはるかに勝っていると思うのですがそちらは若干値が張りますから。

 カラスミはボラの卵巣を加工したものです。
   38-22-2.jpg

 薄皮をむくと、カラスミ独特の香りが周りにただよってきます。

 今日はこれを薄切りにして、パスタとあえてみました。
   38-22-3.jpg

 これはかなりイケますよ。
 カラスミとパスタって最高の組み合わせじゃないかな。

 今度はぜひ、長崎産で試してみたいものです。

 生ハムメロンも意外な組み合わせですが、なかなかですよ。
   38-22-4.jpg

 パッツ&ホール、シャルドネ、ダットンランチ。
   38-22-5.jpg

 アメリカ、カリフォルニア、ソノマ地区の白ワイン。
 リンゴのアロマ、熟した桃の果実味、レモンの酸味。



 8月21日、水曜日。

 今夜は久々にトラットリア・アミーチへ。
 まず注文したのはメッシーナと言うイタリアのビールとイタリアの赤ワインをグラスで。
   38-22-6.jpg
 
 「う~ん、イタリアワイン最高!」
   38-22-7.jpg


 料理は最初に真鯛のカルパッチョ。
   38-22-8.jpg

 塩コショウのシンプルな味付けにオリーブオイルの甘い香り。

  次はピザでマルゲリータ、クラシカ。
   38-22-9.jpg

 これはモッツァレラチーズの原料に水牛のミルクを使用しています。
 そのため、香りが強烈です。
 少しばかりこっちのほうが値が張りますが、ぼくは絶対にお勧めです。

 パスタはかぼちゃとマスカルポーネのトルテッリ、鴨のラグーソース。
   38-22-10.jpg

 ラビオリみたいな感じで、具をパスタで包んでます。
 かぼちゃもマスカルポーネも甘ーい!

 この店はいつ来ても新しい味の感動があり、いつも満足して帰っていきます。



 8月22日、木曜日。

 今日は東筑波カントリー。
 キャディ付き乗用カートで楽々ゴルフ。

 サオリちゃん、酔っ払いオヤジにからまれて大変でしたね。
   38-22-11.jpg

 ごめんなさい!

PageTop

黄色

 8月16日、金曜日。

 鉢植えのレモンの木。
38-18-13.jpg
   
 白くて小さな花が散った後、緑色のレモンの実をつけています。
 真夏の強い日差しを栄養にして、これからすくすく育っていきます。

 今日の夕食は沖縄料理。

 まずは、ゴーヤチャンプルー。
38-18-1.jpg

 このゴーヤの苦みが食欲をアップさせてくれるので、夏バテには最高です。

 それから、お取り寄せした、首里そば。
38-18-2.jpg

 スープは透明だけど、味は豚骨とかつお節のだしがしっかり効いてます。
 麺は歯ごたえのあるコシの強い麺です。

 汗をかきながらも、おそば、完食しました。




 8月17日、土曜日。

 夕食はホテルオークラにある、桃花林へ。
38-18-3.jpg

 とりあえずビールと15年ものの紹興酒。
38-18-4.jpg

 紹興酒、香りすごい!
 ついついワインみたいにグラスを回してしまいます。

 今日はまず、回鍋肉をオーダーしてみました。
38-18-6.jpg

 やはりぼくの作るものとは全然違います。
 豚肉がすごく柔らかいし、甜麺醤の香りも深さがあります。

 次はいつもの北京ダック。
38-18-5.jpg

 この人参でできた万年ガメは食べちゃダメだそうです。
38-18-7.jpg


 今回は常陸牛フェアーをやってるとのことで、常陸牛サイコロステーキの石焼チャーハンを注文してみました。
38-18-8.jpg

 アツアツの鉄板に乗っています。
 お肉はいい感じの焼き加減。
 ライス、下のほうは鉄板に焼かれてカリカリになっています。

 デザートにはマンゴープリン。
38-18-9.jpg

 マンゴーの香りが爽やかです。

 桃花林、ちょっと値が張るけど茨城最強間違いなし!



 8月18日、日曜日。

 いつものように江戸崎でゴルフ。

 今日の時計は黄色。
   38-18-10.jpg

 シャツも黄色。
 キャップも黄色。
 サングラスも黄色。
 マークも黄色。
 ベルトも黄色。
 ソックスも黄色。
 シューズも黄色。
 ショートパンツだけは黄色いラインの入ったブラックでした。

 はーい、サカモトさん、きょうはマスター室ですか?
   38-18-11.jpg


 午後のぼくはシャツがブラック。
 キャップがブラック。
 ソックスがブラック。
 シューズがブラックでした。

 今日の同伴です。
   38-18-12.jpg

 この中にうざい人、いませんでしたか?

PageTop

ぼくのお盆休み

 8月10日の午後から8月15日までがぼくのお盆休みです。
 11日から5日連続でゴルフの予約を入れていました。
 ところが・・・


 8月10日、土曜日。

 ネットで注文していた、さばき立ての生のウナギが着きました。
   38-11-1.jpg

 これで美味しいうな丼を作りましょう。

 頭と骨はオーブンで焼いて。
   38-11-2.jpg

 タレにつけてだしを取ります。
   38-11-3.jpg

 身のほうはまず何もつけずに焼いて白焼きにして。
   38-11-4.jpg

 それから何度かタレを付けながら焼いてかば焼きの完成。
   38-11-5.jpg

 どんぶりに乗せてうな丼、出来上がり。
   38-11-6.jpg

 ついでに肝吸いも作っちゃいました。
   38-11-7.jpg


 これにフランスのボルドーの赤ワインを合わせてみました。

 シャトー・プランス。
   38-11-8.jpg

 メルロー主体のポムロール地方のワイン。
 この地方にはシャトー・ペトリュスと言ってフランスワインの中で最も値段の高いワインがあるのですが、それが飲めない人のためのワインと言われています。




 8月11日、日曜日。

 お盆のゴルフ、一日目はザ・ゴルフクラブ・竜ヶ崎に来ました。

 今日の時計です。
   38-11-9.jpg

 エスニック、民族調なベルトをしています。

 まだスタートして2,3ホールですが、すでに暑さでマイっているところ。
   38-11-10.jpg

 「う~、売店、まだかな~。」

 今日のキャディ。
   38-11-11.jpg
「お客さん、ふらふらしてるよ。わたしが代わりに打ってあげよっか?」
 なかなかノリのいい子でした。

 男子ロッカー室の前に綺麗なブロンズを見つけました。
   38-11-12.jpg

 決してぼくは鼻の下を伸ばしていません!

夕食はつくば市の老舗フレンチ、シェ光輪へ。
   38-11-13.jpg

 ぼくが独身の頃、ここは勝負デートの場所でした。
 懐かしい・・・
 スペシャルコースでとても美味しいのがいっぱい出たと思いますが、酒の飲み過ぎで記憶がありません。
 とりあえず、こんな感じ。
   38-11-14.jpg

   38-11-15.jpg

   38-11-16.jpg

   38-11-17.jpg



 8月12日、月曜日。

 二日酔いでゴルフはキャンセル。
 目が回って、気持ち悪くて、頭が痛くて。
 もう二度と酒は飲まないぞ!
 と決心しました。

 うちにいて暇なのでDVDを2本鑑賞しました。
 1本目は「テルマ&ルイーズ」
   38-11-18.jpg

 ぼくの尊敬するリドリー スコット監督のだいぶ以前の作品ですが、見忘れていたのでこの機会に。


 もう1本は「ジャンゴ」
   38-11-19.jpg

 鬼才クェンティン タランティーノ監督の最新作。
 彼はこれでアカデミー賞脚本賞を取りましたが、NGワード出まくりのぶっ飛び映画です。



 8月13日、火曜日。

 少し元気になったので江戸崎にてゴルフ復活。

 今日の時計。
   38-11-20.jpg

 モダンアート調。

 ぼくがいつも使っているボールを紹介しましょう。
 タイトリストプロV1Xのイチゴ。
   38-11-21.jpg

 それからさくらんぼ。
   38-11-22.jpg

 可愛いでしょ!

 今日のキャディはカワシマちゃん。
   38-11-23.jpg

 またまた迷惑かけちゃったかな?

 今日の同伴。
   38-11-24.jpg

 イシカワちゃん、マツバラちゃん。
 今日のメンバーはノリがいいね!
 かなりはじけてます。



 8月14日、水曜日。

 今日も朝から江戸崎です。
   38-11-25.jpg

 「サワちゃんったら!何度言ったらわかるの!」

 いそいそとスタートしたのですが、なんと2番ホールで気持ち悪くなってギブアップ!
 昨日どれだけ酒を飲んだのか、憶えていません。
 なんだか朝まで飲んでいたような・・・


 早々とうちに帰って寝ていたら、「ピンポン」

 ネットで注文していた、活きオマール海老と根尾川の天然鮎が着きました。
   38-11-26.jpg

   38-11-27.jpg

 根尾川は鮎の友釣りのメッカと言われているところです。
 ここで釣れる鮎は姿、形、艶、匂い、そして味も日本で有数と言われています。
 しかし今年は鮎の成長が遅めで、いくらか小さめの鮎です。

 これは当然、塩焼きにして。
   38-11-29.jpg

 蓼酢をつけていただきます。
   38-11-30.jpg

 身がふっくらしてて、ワタが苦くて、スイカの香り、美味しい!


 オマール海老は15分ほど蒸していただきます。
   38-11-31.jpg

 活きたものは茹でるの、もったいないよ!

 これはレモンだけ垂らして食べます。
   38-11-32.jpg

 身がしっかりしてて甘くて美味しい!

 今夜はシャンパンを合わせましょう。
   38-11-28.jpg

 エルヴィ・ケナルディ・シャンパーニュ・グラン・クリュ。
 グラン・クリュとは特級と言う意味なんですが、ここの畑はその特級しか出さないんです。




 8月15日、木曜日。

 お盆休み、最終日。

 体調はまだまだよくありませんが、根性!で江戸崎にて18ホール完走。
  38-11-33.jpg

 生きて帰ってきてよかったって感じです。

 帰宅したらネットで注文していた、名古屋コーチン、丸一羽が着いてました。
   38-11-34.jpg


 今回はアメリカ南部風にケイジャンソースを塗ってローストチキンにしてみます。
 
 その前に昨日のオマール海老の殻でスープを取ったズッパディペッシェ。
   38-11-35.jpg

 ようするに魚介のスープです。

 それからチキン。
 1時間30分ほどオーブンで焼いて出来上がり。
   38-11-36.jpg

 皮、パリパリで美味しい!
   38-11-37.jpg



 結局、お盆休みのぼくのゴルフ、3ラウンドと2ホールで終わってしまいました。
 二日酔いと暑さでボロボロ。
 ダセーッ!

 

PageTop

レバニラ

 庭のバラたち、また咲き始めてきました。
 白いバラ。
   38-8-1.jpg

 ピンクのバラ。
   38-8-2.jpg

 真っ赤なバラ。
   38-8-3.jpg

 ミミエデン。
   38-8-4.jpg

 暑さに負けず、がんばって美しさを競っています。



 8月6日、火曜日。
 ネットで注文していた、桃で有名な岡山から清水白桃が着いていました。
   38-8-5.jpg

 文字通り、白い桃ですがとにかく香りがすごい!
   38-8-6.jpg

 それから食べると甘みも強くて、感動。
 


 8月7日、水曜日。

 今日は立秋。
 暦の上では秋の始まりですが、残暑かなり厳しく、ぼくは食欲もなくてバテ気味です。
 今夜はレバニラ炒めでも作ってスタミナをつけようかしら。

 レバーは焼き肉を焼くように表面にしっかり焦げ目を付けて。
 ニラはさっと炒めて、しゃきっと。
   38-8-7.jpg

 ニラたっぷりのレバニラです。   

 ついでに餃子も焼いてみました。
   38-8-8.jpg

 皮、パリパリに焼けましたよ。

 うん、これは食欲が出るぞ!
 紹興酒も美味すぎ!




 8月8日、木曜日。

 残暑にも負けず、またまた江戸崎にやって来ました。

 時計はこんな感じ。
   38-8-9.jpg

 ぼくにしては地味だけど、シャツの色とお揃いと言うことで。

 今日の同伴。
   38-8-10.jpg

 なんとキャディのセイカちゃんが参加。
 オヤジたちの中で一輪の綺麗な花が入り込んだことで、雰囲気がすっかり華やいだ感じです。
 サカモトさん、セイカちゃんの太ももばかりあんまりじろじろ見ないでください。

 キャディはマチコちゃん。
   38-8-12.jpg

 いつもお世話になってます。

 コース内のサルスベリ。
   38-8-11.jpg

 百日紅と書くは紅い花が長く咲き続けると言う意味です。

 帰る前の一杯。
   38-8-13.jpg

 だからそれ、あんたが飲んじゃダメだって!


 夕食は今夜も寿司処、俢へ。

 最初は常陸牛の網焼き。
   38-8-14.jpg


 次はお刺身盛り合わせ。
   38-8-15.jpg

 旬の魚ばっかり。

 ノドグロの塩焼き。
   38-8-16.jpg

 これは高級魚、かなり贅沢ですよ。

 キンキの塩焼き。
   38-8-17.jpg

 旬ではない割には脂がのっていました。

 活き毛ガニを茹でて。
   38-8-18.jpg

 ちゃんと身を出してくれているのでありがたいね。
 ミソを付けながら食べると、美味さがまた際立ちます。

 そしてこの前も食べたボタンエビの踊り食い。
   38-8-19.jpg

 甘くてコリコリしてる。

 最後は握りで締め。
   38-8-20.jpg

 みなさん、遠慮しないでいっぱい食べてください。
 ぼくはイカだけで結構。 
 それと石岡のお酒、舟渡の大吟醸があれば・・・

  
 

PageTop

壱岐の赤ウニ Ⅱ


 8月2日、金曜日。

 ぼくの庭の自家栽培していたバジルが花を咲かせていました。
   38-1-15.jpg

 白くて地味な花、でも可愛い!
 バジルと一緒に植えてある枝の細いやつはフェンネルと言います。
 魚料理とかでよく使うハーブです。

 ちなみにぼくは多くのハーブを自家栽培しています。
 彼らは料理の名脇役ですから、大事に育てていますよ。
 農薬は使わずにね。


 仕事から帰宅したら、ネットで注文していた壱岐の赤ウニが着いていました。
   38-3-1.jpg

 4月に一度挑戦した時は大失敗でしたが、今が旬らしいので改めて挑んでみました。

 ワンパターンですが、ニンニクベースのパスタにしてみました。
   38-3-2.jpg

 一部はソースに残りは生で上に冷たいまま乗せて。

 結果は予想以上の大成功。
 このウニ、今まで味わったことのないくらい甘みがあります。
 そして磯の香りのほのかに。
 こんな美味いウニ、初めてです。
 いや、これは最強の海の幸かもしれません。

 壱岐の赤ウニ、これは海のダイヤモンドだ!


 イザベル。
   38-3-5.jpg

 ニュージーランド、マールボロ地区のソーヴィニヨン・ブラン。
 南国の風味を感じさせ、海の幸の相性とはばっちり。




 8月3日、土曜日。

 ネットで注文していた、活き車海老が着きました。
   38-3-3.jpg

 若干大きめの海老なので、海老フライに。
   38-3-4.jpg

 う~ん、海老がプリプリしてて甘くて美味しい!
 やっぱり、こうやって食べるのが一番美味しのかな!



 8月4日、日曜日。

 なんだかぎっくり腰のような感じ。
 動くのも、何かを持ったりするのも辛いくらい腰が痛くて、誰かに介護してもらいたいくらい!
 という訳で残念ながら、今日のゴルフはお休み。

 仕方ないので家でDVDでも見ながらじっとしていると、ピンポン。
 「宅配でーす!」
 
 ネットで注文していた、中国産の松茸が着きました。
   38-3-6.jpg

 中国産、味も香りも国内産よりずーっと落ちますが、この季節の初物と言うことで。

 さっそくマルゲンミートで近江牛すき焼き用ロースを買って、今夜はすき焼きパーティー!
   38-3-7.jpg

 松茸の調理法にはいつも悩むのですが、すき焼きはもっとも無難な方法でしょう。
 肉と松茸、二つの主役がお互いを引き立たせています。
    38-3-8.jpg

 ついでにだしを吸ってちょっと焦げ目の付いたねぎもまた美味しいよね。

 ワインはアメリカ、セントラル・ヴァレーのレッド・デュエット。
  38-3-9.jpg

 強く、黒く、美しいワインだそうで。

 

 

PageTop

ブロッサム

 7月30日、火曜日。

 久々にお蕎麦が食べたくなって、太喜路へ。
   38-1-1.jpg

 まずはカツオのたたき。
   38-1-2.jpg

 旬のものです。
 カツオは茗荷、ニンニクとよく合いますね。

 卵焼き。
   38-1-3.jpg

 お蕎麦屋さんの卵焼きは、その店自慢のそばつゆがだしに入っているので、当然いいお味になっています。

 穴子の天ぷら。
   38-1-5.jpg

 この店はいわゆる蕎麦屋のちょっと衣が多くてさくさくした感じの天ぷらではなくて、専門の天ぷら屋さんが出す、薄い衣のフワッとした感じの天ぷらを出してくれます。

 天ぷら盛り合わせ。
   38-1-6.jpg

 海老もキスも結構なお味で。

 これらをさかなに舟渡の大吟醸を飲んでると、どんどん酒がすすんじゃいます。

 最後にせいろを注文。
   38-1-7.jpg
   
 常陸秋そばを10割で打っています。
 蕎麦にコシがあって、つるつるとのどごしがいいので、あっという間に食べ終わりました。




 7月31日、水曜日。

 今月いっぱいでうちの職員の一人が退社するため、その送別会でブロッサムというイタリアンへ。
 トマトソースのパスタ。
   38-1-8.jpg

 常陸牛のステーキ。
   38-1-9.jpg

 味はまあまあ。
   38-1-10.jpg

 「お疲れ様、オノグチさん!いつでも遊びに来てください。」




 8月1日、木曜日。

 江戸崎でゴルフ。

 今日のキャディはヨシノちゃん。
   38-1-12.jpg

 難しい高麗グリーンのラインを完璧に教えてくれてありがとう。

 同伴のプレーヤーはミヤモトさん。
   38-1-11.jpg

 ナイスショットの連続でしたね。

 ゴルフ終わって帰りの一杯。
   38-1-13.jpg

 「早くビール持って来て!」

 帰宅すると、ネットで注文していた新鮮なお魚(タカベ、真ゴチ、白イカ)と松坂牛のロース肉が同時に届いてしまいました。
   38-1-14.jpg


 さて、どうしよう?

 タカベは小麦粉をまぶして、バターで炒めてムニエルに。
   38-1-16.jpg

 真ゴチ、白イカはざく切りにしてから、衣をまぶして油で揚げてフリッターに。
   38-1-17.jpg


 これらの魚の名前ははあまり聞いたことのないものばかりですが、今が旬のものです。
 ですから当然脂がのってて美味いはずです。

 松坂牛はパスタに。
   38-1-18.jpg

 かなり贅沢なこと!
 でもチョー美味しい!
 

PageTop