ゴルフ、野鳥、時々グルメ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

米沢牛

 5月27日、月曜日。

 米沢牛のヒレ肉、お取り寄せしてみました。
   35-31-1.jpg

 いつものようにミディアムレアに焼いて。
   35-31-2.jpg

 中身は綺麗なローズピンクです。
   35-31-3.jpg

 途中からサマートリュフを散らしてみました。
   35-31-4.jpg

 ここのお肉もかなりレベル高い感じです。
 お肉なのに甘い香りがします。
 また、あぶらっぽいしつこさが全然ありません。   
 そのうちまた注文しちゃおうかな!

 ワインはブルゴーニュ赤御三家のひとつ、ジュブレ・シャンベルタン。
   35-31-4-1.jpg

 ピノ・ノワールの渋みを抑えた、ビロードのようなのどごしとアルコール度の高い力強い味わいが特徴的です。



 5月28日、火曜日。

 今夜はネットでお取り寄せした、礼文島のウニとイクラをいただきます。
 礼文島の昆布を食べて成長したウニ、そろそろ旬を迎えます。
 このウニはムラサキウニですが、6月に入るともっと美味しいバフンウニが解禁になります。
   35-31-5.jpg

 今回、やはりどんぶりでいただいてみます。
 とても甘いウニです。



 5月29日、水曜日。

 ネットで注文していた、福島のシャモと地タマゴが着きました。
   35-31-6.jpg
   
 今夜はシンプルにソテーにしてみました。
 まず、ニンニク、タイム、ローズマリーなどでマリネします。
 そしてトリの皮を下にして上に鍋などの重しをして、しばらく炒めます。
   35-31-7.jpg

 反対側は少しだけ焼いて、シャモのソテー、ディアブロ風の出来上がり。
   35-31-8.jpg

 上にレンコンとズッキーニのフライをのせています。
 さすがシャモです。
 その辺のブロイラーとは全然違い、筋肉質で身が引き締まっています。
   35-31-10.jpg

 うん、皮がパリパリで美味ーい!
 身はしっかり歯ごたえがあって美味しい!

 ワインはプイィ・フュメ。
   35-31-9.jpg

 フランス、ロワール地方、ソーヴィニヨオン・ブラン100パーセント。
 桃の香り、非常にクリアーな味わいで肉厚さも感じるチョー辛口白ワインです。



 5月30日、木曜日。

 今日ぼくは本来休日なのですが、野暮用があって、残念ながらゴルフはお休み。
 野暮用、午前中で終わったので、ブラッセリー・ドゥープラへランチを。
   35-31-11.jpg

 まずはビールとワイン。
   35-31-12.jpg

 そして自家製のパンが出て来ました。
   35-31-13.jpg


 前菜は豚すね肉のゼリー寄せ。
   35-31-14.jpg

 ちょっと硬いです。

 メインはヒラメのポアレ。
   35-31-15.jpg

 ちょっとパサパサです。

 デザートはイチゴのロールケーキとイチゴのアイス。
   35-31-17.jpg

 それなりの味です。

 2000円のランチメニューなので、ある程度仕方ないでしょうね。
   35-31-16.jpg

 でもやっぱりシュクル・アン・ローズ、あそこはよかったなー!


 夜はシャモ肉を使って、またまた親子丼に挑戦。
 短期間に何度も作っているのでだいぶ手馴れてきました。
   35-31-18.jpg

 だし汁をかつお節と昆布からしっかりと取る。
 卵は半熟で仕上げる。

 これを守れば美味しく出来そうです。

スポンサーサイト

PageTop

ごじゃ

 5月24日、金曜日。

 ネットで注文していた、天然の新鮮なマコガレイが着きました。
   35-25-1.jpg

 瀬戸内ものです。
 左を向いているのがヒラメで、右を向いているのがカレイですね。

 カレイはヒラメに比べるとどうしても味が劣っていて、煮つけか揚げ物くらいにしかできないのですが、マコガレイだけは別で、刺身にしてもかなりイケます。

 今回はもったいないのですが結局煮つけでいただきました。
   35-25-2.jpg

 とても美味しかったけどやっぱり刺身にするんだった。

 もう一品はトリ手羽のグリル、ニンニク味。
   35-25-3.jpg

 これは食欲がすすみます。



 5月25日、土曜日。

 午後から、バラの手入れ。
   35-25-9.jpg
   35-25-11.jpg

 ピークはおよそ過ぎましたが、まだまだあちらこちらで懸命に咲いてますよ。
 ピエールはみなさんご存じですね。
   35-25-10.jpg

 赤いバラは房になってアーチを飾っています。
   35-25-13.jpg

 小輪のバラは低いところで大量の花数で勝負しています。
   35-25-12.jpg

 天使に寄り添うバラもいます。
   35-25-14.jpg

 まだしばらくは綺麗に咲いてくれそうです。


 夕食はお好み焼きが食べたくなって、近所で評判の「ごじゃ」という店へ。
 まずイカ焼きを注文。
   35-25-4.jpg

 するめいか、割と新鮮でグー。

 次はごじゃミックスというお好み焼きを。
   35-25-5.jpg

 細いツボに入って出て来ました。
   35-25-6.jpg

 焼き上がりましたが、表面カリカリとはいかず、また中もフワッと仕上がりませんでした。
 ぼく個人の感想では、山芋の量が多すぎ、小麦粉は少なすぎじゃないかと思います。

 最後は豚キムチ焼きそば。
   35-25-7.jpg

 麺が細くてコシがあり、これもまずまず。   
 総合的にはよかったのですが、肝心のお好み焼きがあれでは・・・
   35-25-8.jpg

 誰か、美味しいお好み焼き屋さん、教えてくれ!


 5月26日、日曜日。

 今日も江戸崎でゴルフ。

 時計、シャツに合わせて赤いバンドでちょっと派手めの文字。
   35-25-15.jpg


 同伴の方々。
   35-25-17.jpg

 トザキさんとカミヤマさんは2回目。
コバヤシさんは今回が初めて。
 3人とも豪快にボールを飛ばします。
 しかもゴルフ、とても上手でした。
 みなさん陽気な方々で、ぼくは楽しくゴルフがやれればそれだけで満足です。

 キャディはいつも元気なヨウコちゃん。
   35-25-16.jpg

 年齢はよくわかりませんが、おそらく20代だと思われます。

 
 ゴルフが終わって昼下がりの自宅の庭でウェンディと一緒に。
   35-25-18.jpg

 ススム「ワイン飲みながらのんびりするのって最高だね。」
 ウェンディ「どうでもいいけど、チーズちょうだい!」


 夕食はネットでお取り寄せした、浜名湖のうなぎの白焼きです。
   35-25-19.jpg

 これをタレを付けながら網で焼いて出来上がり。

 うな丼。
   35-25-20.jpg

 タレをご飯にもたっぷりかけると美味しくいただけると思います。

 今週の食生活、ちょっと地味だったかな。
 

PageTop

レモンの花


 5月21日、月曜日。

 鉢植えしているリスボンという名のレモンの木が花を咲かせました。
   35-23-3.jpg

 小さな白い花です。
 これがレモンの実になるなんて、ちょっと想像できませんね。

 鉢植えのピンクのミニバラが満開です。
   35-23-4.jpg

 玄関のアプローチでかわいく咲いて、うちに訪ねて来るお客さんをもてなしてます。

 夕食は沖縄料理。
 まずマーミナチャンプルー。
   35-23-1.jpg

 ようするにもやしの野菜炒め。

 それからネットでお取り寄せした、首里そば。
   35-23-2.jpg

 麺のコシといい、スープの旨みといい、これが沖縄そばの中でダントツに美味いと思います。



 5月22日、水曜日。

 お庭のバラ、今が最高の状態でしょう!
   35-23-8.jpg
   35-23-5.jpg

 とても綺麗に咲きそろいました。
 今年はバラにとって非常に良い年だったと思います。

 夕食はパスタ。
 キノコとベーコンのリングィーネ、サマートリュフがけ。
   35-23-6.jpg

 リングィーネとは舌のこと。
 このパスタ、ちょっと平たいのでイタリアでそう呼ばれています。
 サマートリュフはイタリア産。
 これを薄くスライスして、散らしてみました。

 ワインはプイィ・フュイッセ。
   35-23-7.jpg

 フランス、ブルゴーニュのシャルドネです。 
 辛口ですけど、やさしく繊細な味わいです。


 5月23日、木曜日。


 今朝も江戸崎です。

 そろそろ、夏の陽気になってきました。
 ゴルファーには最高の季節です。
 まだ湿度が低いので、それほど汗もかきません。

 今日の時計。
 まずオレンジの皮のバンドの時計。
   35-23-9.jpg

 ポップな感じ。

 次は黄色のバンドの時計。
   35-23-10.jpg
 
 ぼくのシャツに合わせてみました。

 同伴の方。
   35-23-11.jpg

 ツバキちゃん、とてもゴルフが上手。
 見ていて参考になります。

   
 オジサマは江戸崎のマークのキャップがよーくお似合いです。
   35-23-12.jpg


 夜は福寿苑でガッツリと。
 チャンジャにキムチ。
   35-23-13.jpg

 タラの内臓のコリコリ感がたまらないね。

 裏メニューの海鮮チジミ。
   35-23-14.jpg

 これはカリカリしてて美味しいです。

 コムタンスープ。
   35-23-15.jpg

 トロトロしてて、香りがすごい。

 あとは定番メニュー、特上カルビ、上タン塩、石焼ビビンパなど・・・
 酔っぱらっちゃって、写メするの、忘れた!

PageTop

ザ・ゴルフクラブ・竜ヶ崎

 5月17日、金曜日。

 ネットで注文していたパルミジャーノ・レジャーノが着いたので、マルゲンミートでパンツェッタ、ペコリーノ・ロマーノ、地元の卵を購入し、カルボナーラを作りましょう。
   35-19-1.jpg


 パスタはディ・チェコの1,7ミリ。
   35-19-2.jpg


 パンツェッタはカリカリになるまで炒めます。
   35-19-3.jpg

 チーズはおろして、卵、黒コショウとあえます。
   35-19-4.jpg

 あとは茹でたパスタとあえれば出来上がりですが、この時直接火に通すと、卵が固まってしまって、あのトロトロ感が無くなってしまうので要注意です。
   35-19-5.jpg


 今夜はイタリアのカデル・ボスコでいただきます。
   35-19-6.jpg

 花の香り。
 シャルドネが主体でフランスの辛口白ワインのようです。

 もう1本はヴィン・サント。
 イタリアのデザートワインでチョー甘いです。
 でも香りもすごく豊か。
 イタリアでは「聖なるワイン」と呼ばれています。



 5月18日、土曜日。

 お庭のバラがいよいよ満開に。
 これは庭の外から見たところ。
   35-19-8.jpg

 これは内側から見たところ。
   35-19-9.jpg

 青いバラも満開。
   35-19-10.jpg

 黒いバラは妖艶で怪しげな美しさを放っています。
   35-19-11.jpg


 ピーターパンのバケットでマルゲンミートのローストビーフをはさんでサンドウィッチを作りました。
   35-19-7.jpg

 お庭のテーブルでこれを食べながら、バラを鑑賞、みんなでランチパーティーです。


 夜はネットで注文していた、手巻き寿司セットが着いていたので今度は手巻き寿司パーティー。

 ウニやトロ、甘海老、イクラなどがセットで。
   35-19-12.jpg

 穴子、ハマグリは自分で煮て、寿司ネタにしました。
   35-19-13.jpg

 手巻き寿司って、自分で好きなネタを好きな量で食べられるから、美味しく感じるのかな。



 5月19日、日曜日。

 今日はザ・ゴルフクラブ・竜ヶ崎でプレー。
 自宅から近かった割には今日が初めてのラウンドです。
 クラブハウスはバブリーなローマ風のどぎつい建物で、いささか顔をしかめてしまいましたが、コースはとても綺麗でした。
 グリーンも1グリーンで芝も良好、結構満足しました。
 
 シャクナゲがちょうど満開の時期、ほら、綺麗でしょう。
   35-19-14.jpg

 キャディは19歳のピチピチのギャル、ほら、綺麗でしょう。
   35-19-15.jpg


 ぼくのゴルフはと言うと、腰の具合がよくなくて、やはりまだまだうまくボールに当たりません。
   35-19-16.jpg

 フィニッシュで右手を放してしまったり、ひどい時はクラブを放り投げてしまったりする始末です。
   35-19-17.jpg


 これはアサダマオちゃんの真似をしているわけではなく、腰痛体操をしているところです。
   35-19-19.jpg


 ゴルフはつまんないけど、5月の青空と緑の芝生、とっても気持ちいい。
   35-19-18.jpg

 「誰か、ビール持ってきて!」


 夜は花風(かふう)でお寿司。
 二日連続のお寿司ですが、好きだからね。

 今夜はホタテと赤身から始まりました。
   35-19-20.jpg

 次はイカとサバ。
   35-19-21.jpg

 そして、中トロ。
   35-19-22.jpg

 穴子。
   35-19-23.jpg

 ウニとタコ。
   35-19-24.jpg

 最後はズワイガニ。
   35-19-25.jpg
   

 大将、いつも美味しいお寿司、ありがとう。
   35-19-26.jpg

 今度は美女でも連れてきますよ。

   

PageTop

大正海老


 5月13日、月曜日。

 ネットで注文していた、生き締めの大正海老が着きました。
   35-15-1.jpg

 大正海老とは車海老の中で大きいほうを言います。
 スーパーではブラックタイガーが冷凍で売られていると思いますが、国産の冷凍していない、新鮮なものはなかなか手に入らないんですよ。

 ピーターパンのバケットをフードプロセッサーで砕いて、自家製の生パン粉を作りました。
   35-15-2.jpg


 これらで海老フライを揚げてみましょう。
 昨日の牛モモの残りは牛かつに。
   35-15-4.jpg

 さーて、どうでしょうか?

 う~ん、エビ、肉厚で身がプリップリッです。
   35-15-5.jpg

 甘くて美味しい!

 ワインはブルゴーニュの白、ムルソー・ブラン、2009年。
   35-15-3.jpg

 口の中ではオイリーで密度の高いリッチな質感があり、アフターに残るマロンの香りが印象的です。


 5月16日、木曜日。

 早朝からバラの手入れ。
   35-15-8.jpg

 バラの花の数、また増えてきました。
 黄色いバラ。
   35-15-7.jpg

 青いバラ。
   35-15-14.jpg

 赤くて立派なバラ。
   35-15-13.jpg

 他にもいっぱい・・・
 見ているだけで幸せな気分になります。


 腰痛で行かないつもりだったゴルフ、我慢できなくて、来てしまいました。
 江戸崎に。

 この時計はどうでしょう?
   35-15-10.jpg

 地味ですがシャツの色に合わせてみました。
 文字のオレンジがビビット。

 でもゴルフはやはりだめ。
 うまく当たらないしコンペの後ろについてしまって、待ってばっかし。

 もう、イライラしちゃうなあ。
   35-15-12.jpg

 けど、天気がいいし、爽やかで気持ちいいからピクニックにでも来たと思えば赦せちゃうね。

PageTop

ホーム・ワインパーティー

 5月10日、金曜日。

 西武デパートの6階、ドイツ料理のエルベで夕食。
 まずはビールとワイン。
   35-11-1.jpg

 ドイツのワインは微妙だけれどビールはかなり美味いです。

 チキンのソテー。
   35-11-2.jpg

 ピリ辛にしてあって食べやすかった。

 ソーセージの盛り合わせ。
   35-11-3.jpg

 その中でぼくはホワイトソーセージが好きです。

 ジャガイモのグラタン。
   35-11-4.jpg

 ジャガイモはドイツ料理では付け合せで頻繁に登場するので、あえて単独のジャガイモ料理は注文する必要はないかも。

 豚モモのの煮込み。
   35-11-5.jpg

 無難なお味で。

 35-11-6.jpg
   
 ミス・ダナポーン、お世話になりました。
 このドイツの民族衣装、お似合いで素敵ですよ。


 5月11日、土曜日。

 今夜はアホな仲間たちとワインパーティーです。

 最初のワイン、ドン・ペリニオンでまず乾杯!
   35-11-7.jpg

 参加者はトシ君、リュウ君、レイア姫、そしてイシイ先生です。

 料理はまずは天然真鯛の刺身、中華風。
   35-11-8.jpg

 シャンツァイ、春巻のカワを揚げたもの、ピーナッツのローストなどが香り、食感を引き立てています。
   35-11-9.jpg


 次のワインはシャトー・オー・ブリオン。
   35-11-14.jpg

 ご存じ5大シャトーの一つですね。

 料理は水郷地鶏のローストチキン。
   35-11-10.jpg

 お腹にはレバーライスがたっぷり詰めてあります。

 こらこらお前たち、一人占めはだめだよ。
   35-11-12.jpg

 ちゃんとぼくが切り分けるから、おとなしく待ってて!

 あら、レイア姫なら一人で食べていいけど・・・ところで後ろのトシ君、何を狙ってんだよ!
   35-11-11.jpg


 さて、どうですか?
   35-11-13.jpg

 みなさん、均等に行き渡りましたか?


 それから今度のワインはシャトー・マルゴー。
   35-11-21.jpg

 これも五大シャトーの一つ。
 アロマ、ブーケとにかく香りが強烈すぎます。

 料理はメインディッシュと行きましょう。
 三田牛のヒレ肉のステーキ。
   35-11-15.jpg

 これは、日本最強のお肉と言っていいでしょう。

 ステーキパンで炒めて。
   35-11-16.jpg

 フランベ。

 さあ、焼き上がりましたよ。
   35-11-17.jpg

 ミディアムレアーの感じかな。
   35-11-18.jpg


 もう一つワインを出しましょう。
   35-11-20.jpg

 シャトー・ムートン・ロートシルト。
 これもまた五大シャトーの一つ。

 日本最強のお肉に世界最強のワインがそろいました。
 これほど贅沢なことがあるでしょうか?

 デザートはアップルパイ。
   35-11-22.jpg

 これもぼくの18番のはずでしたが、ちょっと焦がしちゃったみたい。
 上に乗ってるのはハーゲンダッツ。

 デザートワインには世界3大貴腐ワインの中の二つ、シャトー・ディケム、トロッケン・ベーレン・アウスレーゼを。

 ものすごく甘いんだけど、官能的な香りも漂います。
 イシイ先生もメロメロみたいです。
   35-11-25.jpg

 ぼくも官能の世界へいざなわれ、恍惚状態へ。
   35-11-23.jpg

 あら、もしかして姫も!
   35-11-24.jpg

 そしてトシ君はマッサージチェアーで恍惚状態。
   35-11-26.jpg

 ついにイシイ先生からは後光が差してきました。
   35-11-28.jpg


 今晩はとても楽しい夜でした。
 またみんなで遊ぼうね!
   35-11-27.jpg

 このパーティーの総額いくらかかったか、知りたいですか?
 そんな野暮なことはヒ、ミ、ツ!



 5月12日、日曜日。

 腰痛と二日酔いのため、今日のゴルフは中止。
 ぐったりとしながら、お庭の手入れです。

 バラはアイスバーグが咲き始めました。
   35-11-29.jpg

 清純な白いバラです。
 どこかに清純な女の子、いないでしょうか?

 この黄色い花はカロライナ・ジャスミン。
   35-11-30.jpg

 ココナッツのいい香りが広がっています。

 今日は時間が余っているので、自家製欧風ビーフカレーを手間暇をかけて作ってみました。

 まずはブイヨン作りから。
   35-11-31.jpg

 トリガラ、近江牛のすね肉をオーブンで焼いたものを煮込んでます。
 次に野菜を投入し、3時間煮込んでだしを取ります。
   35-11-32.jpg


 ルーは炒めた玉ねぎ、ミキサーでおろしたにんじん、りんごなどを合わせてさらに炒め、カレー粉、小麦粉を足してまたさらに炒めています。

 それをさきほどのブイヨンで溶いていきます。
   35-11-33.jpg

 約6時間ほどかかってしまいました。
 本当に疲れましたが、美味しく食べれればそういうのも吹き飛びます。

 食べる直前に、近江牛モモ肉を炒めて、カレーにからめます。
 さっ、出来上がりました。
   35-11-34.jpg

 ほらっ、美味しそうでしょう。
 誰だ、バーモンドカレーのほうが美味しいって言ってるのは?

 

PageTop

イカ墨のパスタ

 5月7日、火曜日。

 今夜は地味に回鍋肉。
   35-9-1.jpg

 豚肉は一度下茹でし、薄くスライスし鍋で焼き目をつけて取り出し、最後に他の具材とともにもう一度鍋に戻します。
 鍋を回すように何度も使うから回鍋肉って言うんですよ。

 これ、辛くて甘くて、ついついご飯がすすむんですよね。



 5月8日、水曜日。

 ネットで注文していた、コウイカが着きました。
   35-9-2.jpg

 コウイカとは甲羅のような硬い骨を持ったイカのことです。
 このイカには、墨が多く入っているのでイカ墨パスタには向いているのです。

 まず前菜の生ハムとルッコラのサラダ。
   35-9-6.jpg

 バルサミコ酢で。

 これは墨を白ワインでのばしているところ。
   35-9-3.jpg

 墨汁のように黒いです。

 それから別にトマトソースを作って。
   35-9-4.jpg

 炒めたイカにトマトソース、イカ墨を加え、最後にパスタとあえて。
 はい、完成しました。
   35-9-5.jpg

 イカ墨のパスタ。

 自分なりに割と美味しかったとは思います。
 でも今度はもっとまっ黒のパスタにしてみよう。

 ワインはカリフォルニア、オーバールックのランドマーク。
   35-9-7.jpg

 バターの香りがするエレガントなシャルドネです。

 ボーノ!ボーノ!ところでオレの顔に何か、付いてる?
   35-9-8.jpg



 5月9日、木曜日。

 今日は早朝からお庭の手入れです。
 バラは病気や害虫に非常に弱いので、週に一度は農薬を撒いています。
 あと散りかけた花を摘んだりもしていると、いつのまにか、ゴルフへの出発時間になっています。

 スパニッシュビゥーティーがいよいよ満開。
   35-9-9.jpg

 スペイン美人、素敵!

 他にいくつか、咲き始めました。
   35-9-10.jpg
   35-9-11.jpg


 そしてクレマチスもひっそりとバラを盛り上げるように咲いています。
   35-9-13.jpg
   35-9-12.jpg
   
 みんなとても綺麗だよ!
 でも美女が美しさを保つための努力って、大変だねえ。


 そして江戸崎へ。

 今日の時計。
   35-9-14.jpg

 真ん中にキティーちゃんの絵があるの、見えますか?

 今日の同伴の方。
   35-9-16.jpg

 カシワギ先生。
 フェード系の球で豪快に飛ばします。

 それから、いつものサカモトさん、タナカさん、また今度ご一緒させてください。

 キャディのカワシマちゃん。
   35-9-15.jpg

 ナイスバーディーじゃなくてナイスバディーの愛嬌のある美女でした。


 今夜の夕食。
   35-9-17.jpg

 和牛サーロインの香草パン粉包み焼き、ゴルゴンゾーラソース。

 肉と生ハム、マッシュルームをロール状にして、パン粉で包んでオーブンで焼き上げてみました。
   35-9-18.jpg

 でも結果はいまいち・・・

 まず見た目が悪い。
 味もあんまり。
 まだまだ修行が足りないなあ。

 そのかわり、ワインはトレビアン!
   35-9-19.jpg

 イタリア、トスカーナのオルネライア。
 いわゆるスーパートスカンで、そして3大ボルゲリの一つです。
 色は非常に濃厚で、凝縮された果実味の香り、ハーブの清涼感が感じられます。

 この甘み、この香りにぼくはノックアウト寸前!
 

PageTop

シュクル アン ローズ

 5月5日、日曜日、こどもの日。

 ひどい二日酔いでもうろうとしながら江戸崎に着いてみると、なんだか物々しい雰囲気。
 今日は競技だったみたいです。

 時計。
   35-5-24.jpg

 紫色、綺麗でしょ。
 この画像では判りづらいのですが、ぼくのシャツもエリとかには紫が入っているんですよ。

 同伴の方々。
   35-5-25.jpg

 マツバラさん、またお会いしましたね。

 今日のゴルフ、腰痛もまだまだひどいし、ホールアウトすることが目標になってしまいました。
 ゴルフのスコアーが悪くなることよりも、うまくボールを打てないのがつらいです。


 夜は久々、シュクル・アン・ローズへ。

 まずプティ・サレと言う前菜。
   35-5-26.jpg

 かなりのレベルの高さを感じます。

 もう一つの前菜。
   35-5-27.jpg

 サーモンをテリーヌ風に。

 甲殻類のスープ。
   35-5-28.jpg

 添えてある海老の処置も全然手を抜いていません。

 メインはスズキのポアレ。
   35-5-32.jpg

 ラム肉のグリル。
   35-5-31.jpg

 どちらも素晴らしいの一言です。

 そして最後にさらにデザートで感動しました。
   35-5-33.jpg

 ここのシェフの奥様はパティシエで本格的なケーキを出してくれるのです。
 この中のチョコ、めっちゃ美味かった!

 この方がシェフのシルバン。
   35-5-34.jpg

 フランス人。
 セボン!

 このビストロは間違いなく、つくば、いや茨城最強でしょう!



 5月6日、月曜日。

 5連休最終日。
 天気がいいのでついに今日も江戸崎へ来ちゃいました。
   35-5-36.jpg


 時計はこんな感じ。
   35-5-35.jpg

 ゼブラ模様ですが、ぼくのシャツと色がお揃いになってます。

 今日の同伴の方。
   35-5-37.jpg

 この人、アメリカのプロゴルファー、チャーリー ホフマンにそっくりでした。
 もう一人のOOザワさんと言うお年をめした方は、レストランでなんと若い女の子のお尻を触っていました。
 今度やったら警察へ突き出しましょう!

 キャディのヒロちゃん。
   35-5-38.jpg

 お若くて美人で器量もよし。
 言うことなしだね。

 ぼくの腰痛、かなり悪化してしまい、今度また何時来られるかよくわかりません。

 

PageTop

シャトー・オー・ブリオン

 5月3日、金曜日、憲法記念日。

 ぼくにとって5連休の二日目です。
 
 はい、今日の時計。
   35-5-1.jpg

 ポップでかわいいでしょ。

 そして、今日の同伴の方々。
   35-5-2.jpg

 フルバックからのプレー、ちょっと苦労しました。
 キャディはお若い美女だったので、イケメンとツゥーショットでどうぞ。
   35-5-3.jpg


 帰宅したらネットで注文していた、活きロブスターと活き締めワタリガニが着いていました。
   35-5-4.jpg
   35-5-5.jpg


 ロブスターは蒸して自家製のタルタルソースでいただきます。
   35-5-6.jpg

   35-5-9.jpg


 ワタリガニはパスタに。
   35-5-7.jpg


 どちらもまずまずのお味。
   35-5-11.jpg

   35-5-10.jpg


 ワインはまずナパバレーのヘス、シャルドネ。
   35-5-8.jpg

 オレンジ、リンゴの風味、程よいコクと快活な酸味の絶妙なコントラスト。

 2本目はシャトー・モンテリーナ。
   35-5-0.jpg

 これは伝説のパリ・テイスティングで一位に輝いたナパのシャルドネです。

 どちらもめちゃくちゃ美味しくて、あっという間に2本飲み干してしまいました。



 5月4日、土曜日。

 今日も江戸崎、オジマッチと楽しくゴルフ。
   35-5-12.jpg


 時計はこんな感じ。
   35-5-19.jpg

 シャツの色のトーンとマッチしているでしょ。

 ゴルフの後はリュウ君が加わって、ササガワへ。

 ここにスペシャルワイン、シャトー・オー・ブリオンを持参しました。
   35-5-13.jpg

 メドック、五大シャトーの一つで、世界で最もエレガントでアロマの複雑なワインと言われています。
   35-5-14.jpg

 その2007年は特に滑らかで熟した果実味が秀逸。
   35-5-15.jpg


 ササガワのお肉が焼きあがりました。
   35-5-16.jpg


 オジマッチ、美味しいですか?
   35-5-18.jpg

 「んだんだ!」

 リュウ君はどうですか?
   35-5-17.jpg

 「うひうひ!」

 リュウ君、もっと感動して!
   35-5-20.jpg

 「うひゃうひゃ!」
 
 ついでにススムも。
   35-5-22.jpg

 「ぶひゃぶひゃ!」

 お店のヨコタさん、いつ見てもお若いですよ。
   35-5-21.jpg


 それから、マスター、今日はお世話になりました。
   35-5-23.jpg

 また近いうちに伺いますね。
 

 

PageTop

時の雫

 5月1日、火曜日。

 ネットで注文していた、宮崎のマンゴー、時の雫、極みが着きました。
   35-1-2.jpg

 ほとんどぼくはマンゴーなんて食べませんが、これはどうしても気になっていたので取り寄せてみました。
 結果は上々。
   35-1-3.jpg

 軽い酸味とほどよい甘み、そして強烈なトロピカルな香りにぼくは昇天してしまいました。
   35-1-5.jpg


 夜はバーモンドカレーを使って、ビーフカレー。
   35-1-4.jpg

 牛肉は赤ワイン、玉ねぎ、にんにくなどで一晩マリネすると柔らかく仕上がると思います。
 あっ、そうそう、鍋はル・クルーゼを使ってね。


 5月2日、木曜日。

 うちの庭、ほかのバラもちらほら咲き始めました。
   35-1-10.jpg

 スパニッシュビゥーティー、この娘、大好きです。
 清楚な顔立ちでしかもうつむき加減にぼくを見つめています。
 あー、君といつまでも一緒にいられたらいいのにね!
   35-1-11.jpg

 ウェンデイ「あら、あたしのこと呼んだかしら?」

 ぼくは今日からゴールデンウィーク5連休がスタートです。
 その間、毎日江戸崎に行く予定ですが腰の具合が少し心配。

 その初日。
 とりあえず今日の時計。
  35-1-6.jpg

 どうでしょう?
 可愛くないですか?

 今日の同伴の方々。
   35-1-7.jpg

 あまり大きな声で言えないのですが、二人とも平気でスコアーの申告ごまかしていました。
 本人に指摘するほどの元気も出ないなー。
 あんまり数字にこだわらなければいいのにね。
   35-1-8.jpg

 ぼくみたいに適当過ぎるのも皆さんにちょっと失礼かもしれないけど・・・

 帰宅するとネットで注文していた、宮崎牛、ヒレ肉が着いていました。
   35-1-12.jpg

 前回宮崎牛で失敗したのでそのリベンジです。

 いつものようにストーブのステーキパンでレア気味に炒めてみました。
   35-1-13.jpg

 さて、結果は・・・
   35-1-14.jpg


 やっぱりダメ!
 これ、保存が悪いぞ。
   35-1-15.jpg

 冷凍に近い状態にしたんでしょう。
 肉の細胞がつぶれています。
   35-1-18.jpg
 
 もう宮崎牛は食わないかも。

 シャトー・グロリア。
   35-1-17.jpg

 ボルドー当たり年の2005年のヴィンテージです。
 スパイシーなブーケ、丸みのあるコクとリッチな果実味でぼくを官能の世界へいざなう。
 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。