ゴルフ、野鳥、時々グルメ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

エルベ

 2月28日、木曜日。

 今日も朝から江戸崎にいます。
 暖かくて風もない一日、久々のゴルフ日和です。

 ここの平日会員に混じって1ラウンドだけのゴルフ。
 いろいろな人がいて、気を遣ったりスロープレーにじれたりするけど、そのうちこういうのにも馴れたりするのでしょうか?

   32-28-1.jpg


 キャディのオオクボさんの隣にいるおっさん、ジャン・レノ風でちょっとかっこいいです。
 しかしなかなかのマイペース、みんな振り回されて苦労しました。
 本人に悪気はないし、憎めないキャラなんだろうけど。

 ラウンド終わって帰る前のビール。
   32-28-2.jpg

 今日はなんか精神的に疲れた。


 帰宅して、今夜の夕食は土浦のドイツ料理の店、エルベでとることに。
   32-28-3.jpg


 最初は当然、ドイツビール、これはシュナイダービールです。
   32-28-4.jpg

 そして、白ワイン。
 普通のドイツワインは甘口なんだけど、これは辛口、でも美味しい。

 次にテールスープを注文。
   32-28-7.jpg

 これは体が温まるよ。

 それからソーセージの盛り合わせ。
   32-28-5.jpg

 この中でヴァイスブルストと言う白いソーセージがぼくは好きです。

 今度はアイスバイン。
   32-28-6.jpg

 豚肉の煮込み料理ですが、沖縄料理のアシテビチに似ています。
 固い部分の肉を長時間煮込んで柔らかくする知恵は世界共通ですね。

 アイスバインに添えてあるザワークラフトも一緒に食べるとすっぱうまい。

 レッカー!

スポンサーサイト

PageTop

カラット・キャビア

 2月25日、月曜日。
 
 今夜は接待で土浦桜町のグリル笹川へ。

 まずお通しの牛さし、ヒレの美味しい部分だって。
32-26-2.jpg

 おろしたニンニクと食べるとかなりいけますよ、マスター。

 それからヒレとサーロインのお肉が出ました。
32-26-3.jpg

 片面をしっかり焼いて、裏返したら、フランベ。
32-26-4.jpg

 オー!パチパチパチ。(何故か拍手です。)

 目の前のプレートにサービスされました。
32-26-5.jpg

 うーん、美味しそうだね。

 ワインはメドック地方のラ・カルドンヌをチョイス。
32-26-6.jpg

 お肉とのコンビネーションもばっちしです。

 2005年はボルドーの当たり年、これじゃ、ワイン、止まらないよ!
32-26-7.jpg


 いつものように締めのガーリックライス。
32-26-8.jpg

 これこそ別腹になぜか入っちゃうんだよねえ。

 マスター、今夜はお世話になりました。
32-26-9.jpg

 今度来るときは若い美女と来ます。
 その時はお花でも準備しててください。



 2月26日、火曜日。

 これ、夜6時頃のポール君。
32-26-1.jpg

目が黄色になってきました。
 花粉症の方々、危険信号ですよ。

 帰宅するとネットで注文していた、カラットキャビアが届いていました。
32-26-10.jpg

 これはイスラエルのヨルダン川で養殖されたチョウザメから取れたものですが、世界的にかなり評価の高いキャビアです。

 これが来るのはぼくも楽しみにしてました。
 貝のスプーンも一緒に購入しました。

 これを薄く切ってトーストしたバケットにのせて食べてみましょう。
   32-26-11.jpg

 
 しょっぱくていくらか泥の香り、でも芳醇です。
   32-26-12.jpg

 これも癖になりそうだよ。
 そしたら破産だ!


 今夜のメインはノルチャ風パスタ。
 アンチョビとトリュフのパスタです。
   32-26-13.jpg

 残ったトリュフ、使い切ります。

 ワインはフランス、ロワール地方のソーヴィニヨオン・ブラン、アティチュード。
   32-26-15.jpg

 お魚やきのことの相性はとてもいいです。
   32-26-14.jpg


 オレ最近、ちょっと贅沢かな?
   

PageTop

究極の海鮮丼?

 2月23日、土曜日。

 ネットで注文していた大間のマグロ(中トロ、大トロ)が届きました。
 生わさびも付いてました。
   32-21-9.jpg

 これは冷凍物でもなく、解凍した物でもありません。
 新鮮な生の本マグロ、しかも日本一のブランドの大間です。
   32-21-11.jpg

 やや薄く短冊切りにして、どんぶりにしていただきましょう。

   32-21-10.jpg

 わさび醤油を少したらして。

   32-21-12.jpg


 う~ん、やっぱり美味いです。
 脂が載ってるのにしつこくなく、マグロ特有の青臭さもありません。

 歯ごたえはしっかりしているのに、口に入れた瞬間、とろけてしまいます。

 こんな経験初めてぐらいです。

 やっぱり大間の生のマグロすごーい!



 2月24日、日曜日。

 体調が悪く、ゴルフはキャンセル。

 今日は一日うちでゴロゴロです。

 そうしているうちに宅配が二件きました。

 まずひとつはピーターのソーセージ。
   32-21-13.jpg

 長野、蓼科のちょっと有名なレストランの手作りのものです。

 これを炒めて、バケットにはさんで、ホットドッグ。
   32-21-14.jpg

 今日のランチはこれだけ。


 もう一つの宅配は北海道の海産ものです。

 まず、大黒毛ガニ。
   32-21-17.jpg

 厳寒期の厚岸で水揚げされる貴重なカニです。
 当然、生きています。
 これを10分ほど蒸します。

   32-21-18.jpg

 あっ、カニみそ、美味しい!


 そして、エゾバフン生うに。
   32-21-16.jpg

 ふつう、ウニの旬は夏なのですが道東ではこの寒い時期、解禁になります。
 これもまた、貴重な北海道の海の幸です。

 あと、イクラ。
   32-21-15.jpg

 これもやはり、北海道の鮭から取ったものです。

 
 これだけいい素材がそろえば、余計な手を加える必要はほとんどないでしょう。

 と言うことで夕食は今日もどんぶりにしてみました。
 ぼくの考えられる限りの最高の素材です。
 究極の海鮮丼です。
   32-21-20.jpg

 一応、ご飯は酢飯にしました。

 では、トロを一口。
   32-21-24.jpg

 ンマ!

 カニを一口。
   32-21-22.jpg

 ンマ!

 ウニを一口。 
   32-21-21.jpg

 ンマ!

 イクラを一口。
   32-21-25.jpg

 ンマ!

   32-21-19.jpg


 お酒は岩手の純米大吟醸の原酒、源三です。
 芳醇、奥行きのある味わい・・・

 

PageTop

金之台カントリー


 2月21日、木曜日。

 今日は牛久の金之台カントリーでラウンド。

 まず、お約束の朝ビール。
   32-21-1.jpg


 窓の外の景色、どうでしょう?
 なんとなく和風の庭園みたいな感じ。
 とてもゴルフ場とは思えません。

 実際、コースもこじんまりしてて、すぐ近くに民家が迫ったりとか、飛距離が出る人には物足りないかな。

 キャディのサイトウさん。
   32-21-2.jpg

 ご迷惑かけたけど、明るい冗談好きのお姉さんでした。



 夜は金之台カントリーの近くの割烹、「ひたち野いしざき」へ。

 和食なのですが、建物はモダンでちょっとおしゃれな感じです。

 おすすめのコースを頼んだところ、まず、生ガキが登場。
   32-21-3.jpg

 これが出るとぼくはもうメロメロです。

 次に出たのがなんと、シロウオ。
   32-21-4.jpg

 シラウオではありません。

 生きて泳いでいるシロウオを踊り食いです。
 口の中でピクピクするんですよ!
 ちょっと可愛そうですけど美味いんです。

 生ウニも出ました。
   32-21-5.jpg

 ギンダラの西京焼きも。
   32-21-6.jpg


 最後は和牛のステーキと炊き込みご飯。
   32-21-8.jpg
 
 これでかなりお腹いっぱい。

   32-21-7.jpg
 ビール飲み過ぎたかも。
PageTop

三田牛

 2月18日、月曜日。

 職場のポール君、目が青く光っています。

   32-18-1.jpg

 花粉がいくらか増えてきたようです。
 花粉症の方、そろそろお気を付け下さい。


 仕事が終わって帰宅すると、ネットで注文していた三田牛のヒレ肉が届いていました。
 この前の但馬牛のリベンジのつもりで購入しました。

   32-18-2.jpg

 三田牛こそ、日本最高峰に位置するかもしれません。

 あの日本一美味くて高いと言われている「あら皮」御用達の肉でもあります。

 この肉を今日はステーキパンで焼き、その上にフォアグラのソテーを乗せてみました。

   32-18-3.jpg

 ソースはトリュフソース、最後にトリュフのスライスをたっぷり散らします。

   32-18-4.jpg

 出来ました。
 さて、どうでしょう?

 まずはトリュフが付いたお肉を・・・

   32-18-11.jpg

   32-18-6.jpg
   

 ムシャッ!

 次にトリュフが付いたフォアグラを・・・

   32-18-5.jpg

   32-18-7.jpg

 ペロリッ!

 今回は大成功、かなり美味いかも!
 脂身は少ないので全然しつこくありません。
 しかし、牛肉本来の旨みはたっぷり含まれており、けもの臭さみたいなものもありません。

 ウ~ン、ゴラッソー!!

 今日はワインも気合が入ってます。

   32-18-8.jpg

 イタリア赤ワインファンのあこがれのワイン、アマルフィ、トレモンティのヴィーニャ・パラディソ。

 超貴重なワインなんですよ。





 2月19日、火曜日。

 今夜のために少し残しておいた昨日のお肉でステーキチャーハンを。

   32-18-9.jpg

 チャーハンて、油入れすぎたらだめだよね。

   32-18-10.jpg

 美味いのは言うまでもない。
 

PageTop

自家製カレー


 2月17日、日曜日。

 江戸崎、東コース、8時42分スタート。

 その前にモーニングビールを。

   32-14-18.jpg

 窓の外のコースの景色、まばゆいくらいの明るさになってきました。
 どんどん春が近づいていますよ。

 キャディはオダジマ君。

   32-14-19.jpg

 真面目そうでテキパキ仕事をする好青年でした。

 おかげで楽しく回れましたよ。



 今日は早く帰宅したので、ちょっと時間をかけた料理をしてみましょう。

 玉ねぎ、にんじん、セロリ、にんにくをフードプロセッサーにかけてみじん切りにします。
   
   32-14-20.jpg

 オリーブオイルで弱火で1時間ほど炒めます。

   32-14-21.jpg

 とっても小さくなりました。

 バターと小麦粉、カレー粉を炒め、先ほどの炒めた野菜と合わせます。

  32-14-22.jpg


 そうすると、ほら、ホントのカレーのルーみたいになってきたでしょ。

 豚肉のほうがだしが出るのでぼくはカレーの時はいつもポークカレーにしています。
 カレー粉はたっぷり使って辛くして、チャツネもたっぷり入れて甘くもしています。

 しばらく煮込む間にウェンディと散歩に出かけちゃおうかな。

   32-14-24.jpg

 ウェンディ「パパ、カレー臭い!あんまりあたしに近寄らないでちょうだい。」
 ススム「とほほ・・・」

 さあ、出来上がりました。

   32-14-23.jpg

 ヒ~~、辛くて、甘くて、美味しい~!

PageTop

生トリュフ


 2月16日、土曜日。

 ネットで注文していた、生の黒トリュフが届きました。

   32-14-11.jpg


 これ、チョコじゃありませんよ。

 袋を開けるなり、部屋中に強烈な匂いがただよいました。
 決していい香りとは思えません。

 こんな臭いものをフランス人は有り難がっていたのか、などと思いましたがよく考えてみたら日本人だって彼らが腐った靴下の匂いと言ってる松茸を喜んで食べているんだから、お互い様なんだね。


 特製のスライサーも購入してトリュフをスライスします。

   32-14-12.jpg


 麺はディ・チェコの1,6ミリ。

   32-14-14.jpg

 パスタパンで8分30秒茹でます。

   32-14-15.jpg


 ベーコン、茄子、マッシュルームをオリーブオイルで炒め、トリュフソースとあえます。

   32-14-13.jpg


 最後にスライスした生の黒トリュフをたっぷり散らして出来上がり。

    
   32-14-16.jpg  

 黒トリュフのパスタ!!

 臭いと思っていたトリュフ、食べてみるとやっぱり美味い。
 癖になりそうな味だけど、一個でも値段がめちゃくちゃ高いので、癖になると破産です。

   32-14-17.jpg


 これに負けないワインはモンラッシェ、お前しかいない!
 

PageTop

聖バレンタインデイの夜は・・・


 2月13日、水曜日。

 今夜は土浦桜町にある、洋食大かわへ。

   32-14-5.jpg

 ここはどこにでもあるような普通の洋食屋さんで、だからこその安心感があります。

 ぼくはそろそろ旬も終わりが近いのでそれを惜しみながらカキフライを注文。
   32-14-2.jpg

 とても美味しいけど、これからしばらくはお預けだね。

 ここの名物はビーフシチュー。
   
   32-14-4.jpg

 当然これも注文しますよ。
 本格的な味がしないのがいいんですよ!

 それから、カニクリームコロッケに、ハヤシライス。

   32-14-1.jpg

   32-14-3.jpg

 古典的な洋食メニューに舌鼓。




 2月14日、木曜日、聖バレンタインデイ。

 おひとり様ゴルフを利用して、江戸崎カントリー南コースへ。

   32-14-6.jpg
 
 今朝もいい陽気です。
 
 おやじ四人、楽しくゴルフに興じました。

   32-14-7.jpg

 って、ちょっと待て!
 今日は聖バレンタインデイだろ。
 こんなことやってる場合か?
 あんたたち、彼女の一人でもいないんかい?

 せめて女の子をゴルフに連れて来てあげなよ!

 ゴルフ終わって、アフタヌーンビールの時間です。

   32-14-8.jpg

 「今日も一日楽しかったな。」


 さて、今夜はどうしようかな。
 あの子誘おうか?
 いや、それともあの子にしようかな?

 いろいろ検討した挙句、ネットで注文した富士の宮焼きそばを一人で作って食べることにしました。

   32-14-9.jpg

 B-1グランプリで2度優勝した究極のB級グルメです。
 その特徴としては肉かすと削り節が入っていることです。

   32-14-10.jpg


 麺にこしがあって結構美味いです。

 一人で焼きそば食ってるほうが、若くて綺麗な女の子にゴディバのチョコでも貰っていちゃいちゃ過ごすよりずっと良かったです。(何故か涙目・・・)

PageTop

ステーキ丼


 2月11日、月曜日、建国記念日。


 今日も江戸崎に来ています。
 南コースのスタートです。


 おひとり様ゴルフを利用してきた方々と四人でプレーです。
 年齢は様々ですが、ゴルフ好きの情熱は一緒のようですね。


   32-11-1.jpg   
 このぼくの隣の人は先ほどなんとイーグルを記録しました。
 おかげでジュースおごってもらって、こっちもいい思いをしました。


   32-11-2.jpg
 一番左端の人はまだ二十代。
 車ではなく、横浜から電車とバスを乗り継いでなんと片道3時間もかけて来たそうです。
 一生懸命ゴルフに取り組む彼を見ているとなんだかかわいく感じました。



 インコース6番のフェアウェイの松が急に倒れてきました。
   32-11-3.jpg
 ぼくはあわてて支えています。
 誰か、手伝ってください!



   32-11-4.jpg
 夕食は昨日の残りのステーキを使ってステーキ丼。
 タレは甘い醤油ダレにしてみました。


   32-11-6.jpg
 やはり感動するほどの美味しさはありません。
 来週は三田牛に挑戦してみます。

PageTop

但馬牛

 2月10日、日曜日。

 今日も江戸崎カントリーでオジマッチとゴルフ。

   32-10-1.jpg

 2月とは言え、風もなく陽が出てればなかなかのゴルフ日和です。
 

 今日のキャディはヤマダさん。

   32-10-2.jpg
 メガネ美人ですけど、もうちょっとよく顔を見せてよ!



 自宅に帰るとネットで注文していた、但馬牛のヒレ肉が届いていました。

   32-10-4.jpg

 
 和牛の中で最高のブランドが神戸牛です。
 その神戸牛の中で頂点にいるのが但馬牛、三田牛なのです。
 ようするに、今回届いたお肉は日本最高のお肉と言うことになります。


   32-10-5.jpg
 いつものようにグリルしてみましょう。



   32-10-6.jpg
 フランベ。



   32-10-7.jpg

 出来上がりました。
 少し焼きすぎてミディアムくらいの感じ。
   
   32-10-8.jpg

 さて、食べてみましょう。

 ・・・うーん。
 それほどの感動はありませんでした。
 確かに美味いんだけどねえ。

   32-10-9.jpg

 今度、別のお店で同じブランドに挑戦してみたいと思います。


   32-10-3.jpg

 せっかく、伝説のボルドーワイン、プピーユを開けたのに・・・

 でもどっちも美味い。 

PageTop

天然トラフグ

 2月9日、土曜日。

 職場の裏玄関に花粉観測ロボット、ポールンロボを設置しました。

   32-9-1.jpg

 よく見えずらいのですが、今はロボットの目が白く光っている状態です。
 花粉の飛散はまだ少ないという意味で、飛散量が増えると目の色がどんどん変化していきます。



 ネットで注文していた天然トラフグが届きました。
  
   32-9-2.jpg

 これはあのりフグと言って伊勢湾沖で獲れるフグです。

 まずはテッサをいただきます。

   32-9-3.jpg

 うーん、美味い!
 養殖ものとは全然違います。
 歯ごたえ、肉の旨みがあります。

   32-9-4.jpg

 吟醸酒も美味く感じてしまいます。

 次、テッチリ。
   
    32-9-5.jpg

 当然、めちゃウマ!

   32-9-6.jpg

 身がしっかりしているから、煮込んでも煮崩れしません。
 この旨みを吸った野菜もいける味に。

 締めの雑炊がまた最高!

   32-9-7.jpg

 ちなみに雑炊に使用しているご飯、我が家は新潟魚沼産特別栽培米です。

 今夜は言うことなし!

PageTop

南コースの井戸


 2月6日、水曜日。

   32-7-1.jpg
 今晩の夕食は福寿苑の上カルビ弁当です。
 出来上がるまで、火鉢に当たりながら、韓国海苔をつまみにビールを飲んで待ってましょう。


   32-7-2.jpg
 これがお弁当。
 カルビに甘いタレがしみ込んでいて、もうめちゃくちゃ美味い!
 ライスもナムルもキムチも当然ハイレベルの美味さですよ。


 2月7日、木曜日。

 今日は江戸崎、南コーススタートです。
   
   32-7-3.jpg
 朝ビールを持ってきてくれたお姉さん、綺麗です。

   32-7-4.jpg
 昨日の寒い雨とは打って変わってポカポカの陽気、ビールも美味しいね。

 南コース、6番ティグラウンドの近くに井戸があります。

   32-7-6.jpg
 どれだけ深く掘っているのか、調査してみましょう。

   32-7-5.jpg
 でも手を滑らせてしまい、深い井戸の底に落ちてしまいました。
 「おーい、誰か助けて~!」


 今宵はタコスパーティーです。

   32-7-8.jpg
 トルティーヤ、チリミート、チリソース、ワカモレ(アボガドをつぶして味付けしたやつ)、チーズ、小エビ、トマト、レタスをそろえればオーケーです。

 あっ、そうそう一番大事なものを忘れていました。

   32-7-7.jpg
 メキシコのコロナビール。
   
   32-7-10.jpg
 レモンを絞って、ビン飲みします。

   32-7-9.jpg
 これがまたタコスに合うんだ!

 「ブエノ!」

PageTop

ムール貝

 2月3日、日曜日。

 今朝は、江戸崎カントリーにいます。

   32-3-1.jpg
 まずはモーニングビール。
 
 まだ8時だと言うのにこの窓の外の明るさ、わかりますか?
 だいぶ陽が強くなってきているのです。
 そう、明日から春です。
 今日は節分です。


  32-3-2.jpg
 サザンカの前で。
 今日は暖かい、春の陽気です。

 プレー終了後、これからここの役員の方と面接することになっています。
   32-3-3.jpg
 若干緊張気味のぼくです。
 3月にはここの会員になれます。


 帰宅すると、ネットで注文していた活きムール貝と活き車海老が届いていました。
   32-3-4.jpg
 生きたムール貝ってひげが付いているんですよ。
   
   32-3-6.jpg
 サフランはお湯につけておきます。

   32-3-5.jpg
 海老は生きたままタテにさばいて、アサリ、トリモモ、パプリカも加えて調理。

   32-3-8.jpg

 久々のパエリヤ、出来ました。
 これを取り分けていただきましょう。

   32-3-9.jpg

 いろいろな素材の旨みがライスに入っています。
 新鮮なムール貝、初めて食べましたが結構いける味です。
 今までムール貝のことバカにしてました、ごめんなさい。

   32-3-7.jpg

 フランス、シャンパーニュ地方のスパークリングワイン、ノミネ・ルナールです。
 この地方のスパークリングワインのことだけをシャンパンと呼ぶんですよ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。