ゴルフ、野鳥、時々グルメ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大晦日の夜は・・・

 12月30日、日曜日。

 オールドオーチャードゴルフクラブ、初めて行ってみました。
 ジム・ファジオ設計のアメリカンな戦略的なコースです。
   12-30-12.jpg

 ワングリーン、池が多数で絡んでいて、攻めがいがあり、ぼくとしてはこういうコースは大好きです。
 ウェイトレスも若くて綺麗。

 ご一緒させていただいて方々も非常にマナーもよく、紳士で気持ち良くプレーさせていただきました。
   12-30-11.jpg

 是非、また一緒にやりましょう!


 固くなってしまったフランスパンのバケット。
   12-30-13.jpg

 表面の部分は削り捨てて、残りをフードプロセッサーで粉々にしておきます。
 いわゆるパン粉にするのですが、パルメザンチーズのおろしたものとパセリのみじん切りも合わせておいて衣にします。

 とんかつ用のロース肉を肉叩きで叩いて、それから麺棒で薄く延ばしていきます。
   12-30-14.jpg

 小麦粉、卵、衣をつけてバターで炒め揚げるようにします。
   12-30-16.jpg

 いわゆるミラノ風カツレツです。
   12-30-15.jpg

 レモンだけで食べるのがお約束。

 薄いお肉、カリカリしたパン粉、チーズの香りが特徴。
 とんかつとは全然違う食感になります。


 12月31日、大晦日。
 
 公園でウェンディとお散歩。
   12-30-17.jpg

 青いパーカー可愛いね。
 ウェンディ「ありがとう。でもお洋服、もっといっぱいちょうだい。」

 ネットで注文していた、琵琶湖の天然マガモ、山形のそば粉10割の生そばが届きました。
   12-30-18.jpg

 今夜はカモ鍋にします。
   12-30-19.jpg

 野鳥の会のぼくとしては抵抗があるのですが、でもやっぱり天然のマガモはめちゃくちゃ美味い。
 日本のカモって日本のお米を食べているから、特に美味しいんですよ。

 締めは鍋のスープを使っておそばに。
   12-30-20.jpg

 年越しそばです。

 カモのだしをたっぷり吸っただしでとても美味しくいただきました。
 今年の締めとしても言う事無し。

 良い年が迎えられそう!

スポンサーサイト

PageTop

能登の天然ブリ

 12月25日、火曜日。

 ネットで注文していた天然ブリが届きました。
   12-30-1.jpg

 能登沖で獲れたての新鮮なブリ、まずはやや厚めに切ってお刺身にして味わい、残りは鍋にしました。
   12-30-2.jpg

 寒ブリと言って冬の寒い時期のブリはあぶらがのっていて美味とされているのですが、これは格別でした。
 身が白くてトロのよう。
   12-30-3.jpg

 締めの雑炊も当然ながら満足なお味。


 12月26日、水曜日。

 イシイ先生から新鮮でとても美味しそうな生ガキを送っていただきました。
   12-30-4.jpg

 レモンだけをしぼってかけて生でたっぷりいただいた後、残りはカキフライに。
   12-30-5.jpg

 今夜はカキづくし、たまらないね。


 12月27日、木曜日。

 仕事もゴルフもお休み。
 お昼のランチは桃花林で。
   12-30-7.jpg

 麻婆豆腐のセットはデザートに杏仁ドーフも付いてお得な感じでした。
   12-30-8.jpg



 12月28日、金曜日。

 仕事帰りにマルゲンミートによって、近江牛サーロイン300グラムをゲット。
 これをグリルパンで焼きます。
   12-30-9.jpg
 
 脂身が多くて半分しか食べれなかったけど、充実感はあります。

 12月29日、土曜日。

 ステーキの残りのお肉でガーリックライスを。
   12-30-10.jpg

 ステーキの翌日のお約束です。
 肉とニンニクとバターの味を含んだご飯が美味いんです。

PageTop

クリスマス・イブ


 12月22日、土曜日。

 冷たい雨のさむーい一日。
   12-25-1.jpg
 沖縄そばを食べてあったまりました。


 12月23日、日曜日。

 イブイブの夜は手作りハンバーグ。
   12-25-2.jpg


 12月24日、月曜日、クリスマス・イブ。

 オジマッチと江戸崎カントリーにお邪魔を。
 ロマンチックにゴルフのプレーです。
   12-25-3.jpg

 初めてのコースでしたが、若くて綺麗で明るいキャデイがいっぱいいて感動しました。
 また来たいね。

 今夜はホームパーティーでもするか!

 まずはシーフードグラタン。
   12-25-5.jpg
 魚介の旨みをホワイトソースに加えています。
 焦げたチーズがまた旨いんだよね。

 次、スペアリブ。
   12-25-6.jpg
 甘辛いケチャップ味です。
 これを食べてる時って、指に付いたケチャップ、つい舐めちゃうんだよね。

 ぼくのペットを紹介します。
   12-25-4.jpg
 セバスチャンとドンキホーテでーす。

 では次のメニュー、活きオマール海老の蒸し焼き。
   12-25-7.jpg
 レモンをかけていただきます。
 さよなら、セバスチャン、ドンキホーテ。
 君たちのことは絶対に忘れないよ。

 最後のメニュー、お約束のローストチキンです。
   12-25-8.jpg
 たった今、焼きあがりました!
 お腹にはレバーライスが詰まってますよ。

 あっ、サンタクロースが来てくれました。
   12-25-9.jpg
 ウェンディ「あたし、かわんいいかしら?」

 おれとしてはワインが一番旨かったりして・・・
   12-25-10.jpg
 

 

PageTop

コブシ

 12月16日、日曜日。

 日本晴れの穏やかな日曜日。
 気温もあまり下がらず、今朝はグリーンも凍結していません。
   DSCN2542.jpg

 16番、ティグラウンド横のコブシです。
   DSCN2535.jpg
 枝の先に付いている綿帽子は冬芽と言うもので、この中に花芽が入っています。
 来年の春、ここから花が咲きます。

11番グリーン、前の組があまりにもスロープレー(ハーフ、3時間ペース!)で、その前は誰もいないので12番にスルーしてみました。
 その行動にはなんの問題もないと思います。
 そのあとしばらくしてから支配人が血相を変えてぼくのもとにやって来ました。
 あの追い抜いた組にはキクチ理事という偉い人(?)がいてパスされたことをかんかんになって怒っていらっしゃるとのこと。
 支配人に今すぐあやまりに行きなさいと言われ乗用カートで彼のもとへ。
 キクチ理事、完全に切れてて、ほっぺたをふくませながら横を向いたまま。
 「今はおまえなんかと口もききたくない!」
 ぼくとしてはパスしたくらいでなんでこんなに怒っているのか、訳がわかりません。
 いつものことをやったまでのこと。
 その相手がたまたま理事だったからと言ってなんで謝らなければならないのでしょう。
 おまけに話し合いにも応じない。
 ぼくはすごく嫌な思いをしました。
 キクチ理事、どう考えても謝るべきなのはあなたのほうでしょう!

 それでも謝れというのならぼくはこのコースにこれ以上いたくありません。
 何の未練もありません。

 キャディのユカちゃん、今日は暖かくて気持ちいいね。
   DSCN2540.jpg

 キャディのみなさん、みんな心が温かくて、とても居心地がよかったです。
 ぼくはいろんなことをやらかして、数えられないほどみんなに迷惑をおかけしました。

 本当にごめんなさい!

 ぼくのたくさんのわがままもいっぱい聞いてくれて本当にありがとう。

 ここでの楽しかった思い出は、数えだせば、きりがありません。


 夕食、今夜は庶民的にもつ鍋。
   12-15-9.jpg

 締めはうどんを入れて。
   12-15-10.jpg

PageTop

シャトー ブラネール・デュクル


 12月14日、金曜日。

 仕事が終わって夕食を食べに西武デパートへ。
 そこの6階の寿司処、ねもとに入ることにしました。

 筑波コースがこれ。
   12-15-1.jpg

 ねもとコースがこれ。
   12-15-2.jpg

 値は張りましたが、それほど美味しく感じませんでした。
 残念。


 12月15日、土曜日。

 午後からラウンド。
 小雨の降るなか、イトちゃんと楽しく回りました。
   12-15-4.jpg

 気温がそれほど下がらず、あまり寒くありませんでした。

 それにしてもこのコース、経営がずさんすぎます。
 理事もくそばっかり。
 早く退会して別のコースに移りたいです。

 帰宅すると、ネットで注文していた土佐黒毛和牛のサーロインが届いていました。
   12-15-5.jpg

 300グラムあります。

 サーロインの場合はこのくらいのほうが、肉厚でほどよく焼き目が入れられると思います。
   12-15-6.jpg

 付け合せはプチキャロットのグラッセ、ジャガイモのソテー。
   12-15-8.jpg

 とても全部は食べられないけど、このお肉、ぼく的にはヒットでした。

 ボルドー、サンジュリアンのブラネール・デュクリュ。
   12-15-7.jpg

 このワインもすごい!

 タンニンがしっかりしたフルボディながら、濃厚な果実の風味があります。

 どちらも美味し過ぎます。


 

PageTop

プッタネスカ

 12月12日、水曜日。

 今夜は簡単に出来るパスタを作ってみました。
 具材はニンニク、鷹の爪、アンチョビ、ケッパー、オリーブの実。
   12-12-1.jpg

 プッタネスカ、娼婦風と言う意味です。

 ニンニクの香り、アンチョビの生臭さ、唐辛子の辛さ、そしてケッパーとオリーブの酸味とコリコリとした食感。
 これが娼婦の味か・・・
 何だか癖になりそう。
   12-12-2.jpg
 ニュージーランドのシニーネ、ソーヴィニヨン・ブランを飲みながら。


 12月13日、木曜日。

 いつものように朝からイーグル。
 最初のハーフはやはり南極探検状態です。
 グリーンはこちこちでコンクリートのように硬く凍っています。
 あんまり寒いんで走りながら回っていたら、なんと45分でターンしちゃいました。

 8番のマガモたち。
   DSCN2518.jpg

 今年はめずらしく大勢やって来ました。
 実は野生のマガモはとても美味しくて、結構高価なんです。
 カモ鍋食いてえ!
 
 でも、空はこんなに綺麗な青空、雲一つありません。
   DSCN2525.jpg

 空を見上げていたら今度はオオタカを発見。
   DSCN2530.jpg

 カラスに追われながら旋回しています。
 羽がまだ白っぽいので幼鳥のようです。

 がんばれ、カラスなんかに負けるな!

 12番グリーン、ピンがななめになっていました。
   DSCN2527.jpg

 前のプレーヤーがちゃんと挿してくれなかったみたいです。
 カップのふちが傷つきますので気を付けましょう。

 流れ悪くて2ランで撤退だけど、マイちゃん、今日は楽しかったよ。
   DSCN2534.jpg

 
 体が冷え切ったので、今夜は温かいボルシチを作りましょう。
   12-12-3.jpg
 ボルシチに欠かせないのがこの野菜、ビーツと言います。
 カブの仲間ですが、真っ赤。

 牛バラなどとじっくり煮込んで出来上がりました。
 サワークリームを混ぜながらいただきます。
   12-12-4.jpg

 ううーん、すっぱうまい!

  フクースナ!

 体が温まるよ。

PageTop

奥久慈シャモ


 12月9日、日曜日。

 今日もいつものイーグルですが、久々にイシイ先生が参加し、2サムのプレーとなりました。
   12-9-1.jpg

 先生は相変わらずのはつらつした大変若いゴルフを展開していました。
 チップインやバーディも奪取して気分も良好でしょう。

 ぼくはと言えば朝は凍ったグリーンにかなり苦戦、午後は遅延プレーに大苦戦です。
 コース全体のプレーヤーがフリーズ状態になってしまってました。
   12-9-2.jpg

 「あ~待ち飽きた。みんなに遅いぞって言うのも疲れちゃったよ。」

 7番の池でキンクロハジロのメスを発見。
   DSCN2515.jpg

 オスは白と黒がもっとはっきりとしています。


 夜は奥久慈シャモの残りをマリネしておいたのでこれをソテーにしましょう。
   12-9-3.jpg

 皮の部分を下にして、中火でじっくりと皮つきのニンニクとともに炒めます。
   12-9-4.jpg

 ほらっ、皮がパリッパリッでしょ。

 フランス、ロワール地方のプイイ・フュメ。
   12-9-5.jpg

 ソーヴィニヨン・ブラン種でしっかりとしたコクのある辛口白ワインです。
 当然、鳥肉との相性もばっちし。

メンバーのミヤマさんに打ち込まれました。
 しかし謝罪は一切なし。
 いったいこのコースはどうなっているのでしょうか?

PageTop

笹川 Ⅱ


 12月7日、金曜日。

 ネットで注文していた奥久慈しゃもが届きました。
   12-8-1.jpg

 今日はこれで水炊きにします。
   12-8-2.jpg

 鳥がらをしっかり洗って一時間ほど煮込むといいだしのスープが取れます。

 鍋を食べた後はラーメンに。
   12-8-3.jpg

 またこれが美味しい。当然だけどね。


 12月8日、土曜日。

 午後から1ラン。
   12-8-4.jpg

 いい陽気だったけど、コンペなどで流れ悪し。
 約14ホールしか出来ず、残念。

 今夜はアホ同盟で笹川にて忘年会です。

 まずはビールで乾杯。
   12-8-11.jpg
 リュウ君、いくらお腹がすいてるからってトシ君の耳をかじっちゃだめだよ!

 前菜はタコとエスカルゴ。
   12-8-5.jpg
 「う~まそ~!」

 それからお肉が出てきました。テンダーロインとサーロイン、半分づつ。
   12-8-6.jpg

 「早く食べた~い。」
   12-8-15.jpg

 マスターがフランベしながら焼いて。
   12-8-7.jpg

 ようやく焼けました。
   12-8-10.jpg

 「いただきま~す。」
   12-8-12.jpg

 マスター、ボルドーのヴィンテージ、よろしく。
   12-8-9.jpg
 
 締めはガーリックライス、トシ君、そんなに焦らないで!
   12-8-13.jpg


 お姉さん、今日はうちの若いもんが大変ご迷惑かけました。
   12-8-14.jpg
 

PageTop

熟成肉

 12月6日、木曜日。

 いつものように朝からイーグル。
 風は若干強めでしたが、冬のこの季節はしょうがない。
 地面は凍ってもいず、太陽が顔を出しているだけでもありがたいという感じです。

 17番、左サイドです。
   12-6-8.jpg
 林の木々はだいぶ葉を落として茶色くなってきました。
 寒々しい景色です。

 シノちゃん、枯れ葉を集めてたき火を始めるみたいです。
   12-6-9.jpg
 さつま芋、ぼくの分も焼いといてくれ。

 8番ティ近くのキーウィはまだ実を付けていました。
   12-6-10.jpg
 今よじ登っているとこです。
 甘いといいな。

 そろそろコンペも減ってきたので、比較的快適に回れて2,5ラウンド。
   12-6-11.jpg
 9番終わってストレッチを。


 帰宅すると、ネットで注文していた、中勢以の熟成肉の豚肉とテリーヌが届いていました。
   12-6-12.jpg
 豚肉は肉厚で美味しそうなロースです。

 トンカツもいいんだけど今日はグリルで焼いて肉そのものの旨みを味わってみましょう。
   12-6-13.jpg

 中はわずかにピンク色を残して焼き、塩コショウ、ニンニクバターで食べてみます。
    12-6-15.jpg

 熟成肉、豚肉もかなり美味です。

 それから、テリーヌも美味しい。
   12-6-14.jpg

 イタリア、ウンブリア地方のコッリ・マルターニは濃いめ、黄金色の白ワインです。
   12-7-1.jpg

 豊かな果実の香りと酸味が今回のポーク料理にぴったりでした。

 

PageTop

ウマヅラ


 12月3日、月曜日。

 イシイ先生にいただいていたカラスミを調理することに。
   12-6-1.jpg
 うちではいつもパスタにします。
 
 メンはディチェコの1,4ミリの細めん、それでニンニク味のパスタを作り、その上にカラスミの薄切りをまくだけのいたってシンプルな料理です。
   12-6-2.jpg

 それでも全然飽きがこなく、何度も食べたくなるのはやはり、カラスミが美味しいからでしょうね。



 12月5日、水曜日。

 ネットで注文していた、活きアワビと新鮮なウマヅラが届きました。
   12-6-4.jpg
   12-6-3.jpg

 ウマヅラと言うのはカワハギの仲間でちょっと間抜けな顔の魚です。

 どちらもお刺身で食べれるくらい新鮮なのですが、今回は鍋にすることに。
   12-6-5.jpg

 アワビも美味しかったのですが、ウマヅラの肝がふわふわしてて特に美味しく感じました。
   12-6-6.jpg

 そして締めはやはり雑炊。
   12-6-7.jpg

 何も語らなくともこの画で美味しさが伝わってくるんじゃないかと思います。

PageTop

幻の魚、クエ

 11月30日、金曜日。

 カキが残ったのでそれで調理を。
 
 カキとほうれん草のグラタンです。
   12-1-2.jpg
 上のバケットはカリカリ、中のクリームソースはカキのエキスを含んで味が濃厚。
   12-1-3.jpg

 体の芯から温まってきます。
 冬はグラタンに限る。


 12月1日、土曜日。

 午後からイーグルでスタートしたのですが、直後から突然のヒョウ混じりの嵐です。
 あんまり寒いので、3打打ち終わってホールアウトです。
 残念だけど風邪ひくよりはましかな。

 帰宅するとネットで注文していたクエが届いていました。
   12-1-4.jpg

 これは幻の魚と言われる高級魚です。
 ぼくも今回、初めて口にします。

 まずは薄造り。
   12-1-5.jpg
 ハマチのような歯ごたえだけど、臭みは全然ありません。

 それから鍋に。
   12-1-7.jpg
 しばらく煮ても、煮崩れせずしかも味は上品。

 締めはやはり雑炊で。
   12-1-8.jpg

 結構なお味でしたが値段もなかなか結構なものでした。

 やっぱり冬は鍋に限る。


 12月2日。
 
 今日もイーグルですが、オジマっちと2サム。

 これ10番ティグラウンドの光景です。
   DSCN2504.jpg

 南極ではありません。

 風もなく陽も出てきましたが、チズルちゃん、寒いよ。
   DSCN2508.jpg

 オジマっちと空中遊泳の証拠写真です。
   DSCN2511.jpg
 実はぼくは超能力者だったのです。


14番グリーン。
 パットをやっていると後ろから打ち込まれてしまいました。
 支配人をよんで、ちゃんと謝れば許してあげると言っておきました。
 しかし、完全にシカト!
 これってありえるんでしょうか?
 後で聞いたらメンバーのミヤマさんというやつ。
 とんでもないよね。
 こういう人はゴルフやる資格もないでしょう。
 こういう人を放置する理事会もどうかと思います。

 こんなコース、あんまり長くいたいとは思いませんね。
 どこかにいいコース、ありませんか?

  遅い組につかまると体が冷え切ってしまいます。
   DSCN2513.jpg
 どのハーフもほとんどすべてを消化できず、今日はこれで撤退です。

 いつもいつも待ってばかりで、だれか少しはぼくのことも考えてくれよ!


 帰宅するとネットで注文していた三元豚が届いていました。

 これらを二種類のオーブン焼きにしました。
 一つは茄子とピーマンのトマトソース、チーズをのせて。
   12-1-9.jpg

 もう一つはトマトソースとパン粉をまぶして。
   12-1-10.jpg

 ワインはフランス、プロヴァンス地方のドメーヌ・オット。
   12-1-11.jpg
 ボトルもセクシーで可愛い。
 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。