ゴルフ、野鳥、時々グルメ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

台風の夜は


 9月30日、日曜日。

 8日ぶりにイーグルポイントでプレー。

 ススキがいけてありました。
   DSCN2065.jpg

 そうか、今日は中秋の名月か。

 ヤスエロ君とオジマちゃん、3人でスタートです。
   DSCN2058.jpg

 この二人、同じ格好していますがあかの他人だそうです。
 服装かぶったりすると、ちょっとはずかしいよね。

 キャディはミポちゃん。
 今日は他人がいるからって、ぼくら二人のことは「ないしょ、ないしょ。」てうるさいんです。

 ぼくがティーショット打つたび、「ナイショッ。」
 アイアンショットでも、「ナイショッ。」

 大丈夫、誰にも内緒にしてやるよ。


 ヤスエロ君、プレーがスロー気味なのでせっかちなぼくは早くもいらいら。
   DSCN2060.jpg
    
 「素振りはいいから早く打ってくれ!」

 ラウンドで彼が帰ったのでいつものペースに戻ってほっとしたとこ。
   DSCN2063.jpg

 なんとか2,5ラウンド終了です。


 夜ご飯はカルボナーラに。

 チーズはパルミジャーノ・レジャーノとペコリーノ・ロマーノを半分づつ。
 ベーコンは使わず、パンチェッタを。
   DSCN2066.jpg

 チーズの香り、くさいけど癖になりそう。
   DSCN2069.jpg


台風でお月見どころではなくなっちゃって、今晩はウェンディとまったり。
 ススム「本当に大事なものって、目には見えなかったり、数字では表せなかったりするんだよ、ウェンディ。」  
   9-30-18.jpg

 ウェンディ「目にみえないもの、数字であらわんせないものの中に大事なものがあるの?」

 ススム「そうさ。そしてゴルフも同じだと思うんだ。スコアとか、ハンディキャップなんかばっかり気にしていたら本当のゴルフの楽しさが判らなくなっちまうのさ。」

 ウェンディ「じゃあ、女の子って目に見えるものでしょ。だったらパパも女の子を気にしないでね。」

 ススム「それは別。」

 

スポンサーサイト

PageTop

イモブタ


 9月28日、金曜日。

 ネットで注文していた活き伊勢海老とオコゼが届きました。
   9-30-12.jpg

 どうしようか考えて、伊勢海老は中華風に、オコゼは普通にから揚げにすることにしました。

 伊勢海老のチリソース炒め。
   9-30-13.jpg

 これは思わぬヒット。
 この調理法が、伊勢海老を一番美味しく食べられる方法だと確信しました。

 オコゼのから揚げ。
   9-30-19.jpg

 オコゼって顔はすごーく不細工だけど、ひょっとしたらおさかなのなかでも最高に旨いんじゃないかと思いました。

 
 9月29日、土曜日。

 体調がまた悪化、残念ながらゴルフはお休みです。
 うちでしばらく横になってはやく治さなくちゃあ。

 でも、じっとしてられない性格なので、お庭に出てぼくの大切なバラたちと世間話を。

 ススム「ミニバラちゃんたち、ようやく綺麗に咲き誇ってきたね。」

 ピンク「暑い日は顔に吹き出物がでるから、涼しくなるまで待ってたのよ。」
   9-30-20.jpg
 
 イエロー「わたしは虫が大嫌い!ススムさん、ちゃんと退治してね。そうじゃないと、もうこの美しいわたしの笑顔、見せてあげないわよ。」
   9-30-22.jpg

 オレンジ「わたしは許してあげる。風邪で体調が悪くてもこうして会いに来てくれたんだもの。」
   9-30-21.jpg

 バラって、愛情をかければかけたぶんだけ、綺麗な花となって恩返しをしてくれます。

 でも人間の女性はどうなのかな?

 
 ネットで注文していたイモブタのロースが届きました。
   9-30-24.jpg

 さつまいもを食べさせて育てたみたいです。
 トンカツにしてみましょう。

 ぼくはパン粉もこだわって、食パンからフードプロセッサーで砕いて作ります。
   9-30-23.jpg

 添えるレモンはうちの庭で育てたもの。
   9-30-25.jpg

 出来ました。イモブタロースのトンカツ。
   9-30-26.jpg

 うまく調理したつもりでしたが味はいまいち。
 どんなことでも失敗はつきもの。
 しかたないよ。

 しかしこのブタ、二度と食わねえぞ!

PageTop

サミットゴルフ倶楽部

 9月26日、水曜日。

 帰宅すると、ネットで注文していたマイスター・ムラカミのソーセージが届いていました。

 ここのソーセージはかなり評判が良く、たまに注文しています。

 いいソーセージの最も美味しい調理法はお湯で3分ほど茹でることだと思います。
   9-30-2.jpg
 ホワイトソーセージ、フランクフルト、レバーのソーセージ。

 ザワークラフト、ピクルスを添えて。

 飲み物はハイネケンビール、ドイツの白ワイン、カッツで。
   9-30-3.jpg

 「レッカー!」


 9月27日、木曜日。

 朝ごはんはソーセージの残りでホットドックを。
   9-30-4.jpg

 今日はユウ君とサミットゴルフ倶楽部でゴルフです。
   9-30-5.jpg

 キャディなし、2サムプレー、寂しいけど頑張ろうね。
   9-30-11.jpg

 39組も入ってて、コンペも入ってる割にはスムーズにまわれて、ハーフ2時間のペースでした。
   9-30-9.jpg

 うちのコースではとても無理だね。

 ユウ君のアドレスをチェック。
 矯正前。
   9-30-6.jpg

 矯正後。
   9-30-7.jpg

 どうでしょう?
 ちょっとかっこよくなりましたか?

 コース内の池でスイレンの花を発見。
   9-30-10.jpg


 モネの大好きな花。
 癒されます。

 ゴルフをしているときくらいはこどもの気持ちに戻って、いろんな自然を楽しみたいものです。

PageTop

回鍋肉


 9月21日、金曜日。

 今日も中華料理で攻めましょう。

 鯛の刺身、中華風。
   DSCN1967.jpg

 大根、きゅうり、ねぎ、にんじんなどを千切りにしてちりばめ、鯛の刺身を薄く切ってその上に並べます。
 さらにその上にピーナッツのロースト、餃子の皮を揚げて砕いたものをのせ、シャンツァイをふれば出来上がり。
 ドレッシングは醤油、ピーナッツ油、レモン汁などで。

 食べる直前に全体を混ぜ合わせて。
   DSCN1968.jpg

 ナッツ、餃子の皮、刺身、野菜それぞれの違った食感が味わえます。
 そして、シャンツァイ、ピーナッツ、レモンなど個性的な香りが食欲を刺激します。


 回鍋肉。
   DSCN1970.jpg

 これが大好きでぼくがいままで最も多く作ったことのあるメニューです。

 今回はチューニャンという調味料が入手できたのでより本格的な味に近づいたように思えます。
   DSCN1973.jpg


 甘くて辛くてご飯がすすむんだよねえ。


 9月22日、土曜日。

 朝から2ラン。

 また、バラを持参しました。
   DSCN1987.jpg

 秋バラになってきて優雅さが戻ってきましたね。

 今日もキャディは19歳のアカネちゃんです。

 ススム「今日はおじさんがオトナの男の良さをいろいろ教えてあげようか?」
   DSCN1981.jpg
 アカネ「いいえ、結構です。」

 ススム「夕食はどこに食べに行こうか?」
   DSCN1979.jpg
 アカネ「どこにも行きません。」

 アカネちゃんて、ほんとに照れ屋なんだから。

 帰宅するとネットで注文していたバラ2株届いていました。
   DSCN1974.jpg

 ビアンヴニュとオレンジメイアンディナ。

 ぼくの娘がまた増えました。


 9月22日、日曜日。

 風邪と二日酔いで絶不調。
 一日中、ベッドで臥せってました。

 誰か、ぼくに風邪をうつしたな。

PageTop

麻婆ドーフ


 9月19日、水曜日。

 ネットで注文していた沖縄そばが届きました。

 まずはジーマミ豆腐を前菜に。
   9-20-1.jpg

 ピーナッツのお豆腐です。
 香りがいいですよ。

 次はゴーヤチャンプルー。
   9-20-3.jpg

 具材にポークを入れると雰囲気が出ます。
 苦くて美味しい。

 こういう時はやはり泡盛を飲まなくちゃね。
   9-20-2.jpg


 締めに沖縄そば。
   9-20-4.jpg

 これもいろいろ試しましたが、今は与那原そばというブランドに落ちついます。
   9-20-5.jpg

 ヨシケン、元気かな?


 9月20日、木曜日。

 いつものように、いつものコースで3ラン。
   9-20-9.jpg

 乗用カート、涼しくなってきたのでかなり楽になってきました。

 でも、24組、コンペがいくつか入ってて進行がかなり悪くなっています。
   9-20-7.jpg
   9-20-8.jpg

 いらいらしちゃってドライバーショットひっかけ。
 クラブを離してしまいました。
 マナー、悪いね。
 良い子は真似しないで下さい。

 キャディは面食いのメンライちゃん。
   9-20-6.jpg

 「メンライちゃん、イケメンじゃなくて悪かったな。」

 待ち時間にほかのプレーヤーを観察。
   9-20-10.jpg

 「あのミニスカートの子、いい脚してんな。」

 お願いだから、みんな早くプレーして!


 夕食はうちで中華を。

 スルメイカとセロリの炒め物。
   9-20-11.jpg

 ぼくはスルメイカ大好き。

 そして麻婆ドーフです。
   9-20-12.jpg


 まず肉みそを作る。
 トーチーを加える。
 ひきたての花山椒をふる。
 豆板醤はたっぷり。

 これがぼくなりの秘訣です。
   9-20-13.jpg


 とっても辛いけど美味しい。

 

 

PageTop

敬老の日


 9月17日、月曜日。

 昨日、ヨシケンは沖縄に帰ってしまいました。
 とても楽しかったそうです。

 今日が敬老の日ですが、ぼくは充分に老人孝行したんじゃないかと思います。

 で、今日はいつものように一人でゴルフ、3ラン。

 キャディはアカネちゃん、19歳、かわいいねえ!
   DSCN1923.jpg

 アカネ「ススムさん、敬老の日、おめでとう。」
 ススム「こらっ、おれは確かにおやじだけど、ジジイにはなってないぞ!」

 19歳の子からみたら大して変わんないのかも。

 今日はちょっと混んでて、ビジターさんがぼくを待たせることもしばしば。
   DSCN1915.jpg
 ススム「君と一緒なら、いくら待ってても平気さ。」
 アカネ「あっ、そう。」

 特にグリーン上はみなさん、なかなか終わりません。
   DSCN1919.jpg
 ススム「みんなの時間は長いけど、ぼくら二人の距離はどんどん短くなるね。」
 アカネ「はいはい。」

 誰かがバンカーに入れてしまいました。
 ススム「あそこのバンカーは深いんだよ。ぼくらの関係も深いけどね。」
 アカネ「はやくおうちに帰れ!」

 マスター室に戻ったら、カミツマ君がいます。
   DSCN1924.jpg

 「ススムさん、敬老の日、おめでとう。」

 なんじゃとワレー、しばいたろかー!


 帰宅したら、また骨付きトリモモが届いていました。
   DSCN1927.jpg

 今回もバターミルクフライドチキンにして、それからケイジャンフライドポテトも添えて。
   DSCN1930.jpg

 これけっこうマイブーム。
 
 

PageTop

頑張れ、ヨシケン!


 9月16日、日曜日。

 今日もヨシケンと対決。
 ナッソー方式で2,5ラウンドもまわりました。
 ジジイにしてはタフ、でもきっと明日は筋肉痛で動けないよ。 

 今回の戦いはかなり白熱し2ラウンドを終わってオールスウェア。
   9-16-5.jpg
 勝負の行方は最後のハーフへ。
 頑張れ、ヨシケン!
   9-16-6.jpg
 キャディのユーコちゃんも応援してるよ。

 ここにきてヨシケンは絶好調、そしてぼくのクラッチパットはなかなか決まらず、ついにぼくが白旗です。

 おめでとう、ヨシケン!
   9-16-1.jpg

 では踊ってもらいましょう。
   9-16-2.jpg
 「オーレー、オーレー、ヨシケンサンーバー。」

 戦い終わって、レストランでも勝利の舞を踊っています。
   9-16-3.jpg
  「オーレー、オーレー、ヨシケンサンーバー。」
   9-16-4.jpg

 くやしいっ!
   9-16-7.jpg
 また今度沖縄から来たときレベンジしてやる。


 帰宅するとネットで注文していた北海道で朝に捕れたばかりの新鮮なサンマが届いていました。
   9-16-9.jpg

 この時期はその辺のサンマが一番あぶらがのっているんですよ。

 塩焼きでもいいんだけど、むしろその旨みを味わうために竜田揚げにすることに。
 ようするにから揚げです。

 サンマを3枚におろして、適度に切り分け、しょうゆにつけ、片栗粉をまぶしてあげます。
   9-16-8.jpg

 塩焼きよりも飽きずにいっぱい食べれますよ。

 秋を満喫。
 

PageTop

ヨシケン参上

 9月14日、金曜日。

 仕事から帰宅すると、ネットで注文していた新鮮なキス、メゴチ、アナゴ、アサリ、それからマツタケが届いていました。
   9-15-1.jpg

 これは当然、てんぷらですね。

 でもまず、天つゆ作りから。
   9-15-2.jpg
 ちゃんと昆布とかつお節でだしをとっているんですよ。

 衣は冷やした状態で。
 これは常識ですね。

 鍋はなるべく厚い鉄鍋で油も多めに。
   9-15-3.jpg
 ぼくは素人なので、温度計で正確に計りながら、一定の温度に保つようにこまめに火の調節をしています。

 あげ終りました。
   9-15-4.jpg

 アサリはおすましに。
   9-15-6.jpg
  
 何とかカラリと揚がってるみたいです。
   9-15-5.jpg

 今宵もアル・ポッジョとともに。


 9月15日、土曜日。

 午後から1ラウンド。
 なんと沖縄からはるばるゲストが登場。
   9-15-7.jpg

 ヘンタイ、スケベジジイのヨシケンです。
 ぼくの父親ではありません。
ヨーダでもありません。
   9-15-8.jpg


 ヨシケンは飛距離が出ないのでレディースティーから打って、ぼくとエブリーワンで勝負。
 本日はぼくの圧勝、明日は頑張れ、ヨシケン!

 夜は笹川でステーキ。
 マスターは特別にアワビのソテーをサービス。
   9-15-9.jpg

 これは美味しかった。

 ワインはボルドーのメドック。
   9-15-10.jpg

 お肉はサーロイン、テンダーロイン半分づつ。

 食べながらもゴルフ談義に花が咲きます。
   9-15-11.jpg

 「ちゃんと肩を回していかなきゃ。」
 「手打ちはだめだよ。」
 意外とぼくはスパルタで厳しいんです。
   9-15-12.jpg


 ジジイ、明日は頑張れ! 

PageTop

すき焼き

 9月13日、木曜日。

 いつものコースで朝からスタート。

 いつものようにバラのおみやげ。
   9-13-8.jpg
 パパ・メイアン、赤黒い感じ、艶めかしくて綺麗でしょ。

 キャディはシマダちゃん。
   9-13-6.jpg
 いつ見ても綺麗だね。
 「ススムさん、そんなこと言っても何も出ないわよ。」

 今日はビジターの組ばっかりで進行が遅れがち。
 みなさん、慎重に時間をかけてクラブを選んだり、パットのラインを読んだりしていますよ。
 「でもどんなクラブでもミスショットしたら意味ねえぞ。パットだってまっすぐ打てなかったら、ライン読むだけ野暮だよ。」
   9-13-7.jpg

 素人はおおざっぱぐらいでいいんじゃなかと思います。
 それよりいい大人なんだから、人に迷惑かけないようになるべく速やかにプレーしようよ。

 というわけで、きょうは待ってばっかり。
 カートのシートで昼寝をしたり。
   9-13-3.jpg

 ティグラウンドでストレッチをしたりです。
   9-13-1.jpg

   9-13-2.jpg


 マスター室で愚痴をいいながら、美女たちを口説くぼくでした。
   9-13-4.jpg

 「もうゴルフなんか、やってらんないよ。今からどこかドライブ行こうか?乗用カートで・・・」
   9-13-5.jpg



 帰宅すると、ネットで注文していたすき焼き用の神戸牛(三田牛)が届いていました。
   IMG_0029.jpg

 すき焼きで肉を美味しく食べる方法って難しいと思います。

 やはり、関西風がいいんじゃないかと思います。

 まずお肉に砂糖をふっておく。
 割り下は使わず、醤油、お酒、お砂糖のみで味付け。
 具材に生麩を入れる。これが旨みを吸い込んで美味しくなります。
   9-13-10.jpg


 あっ、美味しい日本酒買うの、忘れちゃった!

PageTop

プリンセス ドゥ モナコ


 9月10日、月曜日。

 職場でぼくが育てているバラ、プリンセス ドゥ モナコがきれいな花を付けました。
 当時のモナコ王女、グレース・ケリーに捧げたバラです。
   9-12-1.jpg

 香りも豊か、見た目も優雅です。

 秋になって花持ちが長くなり、いよいよ秋バラの美人コンテストが始まります。


 今夜は普通にから揚げです。
 最近マイブームのアメリカ風の味付けにしました。
   9-12-2.jpg

 しっかり揚げているので、時間が経ってからもおいしいですよ。
 シャンパンとともに。


 9月11日、火曜日。

 今日も普通にハンバーグを作りましょう。
 こねるときは、なるべく手の体温をパテに移さないように素早く。
   9-12-3.jpg

 できたら一旦冷蔵庫で寝かしておきましょう。
   9-12-4.jpg

 まぁ、普通においしいです。
   9-12-5.jpg


 9月12日、水曜日。

 ちょっと薄めのサーロインがうちにあったのでこれを調理することに。
   9-12-6.jpg

 普通にフライパンで炒めると火が通りすぎるので、今回はグリルパンを使います。
 両面に網目模様の焼き目を付けて、ニンニク醤油でいただきます。
   9-12-7.jpg

 ワインはシャトー・ブスコー 2004年。
   9-12-8.jpg

 8年も経ってるから割と熟成している感じです。
   9-12-9.jpg


 普通においしいよ、ウェンディ。
   9-12-11.jpg


 「パパ、それ残ったらあたしにちょうだい。でもお肉食べ過ぎたら太っちゃうかしら?」

   9-12-10.jpg

PageTop

楼外楼

 9月8日、土曜日。

 いつも通り、午後から1ランでしたが、今回はリュウくんがご一緒。
 そしてキャディはおとといと同じ、シノちゃんでした。

 ゴルフって、スウィングについて悩み始めるときりがありません。
   9-10-2.jpg
 「スウェイしてないかな。そしてトップでの右ひじの位置は?」

 深く考える二人でした。

 それから人生について考え始めました。
   9-10-1.jpg

 「人間は万物の尺度である。そして人間は考える葦である。」

 深く考える二人でした。

 そのうちサル並みの頭脳の二人は考えるだけ無駄だということにようやく気付いたのでした。
   9-10-4.jpg

 「アーイアイ、アーイアイ。おさーるさーんだよー。」


 リュウくん、憧れのヨシエちゃんだよ!2ショットで撮ってあげる。
   9-10-5.jpg

 君のお宝になるよ。

 ついでにぼくも2ショットで。
   9-10-6.jpg

 何故か、ソフトフォーカスを入れてメルヘンタッチで。

 ハニー、少しは嫉妬して!



 9月9日、日曜日。

 持参のバラをヤナさんに持ってもらいました。
   9-10-7.jpg

 バラとオヤジ、このアンバランスさがアート。

 久々にオジマちゃんが一緒。
   9-10-9.jpg


 オジマちゃん、若いねえ、もうすぐ?才台とは思えません。
   9-10-8.jpg


 キャディはいつもおとぼけ、ヒロちゃん。
   9-10-10.jpg

 「ヒロちゃん、今日も激しいんだから! ススム、壊れちゃう・・・」



夜ご飯はつくば市の中華料理店、楼外楼へ。

 比較的お安い値段で本格的な中華が味わえます。

 北京ダックをまず注文。
   9-10-12.jpg

 ちゃんと中にぱりぱりのダックの皮が入ってます。

 それから冷やし中華。
   9-10-13.jpg

 しょうゆ味ですが、暑くて食欲の無い時にはグー。

 五目焼きそば。
   9-10-11.jpg

 メンにしっかりと焼き目を付けています。

 最後はサービスの杏仁ドーフを付けてもらいました。
 接客などの不備はちょっと気になりますが、これも中国風だと思えばね。

 コストパーフォーマンスの高さはこの界隈随一でしょう。

 

PageTop

マツタケ

 9月4日、火曜日。

 スーパーでお手頃価格の中国産マツタケを見つけて買ってきました。
   DSCN1764.jpg

 「さて、どうしよう?」

 やはりパスタにしましょう。

 うちでは、毎年この季節は恒例なんです。
 ペペロンチーネをベースにパンチェッタとマツタケを炒めてからめます。

 だからそのまんまマツタケとパンチェッタのペペロンチーネ。
   DSCN1766.jpg

 そして合わせるのは白の貴族、モンラッシェ。
 このワインは小説「三銃士」にも出てきます。
 「帽子を脱いで、 膝まずいて飲め!」

 マツタケも旨いけど、モンラッシェ最高!
   DSCN1771.jpg

 「誰か、ぼくを止めて!」


 9月5日、水曜日。

 ポークのスペアリブに自家製バーベキューソースを朝から仕込んでおきました。
   DSCN1773.jpg

 このソースはケチャップを中心にニンニク、ホットペッパー、白ワイン他いろいろ混ざってます。

 これをオーブンで220度、15分。

 はい、焼きあがりました。
   DSCN1775.jpg

 付け合せはシェイキーズをまねしたフライドポテト。

 ちょっとべとべとしたスペアリブを手づかみで食べましょう。
   DSCN1780.jpg

 特に骨にくっ付いてるところが一番旨いね。

 「ヤーミー!」


 9月6日、木曜日。

 久々にホームコース、イーグルポイントでゴルフ。
 と言っても一週間ぶりですけど。

 キャディは美熟女、シノちゃん。
   DSCN1784.jpg

 草木の名前をよく知ってるのでいろいろ教えてもらったりしています。

 乗用カートで3ラン、楽勝でした。

 10番、フェアウェイで。
   DSCN1782.jpg


 「あれー、思ったほど飛んでないなあ。」

 と思って、セカンドショットを打ったらボールが粉々に。
   DSCN1783.jpg

 キノコと間違えて打ってしまいました。
 キノコの生える季節。

 暑い暑いと言いながらもあちらこちらに秋が見つかります。
 明日は白露か・・・
 
 今、ストレッチをやってるとこ。
   DSCN1790.jpg

 どうですか、みなさん、出来ますか?

 逆も。
   DSCN1791.jpg


 開脚はどうですか?

   DSCN1793.jpg

PageTop

キャディ・ンガンガ

 はーい、わたし、ンガンガ。
 とある会員制ゴルフ倶楽部のキャディをつとめております。

 そこの会員の一人にススムというとんでもないオヤジがいるんです。
 このオヤジ、ゴルフは大好きみたいなのですが、馬鹿でヘンタイでスケベなんです。

 わたし、ンガンガのセクシーなダンスとススムのことをまとめて動画にしてみました。

 もしこの動画が見れないようならYOUTUBEでわたしの名前を探してみてちょうだい。


 一応、言っときますけどわたし、ススムに顔が似てるってときどき言わるんですけどあくまであかの他人ですから。
 

  [広告] VPS

PageTop

ススの逆襲

 軽井沢の思い出を幾つか。

 雲場池です。
   DSC02862.jpg
 いつ来てもここの景観の素晴らしさに感動するんですが、今回は夕もや迫る小雨の中の雲場池です。

 この幻想的な風景、美しいでしょう。
 後ろに聳えるのは浅間山です。


 軽井沢、イタリア料理の老舗の名店、スコルピオーネ。

 オーナーは今年で70の渋い声の素敵な方。
   DSC02882.jpg
 ぼくはかってに「スコルピじいさん」と名付けてしまいました。

 前菜です。
   DSC02868.jpg
 お刺身は関サバを使用、さりげないこだわりがこの店の魅力です。

 スカンピのグリル。
   DSC02872.jpg
 身がとっても甘ーい!
 さっきまで生きてたのかな?

 ボンゴレ・ビアンコ。
   DSC02874.jpg
 今風ではないのだけれど、メンのもちもち感、これが本当のアルデンテと言うのだろうか?

 近江牛のグリル。
   DSC02877.jpg
 マデラソースの甘みと良質の和牛がフィット。

 あとはデザート、それからカモミールのハーブティー。
   DSC02883.jpg
 もうお腹いっぱい。
 どんな綺麗な女の子でも入りません。


 中軽井沢カントリーでは、ジャバ様に徹底的に厳しいゴルフの指導を受けました。
   DSCN1720.jpg

 ぼくのどんなナイスショットも彼は認めてくれません。
 もっと頑張って彼の期待に応えなければいけません。

 ちなみに彼は自分のショットについてはとても甘くて、
 「デターッ、これだよ。おれってすごーい!」
 ってよく言ってます。

 彼のショットは絶対に曲がりません。
   DSCN1729.jpg
 これはオービーかなってボールも、絶対池ポチャしたよってやつも行ってみると何故かフェアウェイのいい所に。

 数々のスーパーショットも放っています。
  深い林の中からでも一発で脱出しますし、難しいアプローチもベタピンに寄せてます。
 いつもぼくが忙しくて目を放してる隙に、何故かぴったりと寄っています・・・・・・・

 日頃の行いの良さがそういう所で出るんですね。
images.jpg


 最後に。
 お願いだからぼくのパター、隠したりしないで。

そして、ぼくの世界中で一番大切なものを奪おうとしないで!

PageTop

軽井沢


 9月1日、ぼくの仕事帰りの午後に事件は起こりました。
 
   DSCN1676.jpg

 金髪の美人に変装したジャバ様にうっかり声をかけてしまい、ぼくとぼくの仲間、A氏、B氏は彼につかまってしまったのです。

 ジャバ様に連行された先は彼らの隠れ家がある、軽井沢です。

 ここはとても涼しく、エアコンのいらない快適な場所でした。

 しかしこのままではジャバ様に食べられてしまいます。脱出を試み、彼らと戦いましたが敵の矢が頭に刺さってしまいました。
   DSCN1691.jpg

 首にも刺さってしまいました。
   DSCN1697.jpg
 
 そしてここにも!
   DSCN1698.jpg


 重傷を負ったぼくはまたもや料理当番にさせられ、翌日の朝食の担当に。
   DSCN1703.jpg
 フランスベーカリーのバケット、ウィンナー、ベーコン、卵、牛乳などは地元の食材です。トッピングは贅沢にもキャビアです。


 次の連行先は、中軽井沢カントリー倶楽部。

 そこで無理やりゴルフをさせられてしまいました。(楽しかったけど。)
   DSCN1723.jpg

 涼しくて乗用カートですから、ずいぶん楽です。

 これは、ジャバ様がA氏を打ち首にしているところ。
   DSCN1731.jpg

 決してゴルフのスウィングではありません。

 「ブシャシャ、ゲコゲーコ!」
   DSCN1732.jpg

 首がはねるのって、いつ見ても気持ちいいって言ってます。



 最終連行先は中華料理の栄林。
   DSCN1735.jpg

 お値段は若干高めですがかなり美味しかったです。

 フカヒレと蟹のスープ。
   DSCN1742.jpg
 トリのだしのうまみが強烈。

 トリのから揚げ、鉄板焼。
   DSCN1745.jpg
 ここの名物料理ですから、まずいはずがありません。

 アワビのクリーム煮。
   DSCN1747.jpg
 アワビの香り、旨みを充分に引き出してます。

 その他もろもろが出て、デザートは杏仁ドーフ。
   DSCN1760.jpg
 ただの白いかたまりにブルーベリーが乗ってるだけですが、めちゃくちゃ美味しかったです。

 ススム「ジャバっち、そろそろ地球に帰してくれ。」
   DSCN1740.jpg

 
 ジャバ「ブータ、パーゲ!」
   DSCN1752.jpg

 もっとここにいたいって駄々こねてます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。