ゴルフ、野鳥、時々グルメ

琵琶湖の天然うなぎ


 7月12日、水曜日。

 マルゲンミートで生ハムと牛挽き肉を購入。

 まず前菜に生ハムメロン。
  005_convert_20170719093548.jpg

 これ、不思議に相性がいいんです。

 そして主菜ははハンバーグにしましょう。
   009_convert_20170719093636.jpg

 どうでしょうか?
   011_convert_20170719093651.jpg

 今回は肉汁があふれ出る感じで比較的上手に出来たかも知れません。

 シャトー・サン・ピエール。
   007_convert_20170719093603.jpg

 甘草、森の下草、香ばしいトーストのニュアンスとドライフルーツやベリー系果実のアロマ。
 繊細な酸とビロードのようなタンニンが複雑な余韻へと導くエレガントな味わいです。


 7月13日、木曜日。

 つくばみらい市の某コースでレッスンラウンド。
   019_convert_20170719094915.jpg

 ようやく肘の痛みが少し軽くなってきました。
   022_convert_20170719093725.jpg

 でもだからといって上手くいてるようになるとは限りません。
 ボールは右に行ってばっかり。
   025_convert_20170719093738.jpg

 なんだか本当にゴルフの打ち方を忘れてしまったみたいです。

 高知県から四万十川の天然の鮎が届きました。
   027_convert_20170719093759.jpg

 これで塩焼きに。
   031_convert_20170719093844.jpg

 これはぼくがずっと前から楽しみにしていたもので本当に美味しくて大好きです。
 スイカの香りとワタの苦味・・・

 ブルゴーニュ・アリゴテ。
   040_convert_20170719093938.jpg

 そよ風のようにフレッシュな白ワイン。
 温厚、素直でフルーティー。
 ブーケはアカシア、サンザシなどの花の香り、あるいは白リンゴなどの果物の香り。


 7月14日、金曜日。

 マルゲンミートでローズポーク、生パン粉を購入。
 今夜はロース豚カツです。
   042_convert_20170719094142.jpg

 一人前200グラムですが、このくらいのほうが肉に厚みがあっていいんじゃないかと思います。

 モンテス・アウターリミッツ、ソーヴィニヨンブラン。
   049_convert_20170719094250.jpg

 凝縮した果実味とフレッシュで明るい活き活きとした味わいが特徴的。
 青リンゴ、アスパラガス、レモン、ライムなどの清々しい香りが感じられます。


 7月15日、土曜日。 

奈良県から三輪素麺をお取り寄せ。
   045_convert_20170719094201.jpg

 この地方の素麺はなんと1200年前から続いているそうです。
 さすが大和の国、スケールが違います。
   047_convert_20170719094232.jpg

 チョー極細の麺ですが、コシはしっかりしています。


 7月16日、日曜日。

 江戸崎カントリーにてラウンド。
   051_convert_20170719094306.jpg

 まだ梅雨明けしていないのにどうしてこんなに暑いのでしょうか?
 最初のハーフは1時間半で上がりましたが、後半は3時間近くもかかりました。
   055_convert_20170719094328.jpg

 暑くて、時間もかかって、最後はもう意識朦朧です。

 今夜はアメリカンに。
 フライドチキンとフライドポテト。
   059_convert_20170719094408.jpg

 生のビーツを添えて。
 食欲はあまりありませんでしたが、ポテトは意外に美味かったな!

 シャンパーニュ、ベルナール・ペルトワ。
   057_convert_20170719094350.jpg

 細かく小さな泡がゆっくりと立ち上がり、青リンゴ、洋梨のフレッシュな果実感、酵母香、ジャスミンなどの花の香りを運びます。


 7月17日、月曜日。

 今日も江戸崎カントリーにてラウンド。
   061_convert_20170719094425.jpg

 午前中は小雨がちらほら降っていてちょうど程よい涼しさです。
 しかし午後からは空は晴れ上がり、またもや疑獄のような猛暑!
   066_convert_20170719094444.jpg

 かなり辛いけど、ワンハン行けない自分の体力が悲しい。

 琵琶湖で獲れた、天然のうなぎが届きました。
   070_convert_20170719094519.jpg

 重さ約1キロのかなりの大物です。
   071_convert_20170719094538.jpg

 骨や頭の部分は付けダレの出汁に使います。
   074_convert_20170719094556.jpg
 
 まず白焼きにして軽く蒸します。
   076_convert_20170719094612.jpg

 そしてタレを付けて焼けば完成。

 天然うなぎの蒲焼。
   079_convert_20170719094629.jpg

 肝吸いも添えて。
   081_convert_20170719094647.jpg

 う~ん、これはなかなかの美味です。
 脂は乗っているけれどもしつこくはありません。
 独特の臭みもなく、旨みが限りなく濃厚です。
 また食べたーい!

 チェヘイラム、ピノ・ノワール。
   068_convert_20170719094502.jpg

 チェリー、ストロベリーの果実味はとてもフレッシュで爽やかなスパイスの風味と軽快タンニンを感じます。
 心地よい酸味がか細く続き、デリケートな美味しさになっています。


 7月18日、火曜日。

 青森県から生のサーモンをお取り寄せ。
   029_convert_20170719093818.jpg

 一つ目はカルパッチョで。
   035_convert_20170719093900.jpg

 普通は冷凍したものでないと生では食べれないので、これは少し珍しいです。

 二つ目はムニエル。
   038_convert_20170719093916.jpg

 皮のところがぼくは好きです。


 

スポンサーサイト

PageTop

ささがわ


 7月5日、水曜日。

 マルゲンミートで近江牛ヒレを購入。
   002_convert_20170712094722.jpg

 いつものようにステーキ、ミディアムレアで。
   007_convert_20170712094738.jpg

 全国からいろいろなブランドの牛肉を取り寄せてみましたが、結局はこの店のものが最高かも知れません。
   009_convert_20170712094817.jpg

 切りたてだし、管理もいいし。

 今夜はニュージーランドのシラーで。

 レ・ソル、クラギー・レンジ。
   004_convert_20170712094705.jpg

 タールや黒コショウ、バラのアロマにフェンネルや熟れたブラックチェリーの香りがかすかに感じられます。
 洗練されたリコリスの甘さや黒いベリー系の果実に上質なタンニンが絡み合い、味わい深く長い余韻になっています。


 7月6日、木曜日。

 江戸崎カントリーにて矢部プロとのレッスンラウンド。
 最初の間は割といい当たりが続きました。
   011_convert_20170712094832.jpg

 でもいい当たりが出ると逆に肘に負担がかかります。
 だんだん打てなくなり最後はギブアップ。
   014_convert_20170712094847.jpg

 ダサいっす!

 マルゲンミートで購入した牛ひき肉を使って、フジッリのボローニャ風。
   019_convert_20170712094921.jpg

 ねじみたいならせん型のショートパスタです。
   021_convert_20170712094933.jpg

 この形だとソースに絡みやすいのでより美味しく味わえます。

 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、テッレ・ネレ。
   017_convert_20170712094904.jpg

 ドライフラワーやスパイス、そしてミントなど清涼感のあるハーブのニュアンス。
 口の中を滑らかに広がる濃く柔らかな味わいの中に、タンニンが完全に溶け込んだ優美な美味しさが楽しめます。


 7月7日、金曜日。

 北海道からシマエビ、そして活きた毛蟹が届きました。
   025_convert_20170712094948.jpg

   028_convert_20170712095023.jpg

 シマエビ、あまり耳にはしないと思いますが、実はとても貴重で高級な海老です。
 これを今回はカルパッチョ風に。
   032_convert_20170712095043.jpg

 旨み、甘みが濃厚です。

 それから毛蟹はやはり蒸し焼きに。
   034_convert_20170712095058.jpg

   038_convert_20170712095132.jpg

 身がプリップリッしていて身のきめが細かく、甘みはもう絶品です。

 締めに昨日のミートソースを使ってリゾットを。
   040_convert_20170712095149.jpg

 さっぱりしてて締めにちょうどいいかも。

 シャンパーニュ、ジャン・マルク・セレック。
   027_convert_20170712095009.jpg

 持続性のある繊細な泡。
 口当たりは柔らかく、甘みや酸味、ミネラルの旨みなどが絶妙に溶け合わさって、しっとりと口の中に広がります。 


 7月8日、土曜日。

 サグチさんに迎えに来て頂いて、久しぶりに「ささがわ」に伺いました。
 ワインはマスターに失礼ながら持ち込みで。

 ルイ・ロデレール、ブラン・ド・ブラン、2009年。
   042_convert_20170712095216.jpg

やや緑がかった黄金色。
 持続性の強い繊細な泡。
 よく熟したメロンやマンゴー、またフレッシュなオレンジやリンゴのアロマがあり、クリーミーな味わいの中にミネラル感やコクが感じられます。
 ヴィンテージならではの強さと純粋さ、フィネスがあります。
 シャンパーニュの芸術と言われるルイ・ロデレールの真髄を余すところなく味わえる、重厚にして格調高い造りは圧巻です。

 さていよいよお肉が出て来ました。
   047_convert_20170712095231.jpg

 美味しそうな常陸牛、サーロインとヒレ肉、200グラムづつです。

 そして鉄板でミディアムレアに焼かれたステーキ、いつ食べても美味しいです。
   049_convert_20170712095248.jpg

 そしてこんないいお肉には最高のワインで。

 カレラ、ジェンセン、2012年。
   053_convert_20170712095310.jpg

 華麗なルビー色。
 ダークプラム、クランベリー、八角などのスパイスの芳香で満たされています。
 ミネラルやほのかな燻し香、ブラックチェリーやダークスパイスの風味が官能的。
 みずみずしく豊かな味わいは優雅に時間をかけ持続します。
 2012年のヴィンテージはパーカーポイント96点。
 さすが、カリフォルニアのロマネ・コンティ!

 素晴らしいワインをたっぷり味わった後で締めにはガーリックライス。
   055_convert_20170712095330.jpg

 今夜は素敵な夜となりました。
 ありがとう、マスター!
 ありがとう、サグチさん!
 結構酔っ払ったかも。
 明日のゴルフ、大丈夫かな?


 7月9日、日曜日。

 今日は江戸崎カントリーにて七夕杯、競技です。
 二日酔いはしょうがありません。
   057_convert_20170712095348.jpg

 いつものことですから。
 でもやっぱり肘が痛くて、全然当たらないのです。
   060_convert_20170712095406.jpg

 いつになったら良くなってくるのか、さっぱり見当もつきません。

 あっ、変なおじさんが撮影に乱入してきました。
   063_convert_20170712095427.jpg

 大変失礼しました。
 誰か、よく躾けておいてくださいね!

 九州から天然のシマアジをお取り寄せ。
   065_convert_20170712095443.jpg

 これは夏のお刺身の王様です。
 身に強い張りがありながらもお口の中ではとろけるようです。
 そして脂っこさもなく、スッキリとした味わいです。

 それから一昨日の毛蟹の残りでカニピラフ。
   067_convert_20170712095503.jpg

 う~ん、カニのだしが効いてて美味しい!


 7月10日、月曜日。

 お庭で百合の花、ローリーポップが咲き始めてきました。
   070_convert_20170712095522.jpg

 花の少ない夏には貴重な色彩です。


 7月11日、火曜日。

 ペペロンチーネを作ってみました。
   072_convert_20170712095538.jpg

 具はベーコン、茄子、玉ねぎだけ。
 シンプルですが、ニンニクの香りと唐辛子の辛味が食欲を刺激するので、夏にはもってこいのメニューです。
 

PageTop

サザエのエスカルゴ風


 6月28日、水曜日。

 長崎県から活きたサザエをお取り寄せ。
    002_convert_20170705151733.jpg
  
 軽く蒸した後、ニンニクとパセリの入ったバターを乗せてオーブンで焼きます。
 サザエのエスカルゴ風。
   005_convert_20170705152221.jpg

 サザエ、身が締まっていて程よい甘みと抜群の歯ごたえです。
   008_convert_20170705152235.jpg

 今夜のもう一品は昨日のサーロインの残りを使ってステーキチャーハン。
   010_convert_20170705152248.jpg

 なぜか、昨日のステーキよりもこっちのほうがずっと美味しかったりします。

 シャンパーニュ、J・ラサール。
   004_convert_20170705151748.jpg

 イーストの香りと青リンゴや白い花、ハーブ、蜂蜜の香りなどが調和を取っており繊細な酸と南国を思わせる味わい、そしてクリーミーな泡の刺激が口の中に広がります。


 6月29日、木曜日。

 つくばみらい市の某コースにてプロとのレッスンラウンド。
   016_convert_20170705152320.jpg

 ここでプロにアドレスについて指摘してもらいました。
 どうやらぼくは今までハンドダウンが強すぎたみたいです。
   020_convert_20170705152332.jpg

 いつもよりもハンドアップに打ってみると左肘にあまり負担がかからず、痛みもあまり感じません。
 しばらくはこの構えにこだわってやってみましょう。

 近所にある餃子の王将に行ってみました。
   022_convert_20170705152346.jpg

 あんかけ焼きそばのセット。
   024_convert_20170705152404.jpg

 味はまあまあ。
 でも餃子は冷凍してないって本当なのかなぁ?


 6月30日、金曜日。

 中華料理のお口直しで桃花林へ。

 まずは春巻き。
   028_convert_20170705152440.jpg

 皮がカリカリです。

 それから北京ダック。
   026_convert_20170705152423.jpg
   030_convert_20170705152459.jpg


 こっちの皮はモチモチしています。

 アワビとマッシュルームのオイスターソース煮。
   032_convert_20170705152512.jpg

 大きく見えているのはマッシュルームでアワビのほうは情けないほど小さかったです。

 細切りチャーシューとネギのツユソバ。
   034_convert_20170705152529.jpg

 今晩はこの辺で勘弁してやろう!


 7月1日、土曜日。

 まずは静岡県からの養殖鮎を使って、鮎のムニエル。
   049_convert_20170705152705.jpg

 バターで揚げる感じでサクサクに焼いてみました。

 次に長崎県から真蛸を使って、蛸と赤ピーマンのカッペリーニ。
   045_convert_20170705152636.jpg
   053_convert_20170705152721.jpg

 この麺はロングパスタの中では一番細いものです。
 蛸は硬めですが、噛んでいるうちに旨みが出て来ます。

 バッルーア。
   047_convert_20170705152648.jpg

 黒系果実、スミレ、甘草のアロマに程よくバニラのブーケが折り重なった驚くほどエレガントな香り。
 柔らかく伸びやかな酸と充実したシルキーなタンニンが長い余韻へと導いてくれます。


 7月2日、日曜日。

 今日も江戸崎カントリーでラウンド。
   056_convert_20170705152741.jpg

 雨の予報から曇りの予報に。
 実際には午後から西日が差してきてものすごく蒸し暑い日になってしまいました。
   058_convert_20170705152801.jpg

 ダメですね、雨の予報ですぐにドタキャンする人は!

 RF1から冷製デリ、合鴨とフォアグラのテリーヌ、オレンジコンフィ添えをお取り寄せ。
   038_convert_20170705152548.jpg
   043_convert_20170705152621.jpg

 これはコクがあって食が進みます。

 アッケルマン・ソーミュール。
   040_convert_20170705152604.jpg

 繊細な泡立ち。
 主張しすぎない果実味、切れの良い酸など全体のバランスが良く、充分に楽しめるクレマンになっています。


 7月3日、月曜日。

 来々軒と言う餃子の名店から冷凍餃子をお取り寄せ。
   063_convert_20170705152833.jpg

 しかしうまく焼けず、焦がしてしまいました。
   065_convert_20170705152849.jpg

 やっぱり餃子は自分の家で作るのが一番美味しいようです。


 7月4日、火曜日。

 手羽元のフライドチキン。我が家の定番メニューの一つです。
   067_convert_20170705152903.jpg

 香辛料のパプリカをたっぷり使い、片栗粉と同量の上新粉を使用しているのが特徴です。
 これ一度食べ始めるともう何個でもイケます。

 シャンパーニュ、バロン・ド・ロートシルト。
   061_(2)_convert_20170705152816.jpg

 メレンゲのようなきめ細かい泡。
 アーモンドやブリオッシュなどのニュアンスのある味わい。
 力強さと柔らかさを附せ持ったとても妖艶なシャンパーニュです。
 

PageTop

エゾバフンウニのカルボナーラ


 6月21日、水曜日。

 北九州の田舎庵から国産鰻の蒲焼をお取り寄せ。
   002_convert_20170628101559.jpg

 この店、田舎庵は九州ではかなりの名店らしいのですが、こういう出来合いのものではあまり美味しさは感じることは出来ません。
   006_convert_20170628101628.jpg

 近所の鰻屋で焼きたての蒲焼を食べたほうがましです。

 シャンパーニュ、ダンジャン・フェイ。
   004_convert_20170628101614.jpg

 切れ目なく立ち上がる細かい泡。
 ライム、ハーブやリンゴのような甘い香り。
 すっきりとした爽やかさがあってピュアな味わいです。


 6月22日、木曜日。

 江戸崎カントリーにて矢部プロとのレッスンラウンド。
   009_convert_20170628101642.jpg

 肘の痛みはまだまだですが、ほんの少しだけ良くなって来ている気がします。
 プロは肘さえ治ればゴルフの内容もずっと良くなるとぼくを励ましてくれます。
   013_convert_20170628101656.jpg

 しかし本当にうまく打てる日が来るのだろうか?
 だいたい痛くないときの打ち方ももう忘れちゃったよ!


6月23日、金曜日。

 秋田県山神山地からジュンサイ鍋のセットをお取り寄せ。
   020_convert_20170628101746.jpg

 ジュンサイに比内地鶏、山菜のミズ、だまこもちなどが入っています。
   022_convert_20170628101802.jpg

 プルプルしてるジュンサイ、とても美味しいのですが、鍋をやるには暑すぎる。
   025_convert_20170628101821.jpg

 汗が止まりません。


 6月24日、土曜日。

 北海道、積丹半島からエゾバフンウニ、キタムラサキウニが届きました。
   034_convert_20170628101910.jpg

 そして山陰地方から今が旬の白イカが瀬戸内からは釣りアジが届きました。
   037_convert_20170628101926.jpg

 これらで海鮮丼にしましょう。
   038_convert_20170628101944.jpg

 まずはエゾバフンウニ、赤くて味は濃厚です。
   044_convert_20170628102011.jpg

 それからキタムラサキウニ、これは白くてやや濃厚な味わい。
   047_convert_20170628102024.jpg


 シレーニ、ソーヴィニヨン・ブラン。
   029_convert_20170628101852.jpg

 洗練されたトロピカルフルーツの香り、フレッシュな酸が果実味を引き立てています。
 バランスに優れ、ドライでフレッシュな後味が印象的なワインです。


 6月25日、日曜日。

 今日も江戸崎カントリーにてラウンド。
   053_convert_20170628102041.jpg

 午前中は雨の予報でしたが、ぼくらがスタートする頃にはほぼ上がりかけていました。
   055_convert_20170628102058.jpg

 キャンセルも多かったようでほとんど濡れずに済んだぼくらは少し得した気がします。


 6月26日、月曜日。

 またウニが届いてしまいました。
 今回は礼文島のエゾバフンウニ。
   065_convert_20170628102200.jpg

 利尻昆布を食べて育ったこのウニこそ質、値段ともに日本最強でしょう!

 で今夜はカルボナーラにしてみました。
   067_convert_20170628102233.jpg

 かなり贅沢ですが、やはり美味いです。
   072_convert_20170628102303.jpg

 クリーミーで濃厚な旨み、そして甘みが際立っています。

 シャンパーニュ、ボゼール・ブリュット。
   062_convert_20170628102135.jpg

 熟成期間をあえて長くせず、フレッシュ感重視に仕上げたブラン・ド・ノワール。
 コクはあるが、重たくはならない程度のボリューム感に抑えています。


 6月27日、火曜日。

 岐阜県から飛騨牛サーロインをお取り寄せしてみました。
   079_convert_20170628102336.jpg

 ひと塊で450グラムあります。

 これをステーキ、レアで。
   086_convert_20170628102415.jpg

  ところが今回のお肉もあまり感動はなく、少々残念なお味でした。
 むしろ付け合わせの茹でたてのヤングコーンのほうが美味しく感じたくらい。

 セインツベリー、ピノ・ノワール。
   084_convert_20170628102358.jpg

 黒いベリーの風味、スパイシーで深い味わい。
 パワーと優雅さを兼ね備えたピノ・ノワール。
 果実味豊かなスタイルながら、タンニンの力強さと繊細な酸味が見事にバランスをとっています。

PageTop

アワビのステーキ


 6月7日、水曜日。

 高知県仁淀川から釣りたての天然鮎をお取り寄せ。
   002_convert_20170621090001.jpg

 まだ小ぶりです。

 これを塩焼きでいただきます。
   003_convert_20170621090019.jpg

 スイカの香りとワタの苦味がたまりません。

 クレマン・ダルザス、ミューレ。
   006_convert_20170621091348.jpg

 アルザス地方のスパークリングワインです。
 バニラやブリオッシュの香りが口いっぱいに広がり、ふくよかでリッチで充実はしていますが、素晴らしい酸に支えられて軽めの仕上がりになっています。


 6月8日、木曜日。

 江戸崎カントリーにて矢部プロとのレッスンラウンド。
   009_convert_20170621091403.jpg

 左肘の痛みはまだまだ癒えず、痛みは肩の方まで広がっているのであまりレッスンにはなりません。
   011_convert_20170621091415.jpg

 プロに慰められながら何とか18ホールを終えました。

 夕食はスペアリブ。
 フライドポテトとの組み合わせは鉄板です。
   017_convert_20170621091459.jpg

 ニンニクとケチャップで旨みがついて何とも言えないB級グルメです。

 モエ・エ・シャンドン、ロゼ。
   013_convert_20170621091429.jpg

 温かみのあるピンク色。
 味わいは力強くまろやか。
 新鮮で生き生きとした果実味がはっきりと出ていて喉ごしは爽やか。


 6月9日、金曜日。

 静岡県から天然の活き伊勢海老をお取り寄せ。
   019_convert_20170621091518.jpg

 結構活きがよく活発に動いています。

 今回はこれを中華風にチリソース炒めで。
   020_convert_20170621091535.jpg

 う~ん、美味しいです。
 プリプリ肉厚で歯ごたえがあり、旨みと甘みが濃厚です。


 6月10日、土曜日。

 九州から天然のカンパチをお取り寄せ。
 当然、今が旬です。
 これをナッツとロケット菜のカルパッチョでいただきます。
   030_convert_20170621091811.jpg

 カンパチ、コリコリしててさっぱりとした味わい。
 ムシムシしたこの季節に向いていますね。

 主菜はマルゲンミートで購入した近江牛ヒレ肉。
   027_convert_20170621091750.jpg

 でこれをステーキに。
   032_convert_20170621091828.jpg

 いつもながら素晴らしいお肉です。
   036_convert_20170621091846.jpg

 お口の中で蕩けるほどの柔らかさと旨みはさすがです。

 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、コッレルチェート。
    025_convert_20170621154532.jpg
  
   深いルビーの色調。
 プラム、スミレの花、スパイス、バニラの豊かで洗練されたアロマ。
 まるでローストされたかのように熟したタンニンは高い酸と一体となり、口の中を優しく包み込みます。
 イタリア、トスカーナ地方の赤ワインで、ぼくの大好きなワインの一つです。


 6月11日、日曜日。

 うざくてスロープレーの親爺は誰からゴルフを教わったのでしょうか?
   038_convert_20170621091901.jpg

 自分を客観的に見ることが出来ないのでしょうか?
   041_convert_20170621091919.jpg

 人に迷惑をかけないようにすることを躾けられたことがないのでしょうか?

 ステーキの残りを使ってのお約束、ステーキチャーハン。
   046_convert_20170621091949.jpg

 ピクルスがアクセントで意外と美味しいんです。

 ヴォルネイ、ニコラ・ロシニョール。
   049_convert_20170621092005.jpg

 フレッシュなブルーベリーのような活き活きとしたアロマに、かすかにミネラル香が感じられます。
 フレッシュな黒系果実の酸と緻密でエレガントなタンニンが魅惑的です。


 6月13日、火曜日。

 アメリカ産天然キャビアをお取り寄せ。
   052_convert_20170621092033.jpg

 これとマルゲンミートで購入した手作りベーコン、ペコリーノ・ロマーノを使って。

 キャビアのカルボナーラ。
   055_convert_20170621092053.jpg

 これはこれでとても美味いのですが、キャビアが少し生臭いです。
   058_convert_20170621092107.jpg

 やっぱりカスピ海のものには勝てませんね。


 6月14日、水曜日。

 お仕事が午前中で終わったので、つくば市のとても広い庭園のあるレストランでランチをいただきました。
   060_convert_20170621092134.jpg

 最初のオーガニックの野菜を使ったサラダはまずまず。
   074_convert_20170621092152.jpg

 次のスープからは???
   076_convert_20170621092209.jpg

 スズキのポワレ、
   078_convert_20170621092230.jpg

 サーロインステーキどちらも疑問符です。
   080_convert_20170621092252.jpg

 とりあえず、また来たいとは思えません。

 三重県桑名から天然特大ハマグリをお取り寄せ。
 これを使ってパエリアに。
   086_convert_20170621092321.jpg

 さすが、桑名の天然ハマグリ、プリップリッです。
   088_convert_20170621092355.jpg



 6月15日、木曜日。

 江戸崎カントリーにてサグチさんと2サムでの因縁のスキンズマッチ。
   094_convert_20170621092413.jpg

 互いにリードしたり、リードを許したり。
   096_convert_20170621092430.jpg

 後半ぼくの4ポイントリードを3ホールで追いつかれ、引き分け。
   101_convert_20170621092448.jpg

 サグチさん、8番のバーディーはナイスでした。


 6月16日、金曜日。

 三重県伊勢志摩から天然特大活きアワビをお取り寄せ。
   103_convert_20170621092507.jpg

 これも今が旬ですね。

 身が大きいのでシンプルにステーキにしてみます。
   105_convert_20170621092527.jpg

 ソースはアワビの肝とヒモを使ったもの。
   108_convert_20170621092550.jpg

 身に軽く火を通すことによって歯ごたえが優しくなり、味わいも高尚で贅沢なものになりました。

 ニュイ・サン・ジョルジョ、ロベール・シュヴィヨン。
   111_convert_20170621092608.jpg

 アプリコットやピーチなどのフルーティーなアロマ。
 オイリーで艶のある滑らかな舌触り。
 程よい果実味、伸びのある酸、豊富なミネラルが絶妙なバランスで口の中に広がります。


 6月17日、土曜日。

 近所のB級グルメ的なステーキ店で夕食。
 常陸牛のサーロインステーキがありました。
   113_convert_20170621092630.jpg

 期待していない割には意外にイケます。
 どこかの高級っぽいレストランよりずっと美味い。


 6月18日、日曜日。

 江戸崎カントリーにてワンハンのラウンド。
   116_convert_20170621092646.jpg

 左肘の痛みは少しだけ和らいできたように思えます。
 でもまだまだほとんど思うようなショットは打てません。
   118_convert_20170621093211.jpg

 最後のハーフはサグチさんにボロ負け。
 悔しさよりも悲しさを感じてしまいます。

PageTop